忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/23 20:46 |
[東京] 英霊の廟

この夏も靖国神社は、劈くような蝉の鳴き声が、至る所で鳴り響いていました。まるで、戦地に没した英霊が、蝉に姿を変えて、かつての戦友に会いに来たかのように。


靖国神社 千鳥ケ淵戦没者墓苑



戦争は、言うまでもなく人殺し。
多かれ少なかれ、誰かが誰かを傷つけ、誰かが誰かを殺しました。
たとえ命令を下す、指揮を執る立場にいた者でも、直接武器を手にしていなくても、戦陣に赴いた者は、何らかの形で、人を殺しました。
戦争が罪だと言うのであれば、あの時、あの戦いに馳せ参じた者は、全員が罪人。いかなる民族や人種関係なく、全員が裁かれるべきでした。いや、裁く側ですら戦争の加担者、つまり罪人なのですから、誰も、誰かを裁く権利なんて無かった。

なのに     


「歴史は常に勝者によって書き換えられる」

過去、人間が何回も何回も犯してきた過ちは、結局ここでも繰り返されてしまいました。真実は白。虚偽は黒。けれども『勝者』の言であれば、たとえ黒でも真実になる。
人間の、人間としての誇りや尊厳は、『敗北』と共に略奪され、踏みにじられる。


  時が、熱狂と、偏見をやわらげた暁には、また理性が、虚偽からその仮面を
  剥ぎとった暁には、その時こそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら
  過去の賞罰の多くに、その所を変えることを要求するであろう。

『パール判決書』より抜粋



広島平和記念公園の炎は、世界から核が廃絶されるまで、決して消えることはありません。同じように、世界からこの言葉が現実のものとなるまで、この言葉は、決して過去の産物にはらなず、今も尚、人々の心に宿ります。

戦争は罪。起こってしまった罪。決して変えることのできない罪。
でも、真実を虚偽の中に封印することも、また罪。
英霊達の御霊が、本当の意味で安らかに眠れる日は、真実と、そして、失われた誇りや尊厳を取り戻した日なのではないか。その時こそ、先人達が残したかった『日本という国』を、次の世代に譲り受けられるのではないか。そう思います。



『東京都』の写真集についてはこちら

拍手

PR

2006/08/20 13:40 | Comments(1) | TrackBack(0) | Outdoors

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

戦後はいつまでもつづいていくのでしょうねえ。

石原莞爾の戦争史大観っていう本を最近読んでます。
勉強になりますよ。
posted by スッキーat 2006/08/20 23:10 [ コメントを修正する ]
Re:戦後
コメント、ありがとうございます。
僕は、決して戦争を美化するつもりはありませんが、きっと、時の指導者もそうだったんでしょうね。

戦争は罪。でも、国を背負う者としては、時として、罪を選ぶ必要がある。
その選択することによる罪の重さ、覚悟、責任は、想像を絶するものだったに違いありません。


『戦争戦争史大観』、ご紹介有難うございます。
是非、読んでみたいと思います。

>戦後はいつまでもつづいていくのでしょうねえ。
>
>石原莞爾の戦争史大観っていう本を最近読んでます。
>勉強になりますよ。
2006/08/21 09:54

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] 太陽 | HOME | [Review] スーパーマン リターンズ>>
忍者ブログ[PR]