忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/18 09:58 |
[東京] 春の賑わい、春の静寂

拝啓、このブログへお越しの皆様。


今日から四月。新しい年度の始まり。皆様いかがお過ごしでしょうか。
この東京は晴れ。暖かな陽気に包まれた一日でした。こんな日を待ち焦がれていたかのように、いたるところで桜の花も一斉に満開に。

……静岡では、この日30度を越える真夏日になったとか。フェーン現象は2月に終息したのではなかったのか


桜 - 其の一 毘沙門天善國寺 桜 - 其のニ



日本の花として象徴される桜。
その名所は数多く存在しますので、今更ながらに「ここがいい」とか「ここが最高」とか評するのはナンセンスです。やはり、自分の行きたいところに、気ままに桜の美しさを愛でるのが一番でしょう。

というわけで、東京のど真ん中、古き雅の情緒がそこかしこに漂っている『神楽坂』へ、桜見物と散歩に行ってまいりました。

飯田橋駅から外堀通りの桜並木は、溢れんばかりの人人人……
日曜日であること、桜の季節であることに加え、ドラマ『拝啓、父上様』のロケ地となった場所。飯田橋駅を降りて神楽坂下の交差点にある喫茶店『CANAL CAFE』は、大行列ができるほどの混雑模様。加えて、ボート乗り場の入り口にもなっているから、混雑振りは更に輪をかけた状態に。行列整理のため、店員さんがてんてこ舞いの状態になっておりました。。。


桜 - 其の三 かくれんぼ横丁



そんな賑わいを見せた外堀通りも、神楽坂通りに入り、脇道を通ると、一転して静寂に包まれます。
そう、ここは本来ならば夜の街。和食の老舗が軒を連ねる街。昼に賑やかだったところは、夜になるとその賑わいを潜め、逆に昼は静寂に包まれていたところが、夜になると煌びやかな灯りと音で彩られる。昼は桜の花で彩られ、夜は神楽坂芸者で彩られる。昔ながらの情緒が根付く街。

神楽坂の夜は、まだ行ったことがありませんし、夜の帳の中に彩られた街の雰囲気も是非見てみたいものですが、昼の静寂に包まれた雰囲気というのも、それはそれでいいと思います。
何しろ、まだ東京のど真ん中にもこんなところがあるなんて。


東京の喧騒を離れるには、田舎に行くしかない。
そう思っていらっしゃる方も、一歩脇道を入ってみれば     

そこは、昔ながらの雰囲気が漂う、どこか懐かしい空気に出会えるかもしれません。



『東京都』の写真集についてはこちら

拍手

PR

2007/04/01 22:50 | Comments(0) | TrackBack(0) | Outdoors

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] ブラッド・ダイヤモンド | HOME | 人生の3分の2の結晶>>
忍者ブログ[PR]