忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/25 12:55 |
人生の3分の2の結晶

高校の陸上部の顧問としてお世話になった松野先生が、定年退職されるということで、お祝い・お疲れ様会に行ってまいりました。


出席者のほとんどが正装というのはどういうことだ。


マクレガースポーツのウェアに、リーバイスのジーパンで来れば、黒々集団の中でキワキワに目立つのはもはや必然。
さらに、勤続43年間ということもあって、先生の教え子の現在の年齢層といったら、上は団塊の世代から下は現役大学生まで。そんな中に投入された一人のチンピラ紛いの男。目立つという以上に、周囲の視線が恐ろしく痛かったのです。

ま、その当人である僕はそれほど気にしなかったけどな。
先生、僕は先生のおかげでこんなに図太…… ゴホンゴホン、基い、成長したよ!


しかし気にしたのはもっと別のこと。
1998年卒が僕しかいなかったこと。加えて一つ上、一つ下の代が誰一人としてこなかったこと(更に言えば二つ上も誰一人として来なかったこと)。要は、当時の思い出で話の花を咲かせる相手が、ほとんどいなかったということです。
辛うじて、二つ下の後輩クンが二人来ておりましたが、彼等のその下の後輩が割と多く出席していることもあり、むしろ二つ下の後輩クンは、そっちの方が話は合っておりました。
まぁ仕方の無いことだけどね。お兄さんは寂しかったヨ……


会は順調に進み、松野先生の後任の方のご挨拶。何とその方は僕の四つ下!
若いねー、頼もしそうだねー、と、まるで他人事のように思っていたら、


まさか陸上部の後輩クン(当時中学生!)だとは思わなかった…… orz


「お久しぶりです!」と声かけられても、2~3秒は全く分からず。過去の記憶を反芻してようやく思い出しました。そんな彼も今や立派な先生。そして当然のように彼にも後輩が沢山でき、多くの後輩クンが彼を慕っている……ことは慕っているんですけど、いつの間にか暴君振りを存分に発揮しており、どちらかというと畏怖されているような……

あの中学生だったガキンチョがここまで成長するとは……
お兄さんは誇りに思うよ……
つーか、オレのいる前で随分と威張り散らしてくれてるじゃないか。ぁあ?

なーんて、別に言える立場じゃないんだけど。


東京都の大会に出場経験はあるものの、それ以上の記録とか、陸上部の歴史に名を残すというような偉業を成したわけではありません。そういう意味では、僕たちの代は何一つ先生に「これぞ」と言えるようなものは残せませんでした。
なので、本来だったらこのような会も、来るべきなのかどうか非常に迷っていたこともあります。特に、僕の代は色々な事情の下、波乱の多かったこともありますし。
それでも、やはり高校時代の恩師の一人であることには変わりなく、辛くて苦しかったけれど、同じように楽しかった日々も存在していたこともまた事実。嫌だと思ったことはすぐ投げ出してしまう性格の僕が三年間続いたのは、その『楽しさ』があってこそなんだと思います。

43年間という、人生の3分の2を『陸上』という情熱に心血を注いだ先生。
本当に、お 疲 れ 様 で し た 。

拍手

PR

2007/03/31 23:57 | Comments(0) | TrackBack(0) | Diary

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[東京] 春の賑わい、春の静寂 | HOME | [Review] デジャヴ>>
忍者ブログ[PR]