忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/23 21:32 |
[東京] 嵐の後の美しい景観
この夏は宿泊を挟みながら大移動、というのはなく、東京を基点に日帰りで行ける所をちょこちょこと旅しています。夏といえば向日葵とか百合、蓮といった花々を思い浮かべますが、蓮華升麻というのは今まで見たことが無かったので、鑑賞のため奥多摩は御岳山に行って参りました。


武蔵御嶽神社 富士峰園地からの眺め 蓮華升麻



雨男運勢はここでも例に漏れず、御嶽駅に到着しバスに乗り、ケーブルカーの滝本駅に到着する直前になって、パラパラと雨が降り出してきたのです……。傘を差そうか差すまいか、という程度の雨でしたので、そのまま武蔵御嶽神社に登り、お参りをしました。
ところが、武蔵御嶽神社の境内を散策中に突如の雨。はるか八王子やあきる野市、さらに遠くの横浜方面まで見渡せそうな眺めだったのに、突如として濃い霧が立ちこめ、嵐かというくらいの強風と大雨。稲光が光ったと思ったら、辺りを劈くような雷の轟音。結構近いところに落ちたようで、危ないと悟ったのでしょうか、神主さんが拝殿を開放してくださり、一時的に中で雨宿りをすることにしました。

雨宿り後はそのまま下山。多少地面はぬかるんでいるものの、木屑が多く散らばっていてそれほど歩きにくい道のりではなかったため、蓮華升麻の群生地をいくつか見て回りました。
蓮華升麻の花というのは、思ったよりかは小さいんですね。しかも山の斜面の木陰にひっそりと咲きますから、とりたて目立つような存在ではありません。が、やはり群生となると、見下ろせばそこは見渡す限りの蓮華升摩の花壇。大雨の後の水滴と、木漏れ日の光のほのかな輝きで、涼しげな蓮華升麻を観賞することができました。


雨も止み太陽が出てきた頃、富士峰園地から見える奥多摩の山々は、とても空気が澄み渡って綺麗に見えました。そこに、薄めでほんの僅かながらですが、虹がかかっているのを発見。雨の日が多くて最近の外出は散々な目にあっているのですが、こういうのもたまには良いですね。



『東京都』の写真集についてはこちら

拍手

PR

2008/08/14 19:14 | Comments(0) | TrackBack(0) | Outdoors

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] インクレディブル・ハルク | HOME | [Review] ハプニング>>
忍者ブログ[PR]