忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/27 01:14 |
[東京] 大都会の秋の気配
茹だるような陽の光が朝っぱらからじりじりと体を照り付けても、空を見上げて「ああ、空が高い」と感じるようになれば、それはもう秋の訪れです。蝉の鳴き声も潜まりを見せ始め、昼の主役はトンボに、夜の主役は鈴虫に。風鈴が奏でる音色も、去り行く夏を前に、少し寂しげに鳴り響きます。

だからと言って、蚊取り線香はしばらく手放すことはできませんが。

加えて、携帯ムヒも手放せません。奴等は決まってO型の血を好むのです。



黄花秋桜 - 其の一 黄花秋桜 - 其のニ 黄花秋桜 - 其の三



浜離宮恩賜公園の黄花秋桜の区画は、思ったより狭いものの、一面に広がるオレンジの花々は、まるで『風の谷のナウシカ』を彷彿させるくらいの黄金色の絨毯。残暑が続くけれど、朝だからなのか、蒸し暑さはあまりなくカラッとした陽気。正に、虫たちの蜜取りの絶好の気候ではないのでしょうか。
空は青く、雲も殆ど無く、風も爽やか。そんな陽気が手伝ってか、大都会のど真ん中なのに、浜離宮恩賜公園の周辺に聳え立つ高層ビルとのコントラストが、違和感無く鮮やかに映えておりました。

厳しい残暑と東京砂漠に疲れ果てた人に設えた、ほっと一息つけるような休憩処。
大都会のど真ん中のオアシスは、丁度夢と現実の狭間のように思えます。
美しい自然と、歴史と風流の趣がありながら、ふと顔を上げれば、大都市東京の象徴がズラリ。
今の浜離宮恩賜公園は、あまり長く夢に浸らずとも、ちょっとだけ夢見心地にさせてくれる。そんな空間なのかもしれません。


黄花秋桜のすぐ脇の花壇には、赤の濃淡が美しい秋桜が。
秋桜の見頃としてはまだ早く、初秋の季節では、ほんの数輪咲いている程度でした。



秋桜 - 其の一 秋桜 - 其のニ



夏の暑さに、ちょっと急かされて咲いてしまったのでしょうか。
深い赤に彩られる秋は、これからが本番です。



 

『東京都』の写真集についてはこちら

拍手

PR

2006/09/03 12:54 | Comments(0) | TrackBack(0) | Outdoors

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] ラフ ROUGH | HOME | [Review] マイアミ・バイス>>
忍者ブログ[PR]