忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/21 15:30 |
[京都] 京の都の春爛漫
JR東海の「そうだ、京都、行こう。」を見るたびに、指をくわえながらいつか桜が満開の京都へ行こうと考えていたものですが、折りしも年度始めというある意味年度末とは別の忙しさの中で中々予定をつけられずにいたこれまでの数年。今でこそ、新幹線で気軽に京都まで行けるものの、「いつでも行ける」という曖昧な考えが、結局のところ今日までズルズルと引きずってしまうことになってしまったのでした。
そんな調子では、今年も、来年も、そして再来年もこんな状態になってしまう! と考え、意を決して桜が咲き誇る京都へ足を運びました。


清水寺 円山公園 平安神宮 - 其の一

平安神宮 - 其の二 南禅寺 哲学の道



予てから「京都は絶対に1日で回れない」と言われ続け、生来の負けず嫌いが「そこまで言うならやってやろうじゃねぇか」と無駄に血を滾らせて足を運んだ日帰り京都旅行。それが瞬く間に無謀なものだと思ったのは午後3~4時を過ぎてから。
朝の9時前に京都駅に到着したにも関わらず、結局1日で回れたのは、京都の社寺・名所の5分の1にも満たせず。桜を愛でるための旅行なのに、何故敗北感を味わわなければならないのか、客観的に見れば全くもって理解不能ですが、それくらい観覧する場所が多く、そして広く点在していることしていること。「こんなに京都は広かったか!?」と改めて思い知らされたのは言うまでもなく。

結局、今回の日帰り旅行で訪れたのは、下記の通りです。

清水寺~祇園~円山公園~知恩院高台寺霊山観音平安神宮南禅寺~哲学の道

いくら桜の季節といえど、平日だからそんなに混んではいないだろうと思っていました。しかし、最大の盲点が2つ。一つはセカンドライフを楽しむ高齢の方々の観光ツアー。そしてもう一つは、平日の京都観光のマイノリティ、外国人観光。右からは英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語、左からは中国語・韓国語・ベトナム語・インドネシア語、って感じ。以前広島や日光でも同じでしたが、多国籍にも程があるだろ! というくらいに日本人以外の方々で賑わっていました。
まぁ、今は日本への観光産業推進のために、「VISIT JAPAN CAMPAIGN」に力を入れているのもよく分かりますが。しかし、世界広しと言えど、ここまで多種多様な人種を限られた1箇所(ここでは総じて『京都』)に難なく受け入れられるのは、後にも先にも日本くらいかもしれません。


さて、桜や紅葉といった正に観光のシーズンの真っ只中である京都における、最も効率的且つ最高の乗り物として、僕は、『レンタサイクル』を是非お勧めします。
何と言っても1日借りて900円~1500円と安く、小回りも聞くし自在に行動できるし、歩道でも(手押しですが)利用できるので、徒歩、電車やバス、レンタカー・タクシーに比べたら、格段に自由で多彩な京都観光を楽しむことが出来ます。駐輪場が少ないというのが難点ですが、逆に車でも、人が込み合う観光シーズンはあっという間に車の駐車スペースも埋まってしまいますし。
既に決まった場所に行くのであれば、電車やバスでもいいかもしれません。ですが、電車は東京のように張り巡らされているわけではないので、自由度はかなり下がってしまいますし、バスは昼くらいから長蛇の列が出来るくらいの混雑振り。観光周りに疲れた身体には堪えてしまいます。

自由度や経済性、小回りの利く面からお勧めの乗り物ではありますが、市街地は意外と車どおりも多く、お店が並ぶため駐車している車も多数あります。事故にあわないようにお気をつけて。


 

『京都府』の写真集についてはこちら

拍手

PR

2009/04/06 22:56 | Comments(0) | TrackBack(0) | Outdoors

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- | HOME | [神奈川] 日本デビューの軌跡>>
忍者ブログ[PR]