忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/23 19:46 |
[神奈川] 日本デビューの軌跡
2009年は、横浜が世界に向けて港を開いて丁度150年。150年前の1859年は、横浜と同時に函館も世界に向けて港を開いたことで、事実上日本は世界にデビューを果たした年と言えます。NHKの番組の受け売りでゴメンナサイ
しかし、幕末の波乱の中での開港は万事がうまくいくわけではなく、尊皇攘夷の嵐が吹き荒れ、徳川幕府の権威も地の底まで失墜し、日本国内は大いに乱れた時代でした。公武合体作など、朝廷を巻き込んだ政策を打ち出すも一向に効果は出ず、ついに1967年の大政奉還によって、徳川慶喜を最後に、徳川幕府は幕を閉じます。

それから、文明開化の約10年。200年以上引きこもっていたわりには、世界の文化をあっさりと受け入れ、異例とも言える早さで欧米列強の仲間入り。その懐の深さ、柔軟性が、時を越えても、日本ならではの強さの一つと言えそうです。


横浜ランドマークタワー 横浜赤レンガ倉庫 汽車道



暖かい空気が街中を駆け巡り、若干曇りが目立ちつつも散歩日和には絶好のこの日。そんな中、何故休日出勤しなければならないというアンニュイな気持ちに駆られながら、せめて午前中はと考え、春のみなとみらいに散策に出掛けました。
桜木町駅からランドマークタワー~パシフィコ横浜に至るまでの道、小振りながらも桜並木が連なっていますが、人は思ったほど多くはなさそう。まぁ、特に桜木町界隈は、トレンドとファッションを追う人達で連日賑わうところなので、『桜の名所』というわけではないのですが、それでも、東京タワーと同じように、その土地の名所となっている建物と桜は、とてもよくマッチしていると思いました。

赤レンガ倉庫以外の建物は、白を基調にしているため、曇りだと保護色になってしまってちょっと殺風景気味なのが難点ですね。その分、澄んだ青空の下のみなとみらいは、どこから見渡しても景色が映えそうです。



『神奈川県』の写真集についてはこちら

拍手

PR

2009/04/05 19:14 | Comments(0) | TrackBack(0) | Outdoors

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[京都] 京の都の春爛漫 | HOME | 逆パワハラ>>
忍者ブログ[PR]