忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/28 13:24 |
crime
一人でいるのは、寂しい。


周りに誰もいないのは、寂しい。


ただ一人残されるのは、寂しい。


寂しいと感じた時、人は、それを埋めるため、満たされるために行動する。


でも、いつも満たされるとは限らない。


降り積もる寂しさの雪は、全てを白く埋め尽くす。


何も満たされぬまま何も見えなくなると、人は犯す。


元に戻ることのできない、罪を。


自分を満たしたいがために。


そのために、運命が引き裂かれることも構うことなく。


悪いことをする人は、罪を犯す人は、


みんな、寂しいのかもしれない。
犯罪心理学者が、ここ最近(というよりここ数年起きている)一連の殺人事件について、犯罪者の「自己顕示欲」によるもの、というコメントがあったと思います。
無視されたり、相手にされなかったり。振り向いてもらうために、自分の存在を認めてもらうために、罪を犯す。

人間は欲の塊だから、『満たされる』ことに至福の喜びを感じるのでしょう。それが食欲だったり、睡眠欲だったり。
息苦しく、そして生き急いでいる今の世の中は、自分のことで精一杯。他人に構っていられない。
自然と、「自分を見てくれる人」「身分を満たすもの」が無くなっていく。
満たされるものが徐々に無くなっていくと、人が出る行動といえば。それは『破壊行動』。
おもちゃだったり。建物や器物だったり。小動物だったり。人だったり。国だったり。

そして、自分の手を血で染める。


今、こんな世の中だからこそ、必要な防犯対策は、
みんなが笑い合える、心が満たされる社会を形成していくことなんでしょう。
一人一人の完成も価値観も違うこの世の中。そんな社会を作るのは可能? 不可能?
人間は欲の塊だから、何かに満たされるとさらに「何か」を求める。
限りない欲のスパイラル。本当に人が人として満たされる社会を作るのは、一体いつのことなのでしょう……

拍手

PR

2005/12/05 22:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | Diary

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] オペラ座の怪人 | HOME | [Review] ハリー・ポッターと炎のゴブレット>>
忍者ブログ[PR]