忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/28 21:21 |
[Review] ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ハリー・ポッターと炎のゴブレットドラコ・マルフォイはハリー・ポッターのライバルどころかメインキャラにすらならんのか………
今回はどんないじめを繰り出して、どんな仕返しが返ってくるのかワクワク(←変態)していたのですが、あえなく空振りに終わってしまいました。

まぁそれはいいとして。

4作目となる『炎のゴブレット』は、メインキャラのうち主人公のハリー・ポッターのほぼ独壇場だったので、個人的にはちと物足りなかった感じがしました。
ロンやハーマイオニーと協力しながら、数々のトラップを交わしつつ突き進んでいくのを観たかったのですが……
作品自体が、三大魔法学校の対抗戦でハリー・ポッター『自身』が(罠に仕掛けられたとはいえ)試練を潜り抜けていかなければならない、という設定なのだから仕方ない。


とにかく、2時間40分という結構な長時間が、とても早く終わったように感じるくらい、テンポの速い、というか、緩急はあるけどどこか詰め込みすぎ? という感じがしました。原作を読んでいない人間でもそう感じたので、既に読んだ方が観れば、端折り過ぎ、と思えてしまうのでは… と。
まぁ、ハリー・ポッターシリーズは何時見ても内容てんこ盛りなので、観てて飽きることはありませんし。
残念なのが、映画館によって、PG-12指定があること。確かに恐ろしいシーンはあるけど、別にトラウマになるほどのものではないし……

この映画は、確かにほぼハリー・ポッターの独壇場でしたが、それとは別に、ロンとハーマイオニーも含めた彼らの『変わり様』も見物です。
外見の成長はもちろんですけど、やっぱり中身。『大人になる』過程の成長振りがうかがえます。
今までは、ただ好奇心に乗っかって突っ走ってきた3人組も、時には衝突し、時には別のことに興味を見出し、と、次第に『3人組』ではなく、『個人』として成長していくところに、子供から大人への移り変わりが表現されています。


ちなみに。
PreVisionでも出てた、ハリーの初恋の相手のアジア系の女の子なんだけれど、期待してたエピソードではなく終わってしまったのは非常に残念。
結局、宣伝に踊らされてしまったなぁ……

そろそろ映画じゃなくて、ちゃんと原作を読むとするか。

拍手

PR

2005/12/03 23:45 | Comments(0) | TrackBack(3) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
ついに決戦の時だ、ハリー
Addict allcinema 映画レビュー| 2009/07/15 16:22
 ”ついに決戦の時だ、ハリー”  ハリー・ポッターシリーズの第4弾がいよいよ来週末の11/26に公開されますね。  2週連続の試写会GETヽ(´ー`)ノです!  ただ先週の「ロード・オブ・ドッグタウン」より、格段も上の会場でした(*^^*)  そして、やっぱり話題作だか....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/02/06 21:44
公開時、劇場で観ましたけれど、「不死鳥の騎士団」を観る時はすっかり内容を忘れてい
はらやんの映画徒然草| 2007/10/05 21:42

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<crime | HOME | おもろい記事特集 6>>
忍者ブログ[PR]