忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/23 20:46 |
[Review] オペラ座の怪人
オペラ座の怪人「劇団四季『オペラ座の怪人』は凄いらしい」


映画は観たもののやっぱり一度は舞台を観ないとネ、ということで、劇団四季『オペラ座の怪人』を観に行きました。

が。

「映画版を先に観るんじゃなかった………」とちょっと後悔しています。 orz

映画版の方が『映画』としての技術をふんだんに使っているので、各々のシーンのリアリティについては勝っています。余興のバレエの時に突如ぶら下がる首吊りシーンとか(その複線となる舞台天井の争いとか)、クリスティーヌの父親の墓場での、ラウルとオペラ座の怪人の戦闘シーンとか。
オペラ座の怪人が脚本した、クリスティーヌ主演の舞台で、怪人の仮面が剥ぎ取られる衝撃なんかも。

ただ、映画版にはない、舞台版で一番惹かれたシーンは、ラストの方。オペラ座地下に連れ去られたクリスティーヌが、オペラ座の怪人に本当の想いを伝え、ラウルと共に解放するときの長い沈黙。
基本的にミュージカルなので、全編渡って歌あり音楽あり踊りありの、大音響が迸る舞台なのですが、あの沈黙のシーンだけは、全編で一番惹かれました。
今までが、クリスティーヌに対する屈折した愛情を示したのに対し、クリスティーヌの想いが伝えられたその瞬間から、本当にクリスティーヌの幸せを考えようとする、怪人の想いが『沈黙』という形で表現されたんだと考えます。
臨場感をストレートに出す舞台ならではの表現なのかもしれません。

映画も舞台も、どちらもどちらの良さを演出しているので、変にひねくれて比較しようとせず、純粋に楽しむ気持ちで鑑賞して下さい。


さて。
ミュージカル舞台は、次はイギリスですか。
何年後の話になることやら………。。。

拍手

PR

2005/12/10 23:04 | Comments(0) | TrackBack(1) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
 『世界で一番有名な、哀しくも美しい愛の物語』  コチラの「オペラ座の怪人」は、現代のモーツァルト、って言ってもキダタローじゃありませんヾ(・ε・。)ォィォィ アンドリュー・ロイド=ウェバーの傑作ミュージカルを自ら製作総指揮・脚本・音楽を手掛け映画化したミ...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2010/01/02 21:10

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<大晦日バトルの予兆 | HOME | crime>>
忍者ブログ[PR]