忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/26 15:50 |
防犯ブザーと狼少年

列を組んで登校する小学生。自転車に乗ったり、友達同士でおしゃべりをしながら登校する中学生。
そんな子供達の登校と同時に、駅へ向かうスーツ姿のビジネスマン。
ジャージ姿やウィンドブレーカー姿で、ジョギングに励む人。犬の散歩をする人。

閑静な住宅街も、朝はそれなりの賑わいをみせます。

そんな爽やかな空気を一気に引き裂くように鳴り響く、

防犯ブザー。



何かあったのかと振り向くも、こんな人通りが多い時間に何かが発生する可能性は極めて低く、予想通り、防犯ブザーを手にした小学生のイタズラでした。
何も起きていないのに鳴り響く防犯ブザー。それを実行する子供も子供で問題がありますが、それと同じくらい、いや、もしかしたらそれ以上に問題かもしれないのが、先ほどの僕と同じように、『予想通り』と思うこと。防犯ブザーが鳴り響いた時、他にも大人たちがいたのですが、誰一人として振り向かないの! 多分、皆さんも『予想通り』と思っているに違いありません。

そんなことが続けばどうなるか。
もし、本当に『万が一』のことが発生した場合、防犯ブザーを鳴らしても、それを聞いた大人たちは「予想通り、子供のイタズラだろう」とやり過ごしてしまう。
もはや、『防犯』の意味を成さなくなってしまうと思うのです。


こんなところを見ている子供なんていないと思いますが、それでも一言。
どうか、大人たちに『予想通り』と思わせないでください。防犯ブザーは、イタズラに使うものじゃない。貴方達の、身の安全を守るための道具なのですから。

拍手

PR

2009/05/20 00:05 | Comments(0) | TrackBack(0) | Diary

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[神奈川] 見渡す初夏の相模湾 | HOME | [Review] 天使と悪魔>>
忍者ブログ[PR]