忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/25 12:59 |
いい仲間、いい先生
約1年ぶりに、SFCインテン仲間と飲み会。

一部の人とは時たま会ったり、メールのやり取りをしていましたが、20人以上の仲間と一堂に会するのは約1年ぶり。更に先生も特別参加されていたので、全員が一同に顔を会わせるのは実に卒業してから4年以上ぶりなのかも。

自慢ではありませんが(別に幹事じゃないけど)、4年もの時を経た今でも、これだけの仲間が集まる団体というのは、そうそうあるものではないと思います。
既に一社ないし数社にまたがって転職した人、就職後転職せず邁進して、既に中堅クラスにまで上り詰めた人など、様々な人間ドラマを聴くことが出来たし、高村先生のギターも堪能できたし、本当に楽しい一時を過ごせました。
ここ最近の重ねに重ねた仕事のおかげで、あまり長居はできず、一次会と二次会のほんのさわり程度で僕は帰宅しましたが。


1年前は、自分のやっている仕事が本当にやりたい事なのか、心から誇れる事なのか迷いながら進んでいたため、様々な場で活躍している皆の話を聞いている度に、惨めな気持ちになり、居た堪れなくなった記憶があります。
今は、確かにヘトヘトになるくらい忙しいけど、楽しいし自分にも合っている仕事だと思うので、わりと誇りを持って仕事に携わる事が出来ています。
かといって、1年前と違って居た堪れない気持ちが全く無いというと、そうでもなく。結構飽きっぽい性格も手伝ってか、今の仕事が本当に誇れるものなのか疑問に思える、なんてことが、また来るのでは、なんてちょっとばかり戦々恐々としてたりする自分もいたり、と。

結局中途半端なだけなんですけどね。自分が。
まぁ、今はそれも割り切って、それはそれでいいのかな、とも思っています。
「こうありたい自分像」を見失ってさえいなければ。


彼らに会って、彼らと話をするたびに、自分が「こうありたい」という人間像を再確認する事が出来る。「ああ、そうだ。自分はこういう人間になりたいんだ」と。
今はそうでなくても、これから先、そういう考えが薄れて違う「こうありたい自分像」が生まれてきても、今の自分を再確認できる関係を築けるのは、僕にとってすごく幸せなことなんです。単に自分本位で我侭なことなのかもしれませんが。

そういう仲間や先生と出会えて、一緒に話せてお酒を飲み交わせる関係。
できればこれから先、崩していきたくないなぁ、と、おセンチにも思ってしまいました(笑)

拍手

PR

2006/06/10 23:52 | Comments(0) | TrackBack(0) | Diary

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] インサイド・マン | HOME | [Review] 明日の記憶>>
忍者ブログ[PR]