忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/19 17:51 |
[Review] SPACE BATTLESHIP ヤマト

463850b9.jpeg宇宙を舞台に、人類と地球を侵略しようとする地球外生命体との戦いを繰り広げる、その後のSFアクションアニメの先駆的存在となった作品の実写映画です。本格的なVFXの技術を動員し、ハリウッドのアクション映画に比肩する作品としての前評判をちらほら耳にしたものの、公開前のCMで、日本の都市の上空にヤマトが飛んでいるシーンのあまりの違和感から、それほどの期待を寄せずに観賞しました。

そしてものの見事に、その寄せなかった期待がドンピシャ。

色々なところで、SF云々以前のツッコミどころ満載なのです。

宇宙空間で繰り広げられる、地球外生命体『ガミラス』との、息もつかせぬほどの戦闘シーン。
あまりにも動きが素早すぎて、しかも砲弾もこれでもかというくらい打ち込みすぎて、双方の位置関係や情勢が分かりませんでした。後々になって何とか目で追えるようになったものの、慣れが必要かもしれません。

打って変わって、ヤマトの内部のシーン。
息もつかせぬVFXとは真逆の、昭和の特撮戦隊ものによく見られる、貧相な合体ロボのコクピットみたい。戦闘シーンやヤマトの外観も、それこそリアリティを出し切っているとは思えないけれど、それでも実写ということから、丁寧に作られているのは分かります。『ヤマトが主人公』なら尚更のこと、外観はもちろん、内部もリアリティを出し切るくらいの作りが欲しいと思いました。このあまりのギャップの差に落胆を禁じえません。

ガミラスとの戦闘シーン。
事前に自衛隊に武器の取り扱いについて訓練を受けたらしいのですが、敵に銃口が向いていません。日本が銃社会でないことが、良かれ悪しかれ、『銃を使って敵を攻撃する』というを演じるところに、リアリティを引き出し切れていないところが感じられます。乱射すればいいってものでもないし。
あ、でも、アナライザーのシーンには迫力があり、目を引きました。

キムタクはやっぱりキムタク、というご意見の方も多く見受けられます。まぁ、彼は彼の演技のポリシーによって、キムタクという人格を踏まえた『古代進』というキャラクターを演じたのかもしれません。
しかしそれ以前に。乗組員が揃いも揃って隙だらけ油断だらけってどうなのよ!
人類の命運も、もって1年足らず。確証も何もない僅かな情報を頼りにイスカンダルへ航行するも、予定通りに到着するか、目的のものを入手できるかも分からない。ましてや、襲撃するガミラスの特性もほとんど掴んでいない。そんな勝率1%にも満たない、一か八かの賭けのような航行なのに、
敵の襲撃を受ける → 撃退する → 皆で喜ぶ → 油断する → 予期せぬ敵の襲撃を受ける
普通の軍隊じゃあり得ませんよこれ! 戦いの場から一旦離れて和気あいあいと仲間と時間を過ごすことはあっても、粛々と任務をこなしている間に、敵の存在や攻撃の有無を見落とすようなことは絶対しないと思うのです。


アニメだったらよかったのかもしれない(いや個人的にはよくありませんが)。でも今作は実写です。アニメとは違う、実写ならではのリアリティと表現力がもう少しあってもいいのではないのでしょうか。たとえそれが、原作のメインストリームから少々逸脱したものであったとしても。
ギリギリのラインで人事を尽くして、それでも完璧に作戦を遂行できるとは言いがたい。常に緊張と絶望感のプレッシャーに飲み込まれそうになりながら、ナイフのエッジ上を血だらけになりながら歩くがの如く。そこまでしても、最後の最後には逆転劇すら許されない状況に追いやられる。
個人的には、地球の命運をギリギリの賭けの中で握る物語であればこそ、リアルに描くことができるのではないかと思います。が、そんな状況下であるにもかかわらず、ほぼ全員に無駄ともいえるような余裕が散見されることに、残念な気がしてなりません。


まぁラストのシーンと言ったら、リメイク版『日本沈没』とか『アルマゲドン』とかと同じ。やっぱり地球と人類を救う運命を背負った主人公は、似た結末なのね。。。 と思いました。

拍手

PR

2010/12/02 22:46 | Comments(0) | TrackBack(28) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
『 SPACE BATTLESHIP ヤマト 』 (2010)  監  督 :山崎貴キャスト :木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、堤真一、高島礼子、西田敏行、池内博之、橋爪功、マイコ、波岡一喜、矢柴俊博、三浦...
さも観たかのような映画レビュー| 2011/02/23 02:52
 『必ず、生きて還る。』  コチラの「SPACE BATTLESHIP ヤマト」は、1974年に放送されたTVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」を実写映画化した12/1公開のSFアドベンチャーなのですが、見て来ちゃい ...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2011/02/11 19:29
ブログネタ:最近観た映画 参加中 1974年の放送当時から, 長年にわたって愛されてきたテレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」を 実写映画化。 1974年に初放映された当初は, 話題にならなかったけれども、 再放送を重ねるうちに火がつき、 国民的な人気を得るようになった
映画、言いたい放題!| 2011/01/31 01:07
宇宙戦艦ヤマトの実写版 ある意味40代、50代の人で宇宙戦艦ヤマトを知らない人は いないと思う。 とはいえ、自分は幼い頃見たような気がするんだけど あまり覚えていない。 確か海用の戦艦を宇宙か...
単館系| 2011/01/05 22:29
 観たいけどアニメ版のイメージが崩れるのがイヤだからと会えてみないという選択をする人も多いとか。でも僕はアニメ版は観ていないので、安心して観に行けます。と、思ったら、あまり評判良くないので、“安心して”はなかったけれど、観に行くことに。と言うわけで今回の記事はSPACE BATTLESHIP ヤマトです。
よしなしごと| 2010/12/31 16:16
昨年末よりずっと完成を待ちわびていた「ヤマト」の実写版、ようやく観てきました。
はらやんの映画徒然草| 2010/12/29 08:15
SPACE BATTLESHIP ヤマト’10:日本◆監督:山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ◆出演:木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行、高島礼子、堤真一、 橋爪功、池内博之、 ...
C'est joli〜ここちいい毎日を〜| 2010/12/24 09:31
明日なき惑星…その名は、地球。最後の希望…その艦は、ヤマト。人類最後の希望を乗せて…宇宙戦艦ヤマト、発進!物語:外宇宙に突如現れた正体不明の敵・ガミラスが、 ...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ| 2010/12/16 16:39
  □作品オフィシャルサイト 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」□監督 山崎貴 □脚本 佐藤嗣麻子□原作 西崎義展 □キャスト 木村拓哉、黒木メイサ、山崎 努、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、       西田敏行、高島礼子、マイコ、橋爪 功、堤 真一■鑑賞日 12月12日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  やはり山崎監督のVFXは凄いというか妙に安心できる  そこに堤真一が古代 守として顔を出せば、いくら制服を着てこの映画に登場...
京の昼寝〜♪| 2010/12/16 12:06
ヤマト予告を劇場でみて→「ヤマト実写版の予告が案外イケてた件 」 そう わたしは敬礼をみにきた 以下、観賞中の「ぷさんゲージ」のアップダウンをご覧ください その前に登場人物 GO引にMY CAPTAIN 沖田にが虫 君はキムのままでいて
ハクナマタタ| 2010/12/13 22:35
「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」★★★☆ 木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、マイコ、 堤真一、高島礼子、橋爪功、西田敏行、山崎努 出演 山崎貴 監督、129分、2010年12月1日公開、2010,日本,東宝 (原作:原題:宇宙戦艦ヤマト)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場首位発進、公開5日間で5億を超え 最終的には50億ラインと大ヒットの幕開け ...
soramove| 2010/12/12 19:47
一ヶ月フリーパス使用4週目の平日休みです。 その1本目はキムタク主演のSFアクションもの。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★| 2010/12/12 02:34
映画バカコンビ てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク 映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク シアター44/『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の回 監督・VFX:山崎貴 原作:西崎義展 脚本:佐藤嗣麻子 出演:木村拓哉/黒木
ブルーレイ&シネマ一直線| 2010/12/10 01:29
先日、話題の映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を鑑賞。
FREE TIME| 2010/12/09 21:34
映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を、本日(12/1)映画の日で鑑賞。観客は100名程。 最初に断っておきますが、私は、ヤマト関連は殆んど知りません。映画もテレビシリーズも観たことはありません。 単純に、日本最高峰のVFXチームがつくる世界に誇れる日本製SF映画に、ハズレの少ない木村拓哉さん出演と言う理由で観に行きました。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点。可も無く不可もなく。正に「思ったほど悪くないかなぁ」って感じ。 ざ...
ディレクターの目線blog| 2010/12/09 10:09
あまり観る気もなかったんだけど、家の息子の一人が黒木メイサの大ファンで(笑)、、、「メイサメイサ」と五月蠅いものだから連れて行ってやることに―【story】2194年、外宇宙に突如として現れたガミラスが地球への侵攻を開始し、人類の大半が死亡してしまう。5年後、地球が放射能で汚染される中、かつてエースパイロットとして活躍していた古代進(木村拓哉)は、はるか彼方のイスカンダル星に放射能除去装置がある事を知り、宇宙戦艦ヤマトで仲間と共にイスカンダル星へ向かう―     監督 : 山崎貴 『Returner リタ...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2010/12/09 09:28
 第1次アニメブームの火付け役となったSFアニメの金字塔を、「ALWAYS」の山崎貴監督・VFX、木村拓哉主演で実写映画化。  今なお多くの根強いファンを持つ作品だけに...
狂人ブログ ~旅立ち~| 2010/12/08 22:10
[宇宙戦艦ヤマト] ブログ村キーワード  プロジェクトの始動が発表されて以来、様々な方面で賛否の物議を醸してきた、あの名作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の“キムタク版”…もとい、“実写版”映画が遂に完成、そして公開!「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(東宝)。アニメ版「ヤマト」世代ど真ん中の吾輩、“ワクワク、ドキドキ、ビクビク?”“興味津々、怖いもん見たさ”『大丈夫なんかな~?』という、期待&不安&興奮(何せ1年前の「復活篇」では、ヒドイ目に遭いましたから…(>_
シネマ親父の“日々是妄言”| 2010/12/07 22:09
今日は・・、映画館に、来ているんだ・・。 そうそう・・、フェイトちゃんと、デートです・・ ナニを観に来たかといいますと・・。 やまとーっ!! うをっ? みくみく・・、いきなり現れるから、ブレてるよ・・? むぅ・・、しっぱい、しっぱい・
「月乃」 を 独逸語で monden と云ふ| 2010/12/06 21:26
映画を見に行くのではなくヤマトを見に行くための映画。何もかも皆懐かしい・・が、それだけで終わらない。「誰かがこれをやらねばならぬ」なら、やってやろうという意欲を感じさせ...
帰ってきた二次元に愛をこめて☆| 2010/12/06 18:51
 【ネタバレ注意】  その惹句を目にしたとき、作り手の並々ならぬ想いを感じた。  それは、どこまでをヤマトと考えるのか、という大問題だ。  「必ず、生きて還る。」  それが、『SPACE BATTLE...
映画のブログ| 2010/12/05 16:39
監督・VFX、山崎貴。脚本、佐藤嗣麻子。原作、西崎義展。2010年日本。SF映画
erabu| 2010/12/03 23:36
☆<MOVIX昭島>に行くと、チケット売り場の女の子たちが、全員、「ヤマト」のユニフォームを着ていたので、かなり度肝を抜かれた^^;    ◇  「ヤマト」実写版が撮られると聞いて最初に起こった懸念などは全くない、映像技術的には海外SF作...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭| 2010/12/03 22:56
「SPACEBATTLESHIPヤマト」を鑑賞してきました国民的アニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」を豪華スタッフ・キャストで実写映画化したSFアドベンチャー。22世紀末、正体不明の敵によって...
日々“是”精進!| 2010/12/03 12:30
VFX映像と黒木メイサの森雪だけが見どころ。  
Akira's VOICE| 2010/12/03 10:32
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」観に行ってきました。 言わずと知れた、キムタクこと木村拓哉主演による、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画版。 ちょうど映画の日の初日だったこともあってか、スクリーンは満席とは言わないまでも結構客で埋まっていました。 ストーリーの冒頭は、ガミラス艦隊の前に地球側の戦力が
タナウツネット雑記ブログ| 2010/12/03 09:29
実写版『宇宙戦艦ヤマト』こと『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきた。 劇場は満員御礼、原作ファンとキムタクファンが多い感じで、男性同士、女性同士、男女ともおひとり様のお客さんが多かった。 原作ヤマトのTシャツを着て気合いたっぷりで臨んでいた若い男子もいて、
国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ| 2010/12/03 09:17
【{/m_0167/}=54 -15-】 「ぜ〜ったいに観ないっ!」って宣言しまくっていたのに、やはり怖いもの見たさで、ついつい観てしまった。 12月1日は映画の日、しかもどっちにしろ意味がないが水曜日はレディースディ、映画館に足を向けさせるには絶好の日で、まだ忘年会シーズンも本格的に始まっていないし、スケジュールも空いている、そんな思惑からか、この映画の封切りは異例の「12月1日(水)」。 とにかくスタートダッシュを決めたかったのだろうな。 その企みは見事に成功か、TOHOシネマズ梅田では、THEATR...
労組書記長社労士のブログ| 2010/12/03 09:02

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] ロビン・フッド | HOME | [Review] ハリー・ポッターと死の秘宝 Part1>>
忍者ブログ[PR]