忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/23 20:45 |
[Review] SHINOBI

SHINOBIこの映画を観て一番に魅了されたのは『美しさ』。
それは、日本の自然の美しさや愛くるしい仲間由紀恵はもちろんですが、『無駄な音が無い』ことによる『美しさ』に引き込まれました。

『HERO』のアクションシーンも、アクションそのものや背景となる自然の美しさ(もちろん愛くるしいチャン・ツィイー様も)に強く惹かれましたが、それはあくまで視覚に対してのものです。
「耳を澄まして美しさを味わう」映画というのも、そうそう無いと思います。

『亡国のイージス』でもそうでしたが、やはり短い間に物語をまとめるというのは本当に難しいですね。
この映画は思ったよりもシンプルにまとめられていたので、すごく観やすかったのですが、
甲賀弦之介のアクションシーンが少なかったのがいまいち。
(朧の『破幻の瞳』のシーンが1回だけ、というのもちょい残念(原作見てないのでもしかしたら本当に1回こっきりなのかもしれませんが…)。でもあんなの何回も使われたら、それこそ両勢力が一気に覆るのが目に見えているので、アレはアレでよかったのかも)。


これはあくまで持論であり、他の人がどう思うか分かりませんが、『運命』って本当はあると思うんですよ。
その人その人、固有のものが。決して誰かと同じではなく。
ただ、それに従うか逆らうか、選択するのはその人にしかできない。例え客観的に『逃げ』に見える選択でも、その人なりに考えた選択なのなら、誰も批判する事は出来ません。
『逃げ』に見える選択でも、確かにリスクは伴いますし。

時代背景がどうあれ、自分の身の上がどうあれ、自分の望んだ未来を進むための『選択』をする。
それに対し、覚悟と責任を背負う。そんなことを考えさせてくれます。



P.S. kanhou様 (私信)
   虎牙さん、めちゃくちゃかっこよかったです。一番人間っぽい忍なので親しみやすい
   ですし。

それにつけてもこの映画、どうしても『作品』というより『商品』という感じが拭えないのですが。いや、決して『商品』が悪い、というのではなく、『作品』として感じられる要素があまりにも少ない、というところ、でしょうか。
演出の仕方が、ハリウッドを意識しすぎ。『SHINOBI』の中に登場する、あらゆるアクションやパフォーマンスをどう演出するか、に意識するあまり、この物語が『日本独特』であるということに、欠けているような気がするのです。

観客を引き寄せるのは、『SHINOBI』としてのアクションか。それとも、『SHINOBI』としての物語か。難しい選択を迫られたかもしれませんが、それでもこの映画が「『SHINOBI』としてのアクション」を選んだ理由は、どこにあるのでしょうか。

拍手

PR

2005/09/18 00:56 | Comments(0) | TrackBack(0) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] シンデレラマン | HOME | おもろい記事特集 5>>
忍者ブログ[PR]