忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/21 15:29 |
[Review] PROMISE
PROMISE定められた運命は、変えることが出来ないのか。人間は人間である限り、運命にあがらうことができないのか。

物語が冒頭に読み上げられた運命の通りにことが進み、最後の最後でその糸が断ち切られるかどうかの分かれ目になる、という話の道筋は個人的に好きな方です。
終わりは分かっている。でも、こんな終わり方は認めたくない。でも運命どおり道は着々と進んでいる。運命を変えられるかどうかの瀬戸際の、ハラハラした空気は、ミステリーやサスペンス映画と同じような感覚にさせてくれます。


が。

この映画、題名も予告もそういった空気を醸し出していたものの、いざ内容を観たら、話の道筋がしっちゃかめっちゃかでした。
登場人物とその立場や立ち位置が様々だったので、見せ方に苦労したんだとは思うのですが、それにしても、シーンがあっちいったりこっちいったり。シーンの移り変わり方に、むしろ不快感を覚えたほど。
おまけに、CGの表現の仕方がアクションエンターテインメントではなく、もはやお子様向け特撮。「もしかして、これ、12歳以下のお子様向け!?」って思ったほどでした。
(まぁ、実際はそんなことありませんが。ちゃんと濡れ場もありましたし。)

それだったら、『HERO』のように、物語とアクション・エンターテイメントを限りなく0:10にするくらいの、本当にアクションを『魅せる』映画にした方が、よっぽど楽しめたのに。
物語もアクションも中途半端なので、何とも映画の世界に浸かることができませんでした。


もしご覧になる方は、物語云々ではなく、単なるアクション映画としてお楽しみ下さい。
まぁ、それでも本っっ当にお子ちゃま向けって感じなので、遠い昔、特撮戦隊に憧れていた時代の少年心を取り戻したい、という人に(笑)。

あ、でも、ロケ地の風景や登場人物の衣装はとても綺麗でした。

拍手

PR

2006/02/25 17:24 | Comments(0) | TrackBack(0) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 | HOME | それは日本文化ではない>>
忍者ブログ[PR]