忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/28 21:19 |
[Review] ヴァン・ヘルシング
ヴァン・ヘルシング何と言うか、あまりにも中途半端すぎる映画。『西洋悪役オールスター映画』という感じがしたくらいで、話の流れとしては何だか分からないうちに終わってしまった、という感じ。特にラストの展開は正に尻切れトンボ。
ハリウッドで流行のアクションスペクタクルを、19世紀ヨーロッパに見立てただけなので、そういったアクションや映像の視覚効果だけを楽しむためだったらいいのかもしれません。

ヴァンパイアにフランケンシュタイン、ジキルとハイドに人狼など、至れり尽くせりの悪役が登場しますが、ストーリーを重要視するのであるならば、その内の1つないし2つに絞って展開させたほうが見ごたえはあったのかもしれません。
前に観た『ブラザーズ・グリム』は、それぞれのグリム童話の描写を小技を利かせて表現していました。それでも微妙だったのに。今回はただ単純に悪役が登場して、ハンターに倒されるだけ。それぞれの悪役が登場する話とリンクさせる欠片の一片も観る事はできませんでした。製作者側の、「こういう物語に登場する悪役が内外入り乱れたアクション映画であれば、きっとうけるだろう!」という半ば浅はかな魂胆が目に見えたようでした。それだったら、アクションスペクタクルに重点を置いて、シンプルな物語の道筋をちょこちょこっとアクセント加えたほうがよかったと思います。
結局、主人公の正体も何だかよくわからないままでしたし。

最近のアクション映画は、話の展開よりも如何にド派手に見せるか、というところに重点を置き過ぎている感じがしますが、気のせいでしょうか?
昨今、色々な視覚効果を表現するツールや技術が日進月歩で進化していて、如何様にも表現できますので。
まあ、映画もエンターテインメントの一つですから、それが見所だ、と言えば、それまでだと思いますが。

拍手

PR

2006/01/18 19:59 | Comments(0) | TrackBack(0) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 | HOME | [Review] Ray>>
忍者ブログ[PR]