忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/25 16:49 |
[Review] ワールド・トレード・センター

ワールド・トレード・センターいつもと同じ朝。穏やかな朝。一日の始まりに、人々はせわしなくニューヨークの街を行き来する。とりたて面白い出来事はなく、ごくごく普通の光景。明日も、明後日も、こんな朝が、ずっと続くと思ってた。

『あの時』が来るまでは     


『ユナイテッド93』は、管制塔や機内を舞台に、最初は小さな漣だったのが次第に大きくなり、やがて大津波が全てを飲み込むように世界を暗転に引きずり込むのに対し、『ワールド・トレード・センター』は、息をつく間もなく突然世界が暗転してしまいます。ただ、当時のニューヨーク市民にとってみれば、大多数がそうだったのでしょう。徐々に闇が迫るのではなく、次の瞬間、全く光を感じなくなってしまったかのように。

そして、ワールド・トレード・センターに残された人を救うために、多くの人が死を覚悟で、炎上するビルの中に突入します。悲劇は、その直後に起こります。


僕が『9.11事件』をニュースで見て痛感したのは、世界を揺るがした大惨事と同時に、自分自身の無力さ。何も出来なかった自分自身。勿論、粉塵と炎が渦巻く現地で、自分に出来る事なんてほんの一握り、どころか、多分皆無かもしれないけれど。でも、正に当時ニューヨークで暮らしていたご家族の人々は、僕など程遠いくらいの辛さや苦しさに苛まれていたのでしょう。
目と鼻の先で、自分の大切な人が助けを求めているのに、自分は何も出来ない。今にも死んでしまうのかもしれないのに、ただ待って、無事を祈るだけ。
自分の無力感に打ちひしがれる想いは、察するに余りあります。

そして、ワールド・トレード・センターの瓦礫に生き埋めにされてしまった湾岸警察署の署員。光は殆ど無く、身動きが出来ず、体力はどんどん消耗するばかり。最初は数名の生き残りがいても、最後まで残ったのはたったの二人だけ。ただ意識を留めるだけでも精一杯なのに、容赦なくビルの崩壊の余韻が二人に襲い掛かる。
すぐそこまで迫っている、死の恐怖。

死ぬのが怖い。それでも、家族のために、仲間のために生き抜かなければ。
待つのが怖い。それでも、帰りを信じて待ち続けなければ。

そんな想いが、二人を救出に導いたのではないかな、とも思うのです。


どんなに願っても、どんなに後悔しても、『あの時』は戻らない。
あの惨事より前の情勢に、戻ることは、もう無い。
多くの亡くなった方々の命も、もう戻らない。残酷なほどに、時は流れる。

でも、戻らないからこそ、これから『先』を、精一杯生きなければ。
たとえ生き地獄で死の淵に立たされても、神に『生きること』を与えられたのだから。

割と政治色の強い作品を輩出してきた、オリバー・ストーン監督の作品ですが、この『ワールド・トレード・センター』では、そういった政治的な動きや、背後に蠢く陰謀といったものは、一つも出てきていません。
当事者の証言等を元に、当時の状況を限りなくありのままに表現した、当事者視点のドキュメンタリードラマ、とでもいうのでしょうか。

ですので、この映画は、やはり『生への渇望』とか『待ち続けることの辛さ』、『信じることの強さ』といったことが重点的に置かれています。その題材に『9.11同時多発テロ』の実話を使用している、という印象があります。
「『9.11同時多発テロ』そのものの悲劇」を想定している方にとってみれば、若干肩透かしを喰らうかもしれません。


しかしそうであっても、『人間の強さ』というのはひしひしと伝わってきます。
二人の署員が生き埋めになっているところを発見してからが凄かった。まるで、周りの人たちに一気に生気が漲り始めてきたかのような。
アメリカ礼賛的な部分も多少はありますが、それでも、大惨事を前に呆然と立ち尽くすしかない人間の『弱さ』と、希望が見えてきた時に発揮される人間の『強さ』のコントラストが印象深い映画です。

拍手

PR

2006/10/07 23:21 | Comments(1) | TrackBack(20) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
World Trade Center 2006年:アメリカ 監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・シャノン、マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ、マギー・ギレンホール、ジェイ・ヘルナンデス、マイケル・ペーニャ 2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨー....
mama| 2009/10/13 16:31
9.11同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターを舞台に、大惨事から奇跡的に生還した男の姿を描く実話を基にした感動ドラマ。監督はオリバー・ストーン、キャストはニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール他。 <あらすじ> 2001年9月11日、港湾警察署のベテラン巡査部長ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)と署員のウイル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)らは、同時多発テロの被害を受けたワールド・トレード・センターへ駆けつけた。マクローリンとヒメノら5人はビルの中に入って人々を...
Yuhiの読書日記+α| 2009/09/16 22:49
『ワールド・トレード・センター』を観ました9.11米国同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から奇跡的に生還した2人の港湾警察官の感動の実話ドラマです>>『ワールド・トレード・センター』関連原題:WORLDTRADECENTERジャンル:ドラマ上映時間:12...
おきらく楽天 映画生活| 2008/05/06 11:55
 『勇気そして生還―これは、真実の物語。 いま語り継ぐべきなのは ”悲劇”の中に差し込んだ”希望”の光・・・ 支え合って生きること― 人間のあるべき姿を呼び覚ました感動超大作』  コチラの「ワールド・トレード・センター」は、9.11同時多発テロをオリヴァー....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/11/23 21:48
ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション (HD-DVD) ¥4,935 Amazon.co.jp (DVDレンタル@2007/10/07) 原題 WORLD TRADE CENTER 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 129分 監督 オリヴァー・ストーン 出演 ニコ
ミーガと映画と… -Have a good movie-| 2007/10/10 10:50
ワールド・トレード・センター公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価 
シネマ de ぽん!| 2006/11/25 09:53
9・11から5年。 まだその時の記憶は生々しく、テロ事件をテーマにしていることも
はらやんの映画徒然草| 2006/11/19 20:26
 ユナイテッド93に引き続き9・11事件を描いた作品ワールド・トレード・センターを見てきました。
よしなしごと| 2006/10/26 03:47
勇気そして生還―――これは、真実の物語。 製作年:2006年 製作国:アメリカ 監 督:オリバー・ストーン 出演者:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ/マギー・ギレンホール/マリア・ベロ 時 間:129分 [感想] ニコラスさん、顔がコケすぎ・・・。 前半のビルが崩壊するまではそれなりによかったけど、生き埋めにされてから退屈になっちゃったよ・・・。 後半はテロの意識が薄れてしまった感があった気がする。 それに助かるってわかってるから救出劇もそんなにハラハラドキドキしなかったのよね。 アカデ...
ひるめし。| 2006/10/22 16:53
監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール 評価:77点 公式サイト (ネタバレあります) 2001年9月11日、アメリカ同時多発テロによってあのWTCが崩れ落ちていったときに、私はどっかの居酒屋...
デコ親父はいつも減量中| 2006/10/22 00:12
「ワールド・トレード・センター」を観に行ってきました。予告を観ただけで涙が出てしまったので、前から観てみたいと思っていたんです。 数名が救助されても、犠牲になった人が多すぎて、「助かってよかった」という気にはとてもなれませんでした。 瓦礫の中に閉じ込められた警官たちに降りかかった事実が怖すぎます。体の自由が奪われて、隠れることもできないのに、炎が飛び交ったり、拳銃が暴発したり。救助に行くのに拳銃は必要なの?観ているだけで私までパニックになってしまいました。 ヒメノの妻アリソンはかなりお腹が目...
まぁず、なにやってんだか| 2006/10/20 21:36
2001年9月11日。 ニューヨーク、マンハッタンにあるワールド・トレード・セン
犬も歩けばBohにあたる!| 2006/10/18 13:59
2006.10.07の劇場公開初日のナイトショウ(0:10~)で見てきました。 川崎チネチッタの一番でかいスクリーンだったけど、 夜中にしては、けっこう入ってました。 主演はニコラス・ケイジ。 予告で何度も見てたけど、彼だと気づいたのは、つい最近。 役になりきってまーーーーす。
ひらりん的映画ブログ| 2006/10/16 23:37
テロの主題は弱く,社会派ではないものの, 犠牲者を悼む気持ちに溢れ, 悲劇を見つめる眼差しは力強い。
Akira's VOICE| 2006/10/15 10:23
「ワールド・トレード・センター」★★★☆ ニコラス・ケイジ主演 オリヴァー・ストーン監督、2006年アメリカ 悪夢が現実になった日。 その日もNYは変わりなく朝を迎え、 人々は同じ一日を過ごすはずだった。 「9.11」 この映画は救出された2名の警官が...
soramove| 2006/10/15 01:00
2001年9月11日。奇蹟の生還。
悠雅的生活| 2006/10/13 20:26
2006年53本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「プラトーン」「7月4日に生まれて」のオリヴァー・ストーン監督作品。9.11米国同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から奇跡的に生還した2人の港湾警察官の感動の実話を映画化。9.11米国同時多発テ...
しょうちゃんの映画ブログ| 2006/10/13 07:59
あの日、世界は恐ろしい悪を目撃した。 しかし2人だけは見た。尊い何かを―― 勇気そして生還 これは、真実の物語である。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2006/10/12 21:41
あのイラク戦争の発端となった、(因縁の)『9.11』のテロ事件から5年が過ぎました・・・。 こちらは、崩壊した『世界貿易センタービル』に生き埋めになった、勇敢な警察官の物語です。 『ワールド・トレード・センター (WTC)』 本日公開初日!例によって朝一番の上映で鑑賞して来ました! (どういうワケか、館内はガラガラに空いていました・・・この作品、そんなに人気ないのかな?) (チラシの画像はクリックで拡大。裏面はコチラ)...
気まぐれ961部隊!| 2006/10/08 15:45
わてが丁稚の定吉だす。 10月7日公開の「ワールド・トレード・センター」を観て来ました。 緻密なリアリティと特に前半の派手な仕掛けで圧倒されるのですが、不思議とカタルシスというものとは無縁の映画でした。 911テロをネタにした映画では「ユナイテッド93」もそうだったのですが、まだ「実話」ベースの美談でしか映画を作れない空気、制約された条件というものをひしひしと感じさせます。 「ジャーヘッド」のレビューでも書いたことですが、やはり戦争を題材にするには15年以上の冷却期間が必要なのでしょう。ならば911の名作...
メディアショップ駿河屋 なぜベス!| 2006/10/08 02:09

コメント

初めまして。「気まぐれ961部隊!」のコレコ(仮)と申します。
「ワールド・トレード・センター」のTB、ありがとうございました。
こちらからもTBさせて頂きましたので、よろしくお願いします。
こちらの作品は、同じく『9.11』のテロを題材にした「ユナイテッド93」とはまた違った怖さがありましたね。
あの事件が起きてから、まだたったの5年しか経っていないのですから、事故に巻き込まれた方やご遺族の方の苦しみは、私などからは想像できないくらいのものだと思います。
このような悲劇が二度と起こらないように、心から祈りたいと思います・・・。
posted by コレコ(仮)URLat 2006/10/08 17:29 [ コメントを修正する ]
Re:無題
初めまして。ご来訪・コメント・TB有難うございます。

この映画は、同時多発テロの恐怖や悲劇ではなく、人間としての『強さ』と『弱さ』を強調している作品のように感じました。
社会派の作品を多く輩出している監督が、人間の感情に訴えかけるような作品というは、確かに弱腰ではあるけれども、まず、事件の裏側で蠢く陰謀より先に、真実を元に『人間の根幹にある強さ』を綴っていこう、という意思があるように思いました。

ご遺族の方々にとってみれば、忘れたくて仕方が無い出来事ですが、それでも、社会からこの事件の記憶が抹消されたくない、そのためにも、何とかして形に残さなくては。
その想いも、この事件を通して得た人間の『強さ』なのでしょう。
2006/10/08 18:31

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] ザ・センチネル/陰謀の星条旗 | HOME | スパム対策のご案内>>
忍者ブログ[PR]