忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/28 21:22 |
[Review] ワルキューレ
ワルキューレワルキューレ作戦

アドルフ・ヒトラーの政権奪取後に企てられた、ヒトラー暗殺計画の一つ。
「大戦勃発後、ドイツ軍は占領地から数百万人の捕虜や奴隷的労働者をドイツ国内へ連れて来たが、彼らが叛乱を起こした際の対策を取る必要が有る」とカナリス国防軍情報部長がヒトラーに進言。ヒトラーはそれに同意し、国内予備軍司令官フリードリヒ・フロム上級大将に対策案を作るよう命令。フロム司令官は部下の国内予備軍司令部参謀長フリードリヒ・オルブリヒト少将(当時)にそれを一任し、オルブリヒトは1942年10月13日、反乱鎮圧計画とその隠語名『ワルキューレ』を立案した。

国内で叛乱が起こった際、国防軍・武装親衛隊を含め、全ての武装集団を予備軍の指揮下に置き、戒厳令を布告して政府の全官庁、党機関、交通・通信手段、放送局、軍法会議の設置まで全てを掌握する、という計画であった。 発動権限は予備軍参謀長にあり、その参謀長オルブリヒト少将ら陰謀派は、ヒトラー暗殺後に『ワルキューレ』を発動し、それをクーデターに利用して国内を一気に掌握する計画を立てた。



ヒトラーに対する暗殺計画は、単独犯・組織犯、小規模・大規模に至るまで、なんと43回も企てられていたとか。大戦勃発後はヒトラーが民衆の前に姿を表す回数が減り、さらに戦局が悪化し総統大本営に引き篭もる事が多くなると、民衆による暗殺はほぼ不可能(秘密警察ゲシュタポが国民を監視し、反政府運動を容赦無く暴力的に弾圧したため)となり、実行可能なのは現役の軍人、しかもヒトラーに直接近づける少数の者に限られていったそうです。
それでも、全てことごとく失敗した、ということは、失礼な言い方かもしれませんが、ヒトラーには元々死すべき時と場所が用意されていた、と、何か神々の意思のようなものを感じざるを得ません。

しかし、何と言っても政権の全てをヒトラーが掌握している時代。敗色が色濃くなってきたドイツの国内において、どのように転がるか分からない情勢。軍隊の中は、さながら魑魅魍魎。民草のことは考えない、いや、考える余裕すらない。これからの自分の一挙一投足が、自分をより躍進させるかもしれないし、自分の生命を脅かす結果になるかもしれない。
そんな魑魅魍魎の中でも、自分の成すべきことをぶれずに遂行できる意思を持つシュタウフェンベルク大佐の生き様は、不景気に見舞われ、我先にその牙から脱しようとする現代社会にも通じるものがあると思います。かなり頑固すぎるところ、融通の利かないところもありますが、自分のすべきことは頑として成し遂げる強い意志の持ち主は、今後の苦行の突破力として惹きつけられるものがあります。


そういえばこの作品、サイエントロジーの信者であるトム・クルーズ氏が、敬虔なカトリック信者であるシュタウフェンベルク大佐の役を演じることには強い反発があったんですよね。一時はドイツ国防省が事件の舞台であるシュタウフェンベルク街等の国防軍関連施設での撮影を許可されなかったようですが、結局のところは、国防省が「制作者側が『ナチス支配から解放され、完全なる民主主義国家となった統一ドイツの姿』を作品内に盛り込むことに同意した」と発表し、撮影を許可したそうです。
たかが宗教、されど宗教。その考え方如何で、撮影の許可不許可まで左右する。宗教に対する人の考え方の方向性は、当分まだ歪な形で続きそうですね……(←超他人事)

拍手

PR

2009/03/21 21:32 | Comments(0) | TrackBack(13) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
アメリカのヒーローものを観ていると、よく"gift"という言葉が出てきます。 こ
はらやんの映画徒然草| 2010/02/28 12:42
トム君のサスペンス? 予告編を観た時はそんな印象。 第二次世界大戦下のドイツ。 アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、 “良心”と“忠誠心”の葛藤に悩んだ末、 祖国の平和のためにヒトラー暗殺を考えるようになる。 彼は暗殺計画≪ワルキューレ作
映画、言いたい放題!| 2010/02/23 12:07
え〜っと、ブログを蔑ろにし続けているピロEKです{/ase/} ちゃんとした近況報告も含めてどのくらい放置してるんでしたっけ{/hiyo_oro/}{/ase/}… 先週からはAmazonで購入したPSPとモンハンポータブルセカンドGのお陰で、他の日常生活まで疎かになっております{/face_ase1/}(そんな風にハマってる割には下手なんですけどね{/face_ase2/})。 何故か我が家ではモンハンブームが急に到来{/ee_3/}{/eq_1/} 娘も追っかけでPSPとモンハンポータブルセカンドG...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2010/01/21 21:44
▼動機 この頃流行の実話物 ▼感想 「へぇ~」 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。過去に40回以上の暗殺計画をくぐり抜けてきたヒトラー(デヴィッド・バンバー)とその護衛たちを前に、大佐たちの計画は成功できるのか。 ▼コメント 感想は「へぇ~」 それ以上のものもなければ、それ未満のものでもない。 この物語は実話。 そして...
新!やさぐれ日記| 2009/04/19 17:05
最初この映画の予告編を観た時に「今時ヒトラー映画!?」って思いましたが・・・当時ヒトラー暗殺計画なるものが40数件も起こっていたとは知らなかったので、ちょっと興味をそそられて公開初日に観てしまいました{/face_ase2/}。 ヒトラー暗殺計画の史実に基づいた脚本なので、史実ゆえに結果は映画を観る前から失敗すると分かっている訳です。そこで、どのように計画を立てて、敵味方を選別して仲間に引き入れ、準備万端整えたのにどうして失敗したのか!?と言う極秘計画の顛末が見所となるんですが・・・、クーデター計画に加...
MOVIE レビュー| 2009/04/17 00:27
 昨日は海から早くに帰ってきて、梅田のロフトで先輩夫妻の愛娘の出産祝いを買い物、大きな荷物を抱えて梅田を歩いていたら、やたらとすれ違う人にじろじろ見られて、そして目を逸らされて、そしてぶつからないようにあからさまに避けられて・・・。 そういえば海帰りで顔黒いし、海でひげを剃っていないから微妙な無精ひげで、汚いディーパック背負って汚いジーンズ(微妙にダメージ付き)で、その上こんな大きなビニール袋を両手に持っているから、どうも浮浪者に間違えられていたのかも・・・ とはこの撮影した友人の弁・・・{/face2_...
労組書記長社労士のブログ| 2009/04/08 05:36
ヒトラーを暗殺しようとし、爆弾が入った鞄を部屋に持ち込む。 すると部屋には多くの人がいて机の下に鞄を置くが、似たような鞄が周りに沢山。 ずっと気になり自分の鞄をチラチラ見てたのに…… 気が付いたら自分の鞄無くなってる!! なんかつい最近これと似た状況が
えいがのはこ。| 2009/04/01 12:24
今週の平日休みは・・・ 久しぶりにラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で鑑賞。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★| 2009/03/31 03:33
映画ワルキューレの感想  史実をもとにしているということで、計画が失敗することは...
映画どうでしょう| 2009/03/27 23:16
ワルキューレ=北欧神話に登場し、「戦死者を選ぶ者」との意味を持つ女神たち。 ワルキューレ HPワルキューレ シネマトゥデイ英題:VALKYRIE製作年:2008年製作国:アメリカ/ドイツスタッフ監督・製作:ブライアン・シンガー製作:ギルバート・アドラー製作総指揮...
猫とHidamariで| 2009/03/24 17:08
映画「ワルキューレ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、テレンス・スタンプ、トム・ウィルキンソン、エディ・イザード、クリスチャン・ベルケル、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチ..
映画レビュー トラックバックセンター| 2009/03/24 03:13
スッキリと痩せてカッコ良く見えたトムがスマスマに出演したのを見たし(『トロピック・サンダー』の時とは大違い・笑)、TV放送された『トップ・ガン』も見た。楽しみだなぁ〜ワルキューレ【story】第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目、右腕、左手の指2本を失った将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画に参加する。過去に40回以上の暗殺計画をくぐり抜けてきたヒトラー(デヴィッド・バンバー)とその護衛たちを前に、大佐たちの計画は成功できるのか―     監督 : ブライ...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2009/03/23 23:19
 『ワルキューレ それは女神の名を冠した「作戦<ミッション>」』  コチラの「ワルキューレ」は、紆余曲折を経て3/20に公開されたトム・クルーズ主演のサスペンス・アクション超大作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪歴史にその名を刻む独裁者ヒトラーの暗殺....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2009/03/23 06:49

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<旧ブログ閉鎖のお知らせ | HOME | [茨城] Magic of Horizon>>
忍者ブログ[PR]