忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/28 13:19 |
[Review] ボーン・アルティメイタム
ボーン・アルティメイタム記憶を失った暗殺者、ジェイソン・ボーンが、失われた記憶と自己の存在を追い求める為に世界を駆け回るバトル・アクション映画第3作。

記憶を辿る者。その者を殺すCIA。記憶を手繰るために、手がかりを探す。記憶を手繰らせないために、手がかりを潰す。どちらがどれだけの情報を仕入れ、準備し、的確に対応するか。互いが互いを出し抜く。慎重に、時に大胆に。
記憶を手繰る手がかりに近づけば近づくほど、CIAの攻撃は一層激しさを増す。容易に近づけない。勿論CIAも容易に殺せない。何せ、自分達が育てた最強の暗殺者なのだから。
止まることが無い彼は、追う者を見つけてはその命を摘み取っていく。記憶の無い最初の頃は、覚束ずも澄んだ目が、だんだん濁っていく。これぞ、暗殺者の目、というふうに     

追う者と追われる者、互いの素性は知っていても、その本性をつかむことが出来ず、幾多の攻防戦でどちらかが(もしくは双方ほぼ同時に)その真相を掴む、という構図は、『DEATH NOTE』の前編(夜神月とLの攻防)に良く似ています。但し、『DEATH NOTE』の場合は、互いが互いの懐に位置し、互いを飼い慣らしも同然にしながら、どちらが真相を掴むことが出来るか、という静的な攻防です。その一方で、この『ジェイソン・ボーン』シリーズは、動的な攻防。ジェイソン・ボーンは記憶を手繰るために、それを邪魔する存在は悉く葬るか利用する。CIAは凶悪的な暗殺者を一歩たりとも近づけないために、あの手この手で探し出し、抹殺を試みる。
どちらが先に王手をかけるか、最後の最後まで予想だにできない展開は、観る者を圧倒し、終始ハラハラドキドキさせました。

難を言えば、如何にCIAの手から逃れるために手段を選ばないとはいえ、半ば無茶苦茶なことをするなぁ、というのが正直なところ。勿論、『ボーン・スプレマシー』でもあるように、相手が相手ですので、形振り構っているわけには行かない、本気で逃げ遂せる、というのは分かりますが。
一番の山場に見せるカーチェイス・アクションも、もちょっと上手い具合に相手を出し抜くようなスマートな逃げ方を観たかったなー、とか。まぁ追う方もプロですから、そんなスマートな方法では出し抜けようにも出し抜けないんでしょう。


さて。
ついに彼は『本当の自分』を見出すことができました。
自分を『作り上げた』CIAの暗部も暴露することが出来たし、まずは本懐を遂げることが出来たのでしょう。いくら致し方の無い身の上の出来事とはいえ、これからはごく普通に幸せに暮らしてほしいものです。
まぁ、身体に染み付いた『暗殺』の習慣は、そう簡単に抜けることは無いでしょうけれども……

以下は、これまでに制作・上映された、『ジェイソン・ボーン』シリーズのReviewです。


ボーン・アイデンティティー記憶を失った暗殺者、ジェイソン・ボーンが、失われた記憶と自己の存在を追い求める為に世界を駆け回るバトル・アクション映画第1作。

かつては大雑把に『記憶喪失』と称された病気は、『全生活史健忘症』と呼ばれています。長編連載漫画では必ずといっていいほどつきものである伝説の病魔ですが、実社会でも本当にあるんですね。でも一般の人にはパッと見では分かりませんし、以前とあるテレビ番組で出演した『全生活史健忘症』の人だって、本当にそうなのか見た目だけでは分からない。だって普通に生活できているので。文字も読めるし話せる。家事のさしすせそ(裁縫・躾け・炊事・洗濯・掃除)もこなしているようですし。
まあ、以前それをネタに『全生活史健忘』を演じきった外国人もいたわけですが。

さて、本作品の主人公『ジェイソン・ボーン』はというと。
自分の名前から、素性、出身地、目的、友好関係に至るまで、あらゆる自分を取り巻く環境についての記憶は、全て消え去っているのに、これから降りかかる危険、今自分がどの立ち居地で、どこに誰がいて、それがどのような武器を以って自分を狙っているかが分かる。一般人としての生活スタイルは勿論の事、かつて自分の素性だった『暗殺者』としての身のこなしもはっきりと刻まれていて、どんな敵が襲い掛かっていても、瞬時に的確な対応を取って危機をすり抜けていく。
正に、『頭の記憶』ではなく、長い間自分の身体に染み付いた『身体の記憶』が成せる業なのでしょう。

第1作目『ボーン・アイデンティティー』は、自分の記憶が無くなってからの自分の素性探しの始まり。何故自分は危機を嗅ぎ取る事が出来るのか、何故自分は危機に対し的確に判断する事が出来るのか、何故自分は常人以上の身のこなしをすることができるのか。
そして明らかになる自分の素性。他者によって作り上げられた人生。けれど、他にもまだまだ大きな謎が。隠された謎の組織の存在からして、「単に事故で記憶が無くなった」というわけではなさそうです。アクションシーンも、これまでに登場した数あるアクション映画に比べても、比較的控えめ。それも、これから更に大きな試練が待ち受けている、ということを示唆しているのではないのでしょうか。


それにしても。
個人的ではありますが、マット・デイモンはそのお顔の造形からして真面目キャラですので、あまりアクション映画の主人公としては似合わないような……
『ディパーテッド』や『シリアナ』、『グッド・シェパード』でのマット・デイモンはハマり役だと思いました。『ディパーテッド』はマフィアの方を演じましたが、警察へ侵入したからか総じて真面目キャラを演じていましたし、イメージと演じたキャラクターがマッチしていたので、個人的にはそういった路線が似合っていると思っていたので。
まぁ、微妙に違和感はあるものの、実際に敵を駆逐する暗殺者としては徹していたと感じました。でも暗殺者としての冷酷なまでの『目』は、ジェット・リーには敵わないと思いました。



ボーン・スプレマシー記憶を失った暗殺者、ジェイソン・ボーンが、失われた記憶と自己の存在を追い求める為に世界を駆け回るバトル・アクション映画第2作。


supremacy

-【名】(U)
1.至高、至上; 最高位、優位性
2.主権、覇権; 支配権

『ボーン・スプレマシー』は、この『supremacy』の単語のように、追う者、追われる者どちらが優位に立てるか、という、一種の心理戦に似たような作品に仕上がっていると思います。
ジェイソン・ボーンは、失われた自分の記憶を探すために、『ジェイソン・ボーン』という暗殺者を文字通り作り上げたCIAの真相に、方やCIAは、自らが作り出した強力な知力・体力・時の運を持つ暗殺者が、自分達の首に刃を向ける前に始末するために。

ところが。
この作品にとって、暗殺者は彼だけではないかもしれないけれども、総じて作り出された暗殺者は、暗殺という任務が他人に知られないよう、痕跡は一切残らないやり方で始末し、また残った場合も、全て跡形も無く消し去る手法を取る。それは第1作『ボーン・アイデンティティー』でもあります。
けれど、行く先々で彼は見つかり、そして追われるハメに…… 偽装パスポートはいくつもあるけれど、下手に変装できるわけではないし、何より色んな国を行き渡っている。それを差し引いても、結構あっさりと見つかってしまってないかい? ジェイソン・ボーン。痕跡を残しすぎのような気がしますが。わざとだとしても、監視カメラに映る位置に自分がいるのは、「捕まえてください」と言ってるようなものですけれど。
まぁ、CIA並びに各国の警察諸機関の包囲網は、そんなに甘くはないってことしょうか。たかだか一人の暗殺者でも、驚異的な能力を持っている。総力戦でなければ、太刀打ちができない、ということでしょう。それでも見事にすり抜けられていますけれど


さて、『ボーン・アイデンティティー』で知り合った女性に殺されてしまい、それでもまだ完全に記憶が戻っていない状態で、次々と命を狙われているジェイソン・ボーン。それでも、確実に真相に迫っています。果たして、彼は無事、記憶を甦らせ、自分自身を取り戻す事が出来るのでしょうか。。。

拍手

PR

2007/11/12 21:13 | Comments(0) | TrackBack(27) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
ボーン・アルティメイタム 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD] 「ボーン・アルティメイタム - The Bourne Ultimatum -」 感想 ジェイソン・ボーン誕生秘話...
むーびーふぁんたすてぃっく| 2010/04/11 11:45
このシリーズは、初めて見るのですが展開がスピーディーですね。アクションシーンは、面白いし格闘シーンも見ごたえがありました。気になるのは、パメラとボーンの関係。記憶喪失前の二人は、恋人だったのでしょうか。
ゼロから| 2009/11/02 23:38
記憶を消され、愛するものを奪われた暗殺者ジェイソン・ボーン。 過去と決別するために、最後通告を叩きつける! 【関連記事】 「ボーン...
Addict allcinema おすすめ映画レビュー| 2009/10/31 23:57
『ボーン・アルティメイタム』を観ましたマット・デイモン扮する記憶を失った元CIA諜報員が自らの過去を取り戻すため世界中を駆け巡る大ヒット・スパイ・アクション・シリーズ完結編です>>『ボーン・アルティメイタム』関連原題:THEBOURNEULTIMATUMジャンル:アクショ...
おきらく楽天 映画生活| 2008/06/12 23:01
あらすじCIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン計画」によって暗殺者にされ、同時に記憶を失ったジェイソン・ボーン。そんな彼の写真が、イギリスの新聞の一面に掲載された。記事を書いた記者のロスは「トレッドストーン計画」に代わる「ブラックブライアー計画」の...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2008/06/12 10:11
ここ数日、体調がすぐれなくて寝込んでました。合間合間にネットサーフィンはしてたんだけれど、映画やDVDを観る気力もなく、基本は寝ていたので数日ぶりのブログ更新。。。 今日観たのは、劇場公開を見逃してしまったマット・デイモン主演の『ボーン・アルティメイタム』。元C
cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー| 2008/04/02 03:06
    ジェイソン・ボーンシリーズ、「ボーン・アイデンティティー」、「ボーン・スプレマシー」に続く第三弾「ボーン・アルティメイタム」。   前作2つとも観ないで、いきなり鑑賞。なんと大胆な話です。昨年11月23日にMOVX京都にて。マット・ディモン、それにしても次々と出演しております。忙しそうですね。 やはり見どころは、彼のアクションなのでしょうね。それだけでも充分楽しめる感じです。   STORY 記憶を失い、愛するものを奪われた暗殺者ジェイソン・ボーン。過...
銅版画制作の日々| 2008/01/19 17:09
 今回はボーン・アルティメイタムを観てきました。
よしなしごと| 2007/12/24 02:05
2007/11/19号  ポール・グリーングラス監督。マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ出演。モスクワでCIAの追っ手から見事に逃れたボーンは、トレッドストーン計画の秘密を知る新聞記者がいることを知る。そしてCIAもその記者の存在をつかんでいた。 ボーン・アルテ....
Movie heart beat| 2007/12/18 10:46
 ついに、ジェイソン・ボーンの記憶がよみがえる!! そうだったのか、シャシャ〜〜!! 今日は新作映画のハシゴをしました。欧米医療制度「シッコ」は一つ前の日記です。 やっぱり、ボーンは3本観ないと、話が全部つながらない。やっと、ボーンの本名や、何で国際的...
江戸川心歩・傑作娯楽小説全集| 2007/12/12 17:40
監督 ポール・グリーングラス 主演 マット・デイモン 2007年 アメリカ映画 115分 アクション 採点★★★★★ スケールアップされた予算と火薬量の割に物語が薄かったり、広げ過ぎた風呂敷を収集する為に矢継ぎ早にイベントばかり起きたり、毛むくじゃらのチビッコが無敵の帝..
Subterranean サブタレイニアン| 2007/12/10 01:08
2007年製作のアメリカ映画。 全米初登場1位、興行成績$227,471,070のメガヒット。 マット・デイモン扮する記憶を失った元CIA諜報員が自らの過去を取り戻すため世界中を駆け巡る大ヒット・スパイ・アクション・シリーズ完結編。目の前に次々と降りかかる危機を乗り越え、ついにジェイソン・ボーンの過去が明らかとなる。監督は引き続き「ユナイテッド93」のポール・グリーングラス。 <b>息もつけない、との例えはまさにこの映画の為にある!と言い切りたいです。</b>モ...
シネマ通知表| 2007/12/09 11:36
今週の平日休みも川崎のシネコンはしごしての2本立て。 その2本目。 いまや、ギャラ当たりの興行収入が一番多い売れっ子俳優のマット・デイモンが主演。 シリーズ3作目で最終回という触れ込み。
ひらりん的映画ブログ| 2007/12/07 03:48
語るべきことを語り、描くべきことを描いてスカっと完結。これでいいのだ! / 以下の文章は、マット・デイモン主演、ポール・グリーングラス監督作品『ボーン・アルティメイタム』鑑賞後の、あるアクション/クライム・ムーヴィー・ファンの二人――仮に黒岩と大門と呼びます――の雑談の抜粋であります。...
I N T R O| 2007/11/27 15:42
映画「ボーン・アルティメイタム」の主役は、当然、主人公ジェイソン・ボーンを演じるマット・ディモンである。このボーンが銃を構え、撃ち、走り、殴り、カーチェイスで暴走して動の役割を果たす一方で、静の役割のパメラとニッキーを忘れてはいけない。実はボーン以上に...
映画と出会う・世界が変わる| 2007/11/26 09:51
□作品オフィシャルサイト「ボーン・アルティメイタム」□監督 ポール・グリーングラス □原作 ロバート・ラドラム □脚本 トニー・ギルロイ、スコット・Z・バーンズ、ジョージ・ノルフィ □キャスト マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、ジョアン・アレン、デヴィッド・ストラザーン、パディ・コンシダイン、スコット・グレン、アルバート・フィニー ■鑑賞日 11月10日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想> ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が本当の...
京の昼寝〜♪| 2007/11/21 12:14
  『ボーン・アルティメイタム』 ? 記憶を消され 最愛の人を奪われた 世界最強の暗殺者、ジェイソン・ボーン。 すべてを取り戻すため、「最後の戦い」を開始する! ? ■記憶喪失の男が、嵐の地中海沖で救出された。その男の名はジェイソン・ボーン(マット・デイ
唐揚げ大好き!| 2007/11/18 11:48
原題:The Bourne Ultimatum まるで海兵隊の狙撃兵のように・・!?・・完結編といわれているけど、このまま終わってしまうとはもったいない、是非とも物語の続きを書き上げて欲しい・・ なぜなら、非情な殺戮マシーン、そして思い悩むボーンの真実が、その背景が、あまりに人
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~| 2007/11/18 02:31
「ボーン・アルティメイタム」を観てきました〜♪ イギリスの新聞ガーディアンが、ボーンとトレッドストーンに関する記事を掲載する。ボーンは、記事を書いた記者モスに接触し、自分自身の謎に迫ろうとするが、手際よく配置されたCIAによって殺されてしまう。しかし、ボーンはモスの残したメモを手がかりにスペインに飛ぶ・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、自分が誰だか解るかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪
観たよ〜ん〜| 2007/11/17 08:02
「ボーン・アルティメイタム」★★★★☆大満足・オススメ! マット・デイモン主演 ポール・グリーングラス 監督、2007年、115分、アメリカ 無表情で疾走する、名も無き男、 彼を行動に駆り立てるのは 自分探し CIAの極秘プロジェクトにより ボーンは暗殺...
soramove| 2007/11/16 23:26
人気ブログランキングの順位は? 記憶を奪われ 愛するものを殺され 存在を抹消された男 ジェイソン・ボーン <記憶をなくした暗殺者> 失われた記憶を求めて 戦いが始まる 彼(ボーン)が「記憶」を取り戻すとき 最後通告(アルティメイタム)が....
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2007/11/16 00:47
JUGEMテーマ:映画 ■邦題:ボーン・アルティメイタム ■原題:THE BOURNE ULTIMATUM ■上映時間:115分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:アクション、サスペンス ■配給:東宝東和 ■提供:ユニバーサル・ピクチャーズ ■公開:2007/11/10 ■日付:2007/11/10 ■劇場:TOHOシネマズなんば(スクリーン7/J-29) ■パンフレット:600円 ■オフィシャルサイト:http://bourne-ultimatum.jp/ ■APPROV...
しょうちゃんの映画ブログ| 2007/11/14 10:04
映画「ボーン・アルティメイタム」に関するトラックバックを募集しています。
映画専用トラックバックセンター| 2007/11/14 10:03
監督:ポール・グリーングラス CAST:マット・デイモン、デヴィッド・ストラザーン 他 記憶を無くした暗殺者、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)はCIAに追われな...
Sweet*Days**| 2007/11/14 09:51
1日の映画の日、「自虐の詩」、「象の背中」を2本続けて
欧風| 2007/11/14 06:36
 『彼<ボーン>が「記憶」を取り戻すとき 最後通告<アルティメイタム>が下される。』  ●関連作品レビュー● ・シリーズ第1弾「ボーン・アイデンティティー」 ・シリーズ第2弾「ボーン・スプレマシー」  コチラの「ボーン・アルティメイタム」は、ロバート・ラ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/11/13 21:09
自分を見つけました。 生まれ変わります。
Akira's VOICE| 2007/11/13 16:41

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<阿波踊り体操の盲点 | HOME | [Review] ディスタービア>>
忍者ブログ[PR]