忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/17 10:39 |
[Review] プロデューサーズ
プロデューサーズ最初から最後まで、もうホンットーに笑いっぱなしの一作。最近、シリアス路線や社会問題を描いた映画が多く話題を呼んでいるので、そんな中での笑いに満ちた楽しみを醸し出してくれる作品は、すごい新鮮さがあります。

しかしやはりアメリカのコメディ映画は、シモネタが満載(まぁもちろん、他国のコメディ映画でもシモネタありきの映画はありますが…)。でもそれを、あからさまに「下品!」と出すのではなく、リズムに合わせて楽しくノリノリに歌ったり踊ったりするから、観ているこちらもそんなに真剣に悩むことなく観ることが出来ます。
全てが派手だけどケバケバしくなく、バカバカしいけどコテコテなギャグの連発が、むしろより笑いを引き立てる。思わずリズムを取りたくなるような、そんな作品です。

そして最後には、お約束ではあるけれども温かなシーンも。
落ち目のミュージカルプロデューサーとミュージカルプロデューサーを夢見る会計士が織り成す、絶対失敗するはずの最低ミュージカルが、最高の出来に仕上がって、目論見が外れたことによって失ったものが沢山あったけど、でも、代わりにお互いに得るものがあり、最後の最後に本当のプロデューサーとしての成功を収める。『夢を諦めない人』と『人が信じられない』人に送る、最高峰のエンターテインメントです。


ちなみに、この映画の笑いのネタは、場合によっては嫌悪を抱く人がいるかもしれません。
まぁ、低俗なギャグだと思って観ればそれほどでもないとは思いますが。

あと。
エンドロールで退場しない事!

拍手

PR

2006/04/09 08:45 | Comments(0) | TrackBack(3) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
 『<最低>のはずが、<最高>の傑作に− それはブロードウェイの神様のイタズラ。』  4/8公開のコチラの映画を試写会で観て来ました♪いやぁ〜最高に楽しませてもらっちゃいましたよぉ〜♪1968年にメル・ブルックス監督のオリジナル版の映画があって、その後2001年4....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/12/28 23:35
こんばんわ、舞斗です すみませんブログ更新滞っておりました・・・ ちょっと、昨日、映画見すぎちゃいました・・・ 昨日、今日だけで、3本も見ちゃって、ゾクゾクと更新できたらとおもってまぁーす ってか、皆さん、ご存知でした 金曜から、今日までの3日間、ツタヤ、半額な
ミュージックファクトリーの音楽・映画情報| 2006/09/03 02:20
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う~ん・・・ ワタクシ、『サウンド・オブ・ミュージック』は大好きな作品ですし、最近では 『オペラ座の怪人』や『CHICAGO』も楽しめたので、決してミュージカルが嫌い なわけではないんですけどねぇ。 むしろ、少し前にも「某・歌って踊る舞台」を観に行ったばかりなので、普通の人 よりはミュージカル好きかなぁ~っと思っていたのですが・・・ どーもこの作品は全く合わなかったです。 元々は1968年にメル・ブルックス監督による映画で、2001年...
ぶっちゃけ…独り言?| 2006/08/30 05:29

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<デジタル証拠の有用性 | HOME | 桜吹雪の散歩道>>
忍者ブログ[PR]