忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/18 16:04 |
[Review] ハンニバル・ライジング
ハンニバル・ライジング人が人を殺す。そんなことを仕出かせば、大抵の人間は動揺を隠せません。勿論、殺人を積み重ねていけば、それが『日常』になり、動揺も次第に無くなっていきます。『殺人』という『異常行動』が、『日常』になっていけばいくほど。
だが。彼は違った。彼は最初の殺人から、動揺を一切見せなかった。自分が刈り取った他人の生命は、彼にとってはただのモノ。いや、彼の欲求を満たすための芸術品。のちに引き起こされる数々の忌まわしい殺人事件は、そんな彼の常軌を逸した欲求から生まれ出ます。
人を死に追いやるたびに、人の死に顔を愛でるたびに見せる、恍惚にも似た笑み。その原動力は、幼い頃に植えつけられた、筆舌しがたい恐怖体験。

この作品は、ハンニバル・レクターの中に眠る狂気の序曲。『死』に『美』を求める、究極とも呼べる悪夢の始まり。



もしこれが、『羊たちの沈黙』や『ハンニバル』とは別の物語として位置づけている、単体の作品あれば、それはそれで面白いと思います。
主人公であるハンニバル・レクターの青年期を演じた、ギャスパー・ウリエル。人を死に追いやる直前に見せる、頬まで引き裂かれているような悪魔を彷彿させる笑み。これから先々で繰り返される悪夢のような所業を行う者としての表情としては、観ているこちらとしても身震いしてしまうほど。ただ、どれだけ彼が『ハンニバル・レクター』としてのキャラクターに扮そうとしても、この作品の『ハンニバル・レクター』の数々の所業は、その後の彼の行動を描いている『レッド・ドラゴン』『羊たちの沈黙』『ハンニバル』に繋がるような気配がありません。

最愛の妹を虐殺され、さらにその虐殺が、自身にも決して逃れることの出来ない、そして筆舌しがたい恥辱を強いられてしまう。
その時、彼が後の『ハンニバル・レクター』としての魔性に目覚めたのか、それとも、最愛の妹を虐殺した者達を次々と殺していく最中に、魔性に目覚めたのか。その点が曖昧な気がします。
例えば、『007/カジノ・ロワイヤル』では、愛した女の突如とした裏切りで、人に対する信頼の一切を絶ち、いままでやんちゃ坊主のようだった『ジェームズ・ボンド』が、冷酷なまでの暗殺者になった。単純に見えながらも、その変容振りには目を見張るものがありました。しかし、『ハンニバル・ライジング』における彼の殺人は、全て復讐心からなるものばかり。とても、後のアンソニー・ホプキンスが魅せる『ハンニバル・レクター』からは遠いと思うのです。


けれど、一旦離れて考えてみると、こうも思ったりします。
最愛の妹の虐殺以上に、虐殺を契機に犯人達がハンニバルに向けられた最も残酷極まりない行いが、彼の中の狂気を目覚めさせた。
彼にとって犯人達を殺すことは、ただの復讐にすぎなかった。でも、一人、また一人と殺し、妹を手にかけた彼等の血を、肉塊を見て行く内に、自分の中の狂気が徐々に目覚めていく。最初はそれを否定した。だってもしそれを受け入れてしまえば、自身もまた彼等と『同じ』になってしまうから。
でも、人殺しを繰り返せば繰り返すほど、その『本性』は次第に顕在化していく。最初は、復讐に見せるただの一面―『二重人格』のようなもの―であったものが、次第にその『本性』が『彼自身』と同一化していく。「これはただの復讐」「やつらとは違う」と呪詛のように自分自身に対して唱えながらも、もう自分で自分を止めることができない。制することができない。
そしてついに、封印したかった記憶を、犯人達に無理矢理引きずり出され、否応なく自分の『行い』を自覚させられたことで、彼と彼の『本性』が一体化する。それこそが、殺人鬼『ハンニバル・レクター』の誕生の瞬間。狂気と悪夢の始まり。

まぁこれは、単に僕の想像に過ぎませんが、その潜在的な『本性』が徐々に顕在化していくような描写があれば、「ただの復讐?」「本性の目覚め?」の曖昧なラインも、一つの物語の要素として楽しめたかもしれません。
でも、後々のハンニバル・レクターシリーズを念頭に入れなくても、『ハンニバル・ライジング』を単体の作品として、鑑賞することは出来ると思います。勿論、『それなり』の映像は出てきますので、ご覧になる方は、相応の覚悟が必要です

拍手

PR

2007/04/22 00:11 | Comments(1) | TrackBack(22) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
 『1991年「羊たちの沈黙」 2001年「ハンニバル」 2002年「レッド・ドラゴン」― そして2007年、ついにレクター「誕生<ライジング>」の謎が明らかになる。』  コチラの「ハンニバル・ライジング」は、トマス・ハリス原作の"ハンニバル・レクター"シリーズの最新作....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/09/27 00:09
紫夫人に一緒に日本へ渡るよう懇願されたが、ハンニバルの妹ミーシャとの約束を果たす決意は変わらなかった
ハンニバル・レクター資料室| 2007/06/19 11:27
観よう観ようと思って、タイミング的に後回しになってたサスペンスもの。 「ハンニバル・レクター」シリーズは、あまり詳しく知らないけど・・・ 誕生秘話なら、別物としても見れるし・・・。 今週末までの公開らしいので、ギリギリ間に合いました。
ひらりん的映画ブログ| 2007/06/07 00:49
5月1日(火)◆428日目◆ 仕事はそこそこ。 忙しくはなかった。 あれ、もしかして、 『スパイダーマン3』が見れるか? ……それは無理だった。 午後6時半に日劇に電話した時点で既にソールドアウト。 しゃあないので『ハンニバル・ライジング』を見る。 う〜〜ん、レクターのような、そうでないような。 トラウマとかはわかったけど、 それがどう知性と残虐性につながっているかが描かれてない。 要は 戦争、というかドイツ軍のせいで 家族をめちゃくちゃにされたハンニバル...
          | 2007/05/26 06:38
「ハンニバル・ライジング」★★★☆ ギャスパー・ウリエル 、コン・リー 主演 ピーター・ウェーバー 監督、2007年、フランス 芸術を愛し、美食家、 驚くべき知能の高さと 反面に見せるグロテスクさ。 人間誰もがもつ才能や知的な好奇心も 博士にあっ...
soramove| 2007/05/22 20:35
監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、アーロン・トーマス、ヘレナ・リア・タコヴシュカ、リス・エヴァンス 評価:74点 公式サイト (ネタバレあります) 頑張れ、負けるな!ハンニバル・レクター! クールで妖艶な強さが最高....
デコ親父はいつも減量中| 2007/05/21 23:42
□作品オフィシャルサイト  『ハンニバル・ライジング』□監督 ピーター・ウェーバー□脚本・原作 トマス・ハリス □キャスト ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンズ、ケヴィン・マクキッド■鑑賞日 5月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> なるほど、あのハンニバルにはこんな生い立ちが・・・。 しかも香港臭『ラストサムライ』風味な日本の武士道が関わっていたとは。 確かにあの猿轡は鎧兜にリンクするかも。 あの冷血無比なハンニバル・レクター。 『...
京の昼寝〜♪| 2007/05/16 12:16
アンソニー・ホプキンスが演じたレクター博士のシリーズ、第四弾「ハンニバル・ライジング」が遂に公開されたでも、アンソニー・ホプキンスは出演していないので、あしからず ハンニバル・レクターは、鬼才トマス・ハリスが生み出した“世界で最もインテリジェンスのある”シリアルキラーだ精神科医なのに、連続猟奇殺人犯、美術に精通、美食家でもあるレクター博士。 1991年『羊たちの沈黙』、2001年『ハンニバル』、2002年『レッド・ドラゴン』、いずれもヒットを記録そして2007年のこの作品で、レクター博士“誕生”に秘め...
銅版画制作の日々| 2007/05/05 23:43
原作者 トマス・ハリスが初めて脚本を担当した本作。 力が入ってますね〜〜。 フランスの新星 ギャスパー・ウリエルは、アンソニー・ホプキンスのハンニバルとは似ても似つかない容姿だけど、それを除く知的で美しく、気高く優雅で、そして冷酷なハンニバルぶりは、完...
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜| 2007/05/02 06:45
今回紹介する映画は現在公開中のこれです。 ハンニバル・ライジング 観て来ました、ハンニバル・ライジング 今までのハンニバル・レクターシリーズとは少し毛色の違う映画でしたが、中々楽しめました。 ハンニバル・レクターの少年時代に起きた事件から始まり、そして青年になったハンニバル・レクターが復讐を行う事で、その少年時代に起きた事件のトラウマから連続人食殺人鬼になって行くまでの過程が描かれた映画です。 まだまだ冷酷な残忍さは足りませんが、各所にレクターらしさを感じる事が出来て、ハンニバ...
映画・DVD・映画館レビュー| 2007/05/01 12:07
本日、鑑賞してきました。 とても面白かったです。 私は、前3作品を観ていませんが、観ていたらもっと面白かったのだと思います。 もちろん、この作品自体すばらしいできだったと思います。 ハンニバル役のギャスパー・ウリエルはすばらしい演技でした。 猟奇的な演技はもちろん、怒りと悲しみと愛情を求める心の葛藤を上手く演じていたと思います。 戦時中のシーンも良くできています。 ハンニバルとミーシャ兄妹を演じている子役がとてもかわいくて切なくなりました。 コン・リーは美人で良いですね。 日本の女優さんがこの役をできれば...
I LOVE HARLEY! の独り言| 2007/04/27 22:26
☆「ハンニバル・ライジング」 監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、ケヴィン・マクキッド、スティーヴン・ウォーターズ、リチャード・ブレイク 1944年リトアニア。 名門貴族であるレクター家もドイツ軍の侵略にあい、一家は城を捨て辺境の地へ疎開する。 両親に守られレクター家の長男ハンニバルと妹ミーシャは生活を送るが、容赦ない戦火が彼らを襲う。 ソ連軍により、隠れ家としていた山小屋は包囲され、一触即発の状況下ドイツ空軍の急降下爆撃機が襲いかかり、ハンニバル...
りんたろうの☆きときと日記☆| 2007/04/26 23:24
 『羊たちの沈黙』、『ハンニバル』、『レッド・ドラゴン』で知られる ハンニバル・レクターの過去に迫る、シリーズ最新作!! 詳しくはハンニバルライジング公式サイトへ♪ 私にとっては「羊たちの沈黙」は、1級のサスペンスとして今も心に残る作品だ。 それだけに「ハンニバル・レクター」の原点に迫るというこの内容は私の心をくすぐったのですが友人たちには「気持ち悪いからダメ」と見ることさえ拒まれました~でも待ってくださ~い!!この作品は 彼の「人食い」を際立たせた前2作とは違い、彼の苦しみと怒りと悲しみに色どられた...
★Shaberiba ★| 2007/04/25 12:53
story 1944年リトアニア。名門貴族であるレクター家も、ドイツ侵略の足音におびえながら暮らしていた。一家は城を捨て、辺境の地へ疎開する。両親に守られ、レクター家の長男ハンニバルと妹ミーシャは生活を送るが、そ
土曜の夜は・・・| 2007/04/24 21:13
公式サイト:http://www.hannibal-rising.jp/ おなじみハンニバル・レクター博士の若かりし頃のお話。 天才で人を食べる嗜好のある彼がどういう経緯でモン
青いblog| 2007/04/24 18:47
監督 : エドワード・ズウィック 出演 : ギャスパー・ウリエル / コン・リー  /
MoonDreamWorks★Fc2| 2007/04/24 00:57
レクター博士誕生ストーリー。 というより復讐劇。
Akira's VOICE| 2007/04/23 16:57
映画「ハンニバル・ライジング」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、ケヴィン・マクキッド、スティーヴン・ウォーターズ、リチャード・ブレイク、ドミニク・ウェスト、チャールズ・マックイ..
映画レビュー トラックバックセンター| 2007/04/23 15:12
                          評価:★4点(満点10点) 2007年 121min 監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエル 、コン・リー 、リス・エヴァンス 、ケ...
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)| 2007/04/23 14:26
《ハンニバル・ライジング》 2007年 イギリス/チェコ/フランス/イタリア映
Diarydiary! | 2007/04/22 20:57
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 悲しき過去が生んだ・・・美しき人食い 
カリスマ映画論| 2007/04/22 18:17
 ハンニバル・レクター、ここに誕生す。
悠雅的生活| 2007/04/22 15:36

コメント

はじめまして。
「ハンニバルライジング」で検索してたら、ここのブログを見つけました。
みなさんがどんな感想をお持ちなのか興味がありましたので、
読ませていただきました。
みなさん一様に、不思議な日本描写には、
やや戸惑い気味ですね(笑)
続編があるのなら、
どんな風になっていくのか、不安・・・いえいえ、楽しみです^^

突然のコメント、ごめんなさい。
またお邪魔させてもらいます。
posted by kuwaURLat 2007/04/26 16:27 [ コメントを修正する ]
Re:無題
はじめまして。ようこそお越しくださいました。

まぁ、最近は生粋の日本人が制作や監督に携わっていても、日本描写にどことなく手抜きみたいなものが見受けると思うんです。
逆に、西洋の方々は、確かに日本人ではありませんから、描写そのものは不完全だし、「これはおかしいダロ」と思うものもあります(『SAYURI』とかそうですね)。でも、日本文化にインスピレーションを働かせて、彼等なりに肉付けしていこうという姿勢は、日本人として嬉しかったりします。

続編は、日本を舞台にするらしいのですが、楽しみですね。

>はじめまして。
>「ハンニバルライジング」で検索してたら、ここのブログを見つけました。
>みなさんがどんな感想をお持ちなのか興味がありましたので、
>読ませていただきました。
>みなさん一様に、不思議な日本描写には、
>やや戸惑い気味ですね(笑)
>続編があるのなら、
>どんな風になっていくのか、不安・・・いえいえ、楽しみです^^
>
>突然のコメント、ごめんなさい。
>またお邪魔させてもらいます。
2007/05/03 08:34

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] バベル | HOME | [東京] 色彩の絨毯>>
忍者ブログ[PR]