忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 05:24 |
[Review] バベル
バベルこの映画を観ている最中、僕は思った。

今まで、何百何千、数多と報道されてきた世界のニュース。そのうち、一体どれだけのものに関心を持っていたのだろう?

2割? 3割? いや、違う。きっと、1割どころか、1%にも達していないだろう。そして、これは報道された中のニュースに限ったことである。報道されないニュースも含めれば、僕がこれまでに関心を寄せたニュースなんて、ほんの一握りだ。
勿論、関心を寄せたところで、何ができるわけではない。一個人の持てる力など、たかだか知れている。全ての問題を解決しようなんておこがましい事は考えていない。でも、「関心を寄せている」と「寄せていない」とでは、大きく異なる。何をするわけでもない。ただ関心を寄せるだけ。それでも、その問題に対する姿勢や考え方は違ってくる。徐々に行動に移そうと考えてくる。結果として、自分の行動がその一端しか担うに過ぎないとしても。

僕は思った。そして打ちのめされた。
如何に、自分が多くの問題に関心を寄せていなかったか。目をそらしていたか。他人事のように考えていたか。
神が傲慢な人間から奪ったのは、何も共通の言葉だけではなかった。そして共通の言葉を奪うことが、神が人間に与えた罰ではなかった。『無関心』。これが、神が人間に与えた最も重い罰。


モロッコにおいて発生した銃撃事件。撃たれたのは、観光中のアメリカ人夫婦。
観光中、アメリカに子供たちを預けた家政婦は、不法就労のメキシコ人。
銃撃事件で使用されたライフルの登録上の所有権は、日本人の会社員。

全ては、独立の事象。繋がっているのは、銃撃事件だけ。それぞれの国のそれぞれの事象に、接点はおろか、関連性すらどこにもない。
しかし、銃撃事件は、単に無関係の事象を繋げるための材料に過ぎない。この映画で表現したかったのは、それぞれの事象の中に介在する、人間が人間であるが故に犯す『過ち』と、それに対する『関心』であると、僕は考える。ひとつの『きっかけ』が、世界中に存在する様々な問題を浮き彫りにさせ、それぞれに関心を寄せることが、この映画の狙いではないだろうか。
その対照的なシーンとして僕が印象に残っているのは、モロッコでの銃撃事件を、日本のニュースで報道されているシーン。中盤で、菊池凛子が扮するチエコが、自宅のリビングで寝そべりながら、ラストの方で、二階堂智が扮するケンジが、酒を飲みながらニュースを見るシーンがある。でも、両者とも、「自分には関係ない、地球の裏側で起こった事件なんて」という目をしている。
勿論それは、地球の裏側で生活する人々にも同じこと。不法就労問題も、未成年の飲酒や危険な遊びの問題も、「自分には関係ない」と思っている。だって、自分たちの生活圏の中で銃撃事件が発生して、重傷者が出たのに、誰も手を差し伸べようとしないから。ただ見てるだけ。巻き込まれるのが怖いから。


確かに、一つ事件をきっかけに繋がる全ての事象を垣間見るのは難しい。しかし、どこかに必ず『因果』があり、『繋がり』がある。たとえ当事者が意識していなくても、見えない『繋がり』が存在するのだ。
重要なのは、僕たちがその繋がりの奥にある事象に、どれだけの関心を抱くか。更に、それらに対して自分に何が出来るか。全てを何とかしようなんて考えない。一人で何とかしようなんて考えない。身近なところであろうと、気の遠くなる距離と時間の関係であろうと、多くの人が、様々な『問題』や『過ち』に対し、関心を抱こうとすることを願わずにはいられない。
勿論、それは僕自身に対しても言えることなのだ。

拍手

PR

2007/04/28 22:39 | Comments(0) | TrackBack(43) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
監督、アレハンドロ=ゴンサレス=イニャリトゥ。脚本・原案、ギジェルモ・アリアガ。
erabu| 2009/02/20 13:33
BABEL 2006年:アメリカ 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、アドリアナ・バラッザ 、エル・ファニング 夫婦の絆を取り戻そうと、モロッコを旅するリ...
mama| 2008/12/25 15:41
バベルはWOWOWで先月の中旬に録画していたのを鑑賞したけども 全体的に悪くは無いし理解は出来るが微妙な感じでスッキリしないね 内容はモロッコ&&の3カ国オムニバスをが繋ぐ感じだけど モロッコは兄弟&被害者の夫婦では被害者夫婦の子供達だったけど はを渡した父
別館ヒガシ日記| 2008/03/31 19:34
バベル監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演者:ブラッド・ピット、 ケイト・ブランシェット、 役所広司、 菊地凛子収録時間:143分レンタル開始日:2007-11-02Story菊地凛子のアカデミー賞助演女優賞ノミネートをはじめ、各国映画祭で話題を集めたヒューマンド...
映画大好き☆| 2008/03/26 00:19
あらすじモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされな...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2008/01/03 22:08
{/kaeru_fine/} ブログのトップページを全文表示から概要表示に変更してみたのですが、 その場合「概要文」ってのを本文と別に書けるようなんですよね。 「概要文」を入力しない場合は本文の書き出し部分が概要文として表示されるようです。 で、スパイダーマン3部作でとりあえず概要文を入力してみたんですけど、 本文の最初の方が書き出しが表示されている方が、なんとなく臨場感(?)があって良いなぁ…と勝手に思う{/face_ase2/}ピロEKです。 なので今後、基本概要文は書かないと決めたピロEK。 …これ...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2007/12/19 22:59
 昨日主人と観に行ってきました。  ちょっとネタバレもありますのでまだの方は御注意を!  それと 菊池凛子さん演じる高校生がクラブで踊るシーンは 光が点滅するシーンが多いので気をつけて!  それが原因だとは思わないのですが途中でお腹が痛くなり 暫し外に...
華待月| 2007/09/23 08:22
解説: モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、言語、人種、国などを超え、完成度の高い物語を作り上げた。名だたる実力派俳優たちが名演を見せる中、孤独な少女を演じ、海外のさまざまな賞に名前を連ねる菊地凛子の存在感のある演技に、目がくぎ付けになる。 [ もっと詳しく ] (シネマトゥデイ) 原...
サーカスな日々| 2007/09/23 03:55
 『私たちは、いまだ、つながることができずにいる―。 届け、心。』  コチラの「バベル」は、旧約聖書の"バベルの塔"をモチーフに、モロッコで放たれた一発の銃弾が世界中に影響を及ぼす様を描いている4/28公開になったPG-12指定のヒューマン・ドラマなのですが、早速...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/09/22 00:21
 公開前はいろいろな意味で評判だったけれど、いざふたを開けると反応は微妙な映画、バベルを見てきました。
よしなしごと| 2007/06/09 23:27
4月27日(金)◆424日目◆ 最初に言う。 点数は10点満点、いや、それ以上である! アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの最高傑作!! 映画とは世界を見ることだ。 それをイニャリトゥは、 『アモーレス・ペロス』、『21g』の脚本家ギジェルモ・アリアガと 『ブロークバック・マウンテン』の撮影監督ロドリゴ・ブリエトによる世界最高峰の撮影技術で まとめあげた。 この映画をわかりやすく言うと以下の4つになる。 (1)モロッコ映画『ガンズ・アンド・チルドレン』 ...
          | 2007/05/26 06:34
公開中の映画「バベル」を観賞。監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。出演はブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、アドリアナ・バラッザ、菊地凛子、エル・ファニングほか。仲たがいしていたアメリカ人夫婦のリチャードと
やまたくの音吐朗々Diary| 2007/05/20 09:26
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、役所広司、菊地凛子、二階堂智、ガエル・ガルシア・ベルナル、アドリアナ・バラーザ 評価:71点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットと菊....
デコ親父はいつも減量中| 2007/05/19 19:11
色々な要素を詰め込み過ぎている感じがしました。背景としてそれぞれのエピソードが繋がっているのは良いとしても、1つの映画にまとめるのは少々無理があった様に思います。チエコに関しては、聾唖であり母親が自殺したにしても、ちょっと行動が極端すぎてしっくりこない。この映画のテーマの1つである“言葉の壁”は国際的な言語という意味だけにとどめても良かったんじゃないかと思います。また言葉の壁よりも、国家間の社会的な壁というものの方が印象的でした。
Tokyo Sea Side| 2007/05/18 22:27
'07.05.09 『バベル』@日比谷スカラ座 「モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦。バスで移動中、ヤギ飼の少年兄弟が戯れに撃った銃弾が妻に当たってしまう。銃の持ち主の娘で聾唖の女子高生チエコは孤独をつのらせていた・・・」という話で、アメリカ人夫婦の2人の子供とメキ...
・*・ etoile ・*・| 2007/05/18 01:46
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。
ひらりん的映画ブログ| 2007/05/16 04:23
≪ストーリー≫ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない村の住人たち、対応が遅いアメリカ政府に苛立ちを露わにするが…。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコは、満たされない日々にいら立ちを感じていた…。(goo映画より) 「アモーレス・ペロス」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督ら...
ナマケモノの穴| 2007/05/15 22:05
バベル 原題: Babel (2006) 2007年4月28日 日本初公開 公式サイト: http://babel.gyao.jp/ 新宿バルト9 スクリーン5 I-20 2007年5月7日(月)16時の回(シネマチエ) ゴウ先生総合評価: A   画質(ビスタ): A/A-   音質(SRD?): A   英語学習用教材度: C
映画と本と音楽にあふれた英語塾| 2007/05/12 17:38
壊れかけた夫婦の絆を取り戻すため、リチャードは、妻スーザンを誘い、モロッコを旅します。その旅の途中、バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜いてしまいます。なんとか医者のいる村までたどり着きますが、応急処置しかできません。リチャードは
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~| 2007/05/10 22:53
存在感という面では、菊池凛子が一番でした。 この映画は、コメントするのが難しいなー。 ひとつひとつのエピソードは、 そんなに難解でもなくて、 episode1:「兄弟同士の腕自慢」 episode2:「医者はどこだ!」 episode3:「今日は息子の結婚式」 episode4...
長谷川| 2007/05/09 23:46
「バベル」★★★★ ブラッド・ピット、菊地凜子ほか出演 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 監督 神話の世界で神に近づこうとした人間は 別々の言葉を与えられ世界に放たれた。 同じ地球上の別々の場所で 人はそれぞれ同じ時間を過ごしている。 ...
soramove| 2007/05/09 21:39
三連休中日。 金曜の一回目が1000円で見られる箕面のシネコンまで「バベル」を見に来たけど、列が外まで続いている。昨日は10時半の回に間に合うかなぁと思ったが、発券されたのは10時22分。 GW期間というせいもあるけど、それに「スパイダーマン3」人気であの長蛇になった...
せんちゃんのメガ・バトル日記 Destiny| 2007/05/09 12:52
この超話題作を観ようと思った最初の動機は、ズバリ、エル・ファニングが出ているから!どれだけ成長してきたかスクリーンで確かめたいものです。
八ちゃんの日常空間| 2007/05/08 23:57
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランジェット 菊地凛子     製作:2006年 米 公式HP 試写会第10弾は、待ちに待ったバベルです♪ 「プレミア」試写会という事で、特典映像付きですよ。 ...
Cold in Summer| 2007/05/07 17:21
映画「バベル」・・・言葉の壁・心の壁 見終わった瞬間・・・むむむ、と思いました。 でも、しばらくすると、映画の一場面一場面思い出し、 その意味を考え直す、噛めば噛むほど味わいのある作品です。 モロッコ、アメリカ−メキシコ、そして東京を舞台に、 物語が同...
システムエンジニアの晴耕雨読| 2007/05/06 03:00
こんばんは   とうとうGWもあと1日となってしまいましたね(:_;)   今日は日本人女優、菊地凛子さんがアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことでも有名な映画「バベル」を見に行きました。   (ストーリー) モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード
have a heart to heart talk| 2007/05/06 02:31
原題:Babel 我々は十分賢くなったので、"塔を建て、天に届かせよう・・・"、そして主は町と塔を見て、言われた"彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう"・・・ アフリカ(モロッコ)、アメリカ(ロス、メキシコ)そしてアジア(東京)の3
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~| 2007/05/05 01:56
バブル崩れど バベル健在   そう言えば「バブルへGO!!」という映画がありましたが、このコーナーは、それや映画「バベル」の感想レビューではございません。「バベル」の映画レビューはこちら でございます。  で、ここでは「バベル」を観たことで思い出したるバベ
空想俳人日記| 2007/05/04 17:55
「バベル」公式サイト 「バベル」という言葉は、時々、耳にするけど、詳しいことはよく知らない。 なんでも、旧約聖書、創世記11章に登場する街の名前なんだそうだ。 バベルに住む人々は言葉と価値観を共有し、大地の呼吸に耳を澄まし、神を崇めて暮らしていた。平和な至..
CURIOUS MAMA の レビュー&エッセイ| 2007/05/02 14:18
    ★公式サイト   ・モロッコの山道を走る観光バスの中で、    アメリカ人夫婦の妻に銃弾が命中する。   ・それは、その土地で暮らす羊飼いの少年が    試し撃ちに放った一発だった。   ・夫婦の幼い子供達は、家でベビーシッターが    
小さな心の旅| 2007/05/02 14:17
バベルの塔 築く狸の 皮算用   この映画「面白いの?」と問われれば「面白くない」と応えてしまう。「ふうん」。そうじゃないんだ、そういうことじゃないんだ、それだけのことじゃないんだ。そう心の中が焦っている、続きを言わねば、それで終わってしまう。でも、
空想俳人日記| 2007/05/02 11:58
「バベル」を観てきました〜♪ モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦、リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。バスで砂漠を移動中、何者かに突然狙撃される。同じ頃、東京に住む聾唖の女子高生チエコ(菊池凛子)は、満たされない日常に尖った日々を過ごしていた・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、言葉が通じるかも!?
観たよ〜ん〜| 2007/05/02 07:02
繋がらない心。繋がる思い。
悠雅的生活| 2007/05/02 00:16
あんまり気が進まなかったんですが。「バベル」見ました。 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦の
○o。1日いっぽん映画三昧。o ○| 2007/05/01 13:30
監督 : アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 : ブラッド・ピット  /ケ
MoonDreamWorks★Fc2| 2007/05/01 11:40
それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来な....
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2007/04/30 23:23
2007年31本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「アモーレス・ペロス」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに描き出す衝撃のヒューマン・ドラマ。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、そ...
しょうちゃんの映画ブログ| 2007/04/30 09:59
映画「バベル」に関するトラックバックを募集しています。
映画専用トラックバックセンター| 2007/04/30 09:58
映画「バベル」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、アドリアナ・バラッザ、エル・ファニング、二階堂智、他 *監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニ..
映画レビュー トラックバックセンター| 2007/04/30 09:52
  『BABEL』   神は、人を、分けた。   初めは役所広司×ブラット・ピットの競演みたいな感じで宣伝されてましたよね。 その内、役所広司の娘役が菊池凛子で当時キムタクとCM競演していた・・・、と思ったら菊池凛子がアカデミー助演女優賞にノミネートされ
唐揚げ大好き!| 2007/04/30 06:44
言葉が通じないから分かりあえない、言葉が通じても、理解しあえない。けれど、それを繋ぐのが「愛」なのだと、静かに、強く、心に伝わる映画だった。俯瞰の視点で世界はひとつと感じられた。人もまた「愛」によって繋がることができると。そして、どんなに相手に伝えよう...
こぶたのベイブウ映画日記| 2007/04/29 17:30
 まぎれもない佳作ですし、非常に印象に残る作品でしたが、見終ったあとなんとなく煮え切らないものが残りました。  自分にとって今年最大の期待作だっただけに、どこと
シネクリシェ| 2007/04/29 16:18
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。
Akira's VOICE| 2007/04/29 11:07

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] スパイダーマン3 | HOME | [Review] ハンニバル・ライジング>>
忍者ブログ[PR]