忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/24 05:44 |
[Review] ハリー・ポッターと秘密の部屋

ハリー・ポッターと秘密の部屋『ハリーポッター』シリーズの2作目。
かつてホグワーツ魔法魔術学校を創設した偉大な魔法使いのうち、異端となった者が学校を追放される前に作り上げた、『秘密の部屋』を巡るミステリー。
次々と学校内で起こる怪奇現象を前に、噂される『秘密の部屋』の継承者。一体、『秘密の部屋』とは? 継承者とは一体何なのか? そして、『秘密の部屋』を開けることのできる者は、一体誰?


第1作は、あくまでそれぞれのキャラクターの自己紹介的な内容であったに対し、2作目はそのキャラクターの役割が、前作に比べてはっきりと表れていましたので、キャラクター一人一人丁寧に追う事が出来ました。魔法に対しても、前作に比べ慣れや理解度が深まり、それこそ、「正に魔法ファンタジー!」とも言えるように、どのキャラクターもふんだんに魔法を使っています。
勿論、前作はまだまだ学校に入りたての1年生。純血の魔法使いであっても、最初かた魔法を使い慣らすわけにはいかないはず。RPGなんかでも、徐々に魔法や技を使い慣らせてきた時が一番面白く感じますが、2作目は、きっとそういう位置づけなのでしょう。
あくまで、僕個人の感想ですが。

が。
実のところを言うと、この2作目は、あんまり印象深くないんですよ。色々なところに事件が飛び火するように展開しているからか、初見、もしくは2回目の鑑賞では、点と点を線でつなげるには結構ひと苦労なところがあります。
最後の最後で、事件の黒幕が出てきて、今まで拡散していた点が一つにまとまるのかと思いきや、まあ、確かにまとまりはしたものの、説明的に終わっているし、しかもその結末が何だか変な方向にずれては、まるで花火のように四散してしまった感じがして……

点在している事件の数々を追うのがちょっと厄介と感じつつも、「『秘密の部屋』を開ける者を探れ!」という、途中までのある意味真犯人を探し出す探偵的な要素が、魔法を交えて非常に面白く描かれていただけに、クライマックスの展開は個人的には不評でした。
そして、ラスボスを撃破するにしても、やっぱり何だか技っぽい。いっそのこと、今後もそれで通しちゃってもいいんじゃね? と思ってしまうくらい(完全否定するわけではありませんが、折角のファンタジーなんですから、魔法ファンタジーっぽいラスボスとの対峙を期待してしまうわけです)。



この映画の敢闘賞は、やはり何といっても『嘆きのマートル』でしょう!
やはり、トイレの花子さん的な存在は、洋の東西を問わず、どこでもいっしょなんですね(笑)

拍手

PR

2004/11/12 11:33 | Comments(0) | TrackBack(4) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
ドビーめは警告しに参りました。
Addict allcinema 映画レビュー| 2009/07/11 09:46
 改めましてこんばんわっ!miyuです♪って、ちょっとオールナイトニッポン風に始めてみたのですが、コレってよく真似して遊びませんでしたか?  年代によって誰のオールナイトニッポンをよく聞いていたかってのは違うと思うけど、コレ一回やってみたかったのですよねぇ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/03/21 20:35
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』を観ました全世界で大ヒットを記録したファンタジー映画『ハリ−・ポッタ−と賢者の石』の続編。待望のシリーズ第2弾ですちょっとオトナになったハリ−達の新学期、ホグワ−ツの暗い過去を知る危険な冒険がイッパイのファンタジー映画で...
おきらく楽天 映画生活| 2007/07/26 22:13
現在公開中の「不死鳥の騎士団」を見る前に前作を全部見てしまおう、ということで、見ました。『ハリー・ポッター』シリーズ第二作目「秘密の部屋」。
Coffee, Cigarettes & Music| 2007/07/23 09:07

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] HERO | HOME | [Review] マイノリティ・リポート>>
忍者ブログ[PR]