忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/21 17:41 |
[Review] スパイダーマン2
スパイダーマン2言わずと知れた、マンハッタンを駆け巡る超人ヒーロー『スパイダーマン』の第2弾。
前作同様、特殊なVFXや視覚効果を使って、縦横無尽にニューヨークの大都市を駆け巡り、超人的な力で悪を倒していくシーンが主なのかな、と思いきや。今作はそれ以上に、自分が背負った力と運命に翻弄され、一人の『ヒーロー』ではなく、一人の『人間』として苦悩するシーンが描写されています。バリバリの超人ヒーローそのものだと、何かと近寄り難い空気を醸し出していますが、その当の本人が、普通の『人間』として、普通に願い、悩んでいる姿を見ると、ご町内の平和のために一心不乱で努力している顔の裏側で、非常に近しい感覚を覚えます。


「大いなる力を得れば、それだけの責任を負わなければならない」というのは、正しく前作の象徴。
それが、自分が敬愛する叔父の言葉故、彼は『スパイダーマン』として生きることを決意した。
自分の身の回りにありふれる、『普通の幸せ』を犠牲にしても。

でも、彼もやはり一人の人間。必ずどこかしらで解れが生じる。結果として一時期普通の人間に戻るが、周囲が引き戻す。「お前はこの運命から逃れることはできない」と呪詛を唱えるがごとく。
自分が得た力の責任と、身の回りに転がっている普通の幸せ。でも、もしそれを両方ともきちんと理解してくれる人がいたら     
ヒーローであるが故の、いや、別にヒーローでなくても、己の孤独と己の願いを理解してくれる人が身近にいると、それだけで、その人にとって非常に大きな力となるのでしょう。


画面いっぱいの大迫力よりも、人として皆平等に得られるべき『幸せ』を表面に出す映画として、ところどころで感動や幸せに充満したシーンが散りばめられています。
前作同様、ただのヒーロー映画で終わらせないところが、この映画の魅力であり、観る人に対するメッセージを投げかけれいてるのだと思います。

拍手

PR

2006/05/09 11:09 | Comments(0) | TrackBack(3) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
 いよいよ5/1に最新作の「スパイダーマン3」が世界最速で公開されちゃいますねぇ〜♪ってなワケで、前作の「スパイダーマン2」がTV放映されたのですが、1作目は5/6に放送されるみたいですね。  局が違いますし、しょうがないのかもしれませんが、どうせだったら順番に放...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/12/21 21:10
映画「スパイダーマン2」に関するトラックバックを募集しています。
映画専用トラックバックセンター| 2007/04/05 01:01
製作年度 2004年 上映時間 127分 監督 サム・ライミ 出演 トビー・マグワイア 、キルステン・ダンスト 、アルフレッド・モリナ 、ジェームズ・フランコ 、ローズマリー・ハリス 、J・K・シモンズ 大ヒット記録を樹立した前作から2年。 前作で、スパイダ...
スーパーヅカン| 2007/01/27 22:48

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] 戦場のアリア | HOME | [青森] みちのくの春>>
忍者ブログ[PR]