忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/26 15:52 |
[Review] ザスーラ
ザスーラ個人的に、この冬一番の楽しめる映画だと思います。とにかく、全編にかけて面白かった!!


プレイヤーが出た数字の目の通り進むボードゲーム、というのは、通常のボードゲームの設定通り。それが現実となって具現化されるのは、10年前に公開された『ジュマンジ』では地球上での出来事を、今度は宇宙で繰り広げられる。
しかも、(海外のボードゲームはよく分かりませんが)通常ボードゲームは、盤面に指示の内容が書いてあるもの。『ザスーラ』ではスロットから出てくるカードに指示内容が書かれてあるから、カードが出てくるまで本当に何が起こるか分からない。正にパルプンテの真骨頂!(意味分かりません)

宇宙空間を舞台にしているので、次々と訪れるアクシデントのスケールの大きさがでかすぎます。そんな中を、たった一軒のホツンとした家屋と、二人の幼い兄弟が乗り越えていくんだからスゴイ。
ある程度、『ありえない展開』というのは予想していたのですが、それを大きく上回る出来事の数々に、笑わずにいられませんでした。
流星雨が降ったり、超重力の星の接近したり。突然飛行士が訪れたかと思ったら、ロボットが巨大化したり部屋が凍結したり。あまつさえ巨大宇宙船の侵略。そのハチャメチャ度は、最後が容易に想像つくことを補って余りあるものでした。


そして、色々な試練を乗り越える度に、太く頑丈につながれる兄弟の絆。
弟を見下す兄と、構ってくれない兄にヤキモキする弟。ゲームをしたての頃は、普通の人間の考えよろしく、「何で僕がこんな目に」と思い、互いに互いの所為にしながらゲームを進めていきますが、やっぱり、こういう身の毛もよだつほどの局面に差し迫られれば、団結して問題解決していくものです。
特に最後は、割と心温まる展開が待っていました。

兄弟喧嘩が絶えないお子さんをお持ちの、悩めるご両親には、是非、お子さんを連れて観ていただきたい映画です。面白さ満載の内容と、兄弟の大切さが一緒に分かる、そんな映画だと思います。

拍手

PR

2006/01/06 23:53 | Comments(0) | TrackBack(1) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
ZATHURA 2005年:アメリカ 原作:クリス・ヴァン・オールズバーグ 監督:ジョン・ファブロー 出演:ジョシュ・ハッチャーソン、ジョナ・ボボ、ティム・ロビンス、ダックス・シェパード 兄のウォルターと弟のダニーは、いつもケンカばかり。ある日ダニーは、ウォルタ...
mama| 2008/08/22 13:13

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] Mr.&Mrs. Smith | HOME | [Review] キング・コング>>
忍者ブログ[PR]