忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/25 15:45 |
[Review] サイレントノイズ
サイレントノイズ【Electronic Voice Phenomena】

通称EVP。日本語名では電磁音声伝達現象。
近代的な電子機器が発する静電磁波を媒体として、死者が生者に音声やイメージを伝達する現象。



トーマス・エジソンは、霊界との交信の手段を見出すために、通信手段となりうる装置の開発に日夜明け暮れていた。時を越えて、全世界に散らばるAV機器から死者のメッセージを受信したという報告が相次ぐ。単なる幻聴か、それとも本当に死者からのメッセージなのか。

「死んだ大切な人の顔を、姿を、もう一度見たい。もう一度その声を聴きたい。」

その願いを叶えようと、EVPに手を染め始めた時、彼は予想だにしなかっただろう。決して、元に戻れぬ道である、ということに。生きる者として決して踏み込んではならない領域に足を踏み入れた時、その行く末は、一体どこへ行くのだろうか……


ミステリーとホラーをミックスさせた物語。
の、つもりだったんでしょうけれど、ミステリーにもホラーにも、どちらにも徹しきれなかった作品です。ぬるめの『世にも奇妙な物語』に、ぬるめのミステリーを混入させた、という感じでしょうか。
愛する伴侶が死に、その声を聴きたい、姿を見たいと強く思うあまり、取り憑かれるようにEVPを始める。伴侶の声を聴く事が出来つつも、その裏で奇妙な出来事が、まるで導かれるように折り重なる。
それを探っていく過程は、わりとハラハラとしつつも、ラストシーンは微妙に消沈気味…… 話の成り行き上と捉えられなくもありませんが、この部分は逆にミステリー色を強く出して欲しかったように思います。ホラー映画主体の映画であるにせよ。

ホラー好きだけど、強烈且つ濃厚な映画はちょっと苦手、という人にはいいかもしれませんが、あまり納得できる形でミステリーを交えているわけではありませんので、ご注意を。

拍手

PR

2006/09/28 00:22 | Comments(0) | TrackBack(5) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
サスペンス映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。以前から「EVP」が気になっていた作品「サイレントノイズ」観ました。 あらすじ:建築家のジョナサンは妻アンナと前妻の子供マイケルと3人で幸せな日々を送っていた。そんなある日、アンナが行方不明となってしまう。途方に暮れるジョナサンの前に、謎の男レイモ
ホラー映画って呪怨が怖いの?| 2008/01/27 00:51
2005年製作のアメリカ・カナダ・イギリス映画。 全米初登場2位、興行成績$56,386,759。 『バットマン』のマイケル・キートン主演のサスペンススリラー。突然愛する妻を交通事故で失ったジョナサンに、謎の男がEVP(電磁音声伝達現象)に録音された妻の声を聞いたと告げる。以来、EVPに関った人々の不可解な殺人事件や怪奇現象が続発し…。 EVP(電磁音声伝達現象)なんて言われても、<b>大槻教授並に現実主義を自覚している自分</b>にとってはまるで信じることの出...
シネマ通知表| 2007/11/27 09:54
監督 ジェフリー・サックス 主演 マイケル・キートン 2005年 カナダ/イギリス/アメリカ映画 101分 ホラー 採点★★★ 宅録でデモテープなんか作っていると、時折奇妙な声や音が入ってることがあるんですよねぇ。まぁ大概は使い古しのテープを使ったために、以前録音したも..
Subterranean サブタレイニアン| 2007/05/23 20:17
アメリカ発心霊映画「サイレントノイズ」です。心霊物は胎教に良くないんだけど…まいっか。 建築家のジョナサンを襲った、妻
○o。1日いっぽん映画三昧。o ○| 2007/04/24 10:44
「ザ・フォッグ」に続く ”天六ファンタティック映画祭?第2弾!” マイケル・キートン主演 「サイレント・ノイズ」 再婚相手の妻が 自動車事故で行方不明? 亡くなったのか? 事故なのか?殺人なのか? ミステリー&スリラーで 始まるこの作品。 死者の声が聞こえる EVP(電磁音声伝達現象)から 妻の声が・・・ 妻は何かを伝えようとしている 助けなのか? 多々の要素を散りばめて 話は展開していくが 展開するに連れて 観客の感情を「サイレント」状態に させられてしまった。 何の為に、主人公が 行動し...
bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ| 2006/10/15 01:48

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] X-MEN:ファイナル ディシジョン | HOME | 変化のチカラ>>
忍者ブログ[PR]