忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/25 06:19 |
[Review] コラテラル

コラテラル普段通りの、真夜中のロサンゼルス。客を乗せては降ろし、乗せては降ろしの繰り返し。退屈だと思いながらも、同時に「これでいい」と妥協している自分がいる。変わらない日常を、敢えて変える必要は無い。自分の夢を、自分の目標を、上っ面の口上のように垂れながら。まるで自分への言い訳だ。
そんな運命が突然変わることを、一体誰が信じる? もう夢を叶えるような年じゃあ無い。ましてや、夢を見るような年なんて。そもそも自分の運命なんて、こんなもんだと思っていた矢先だ。しかもそれが、殺し屋によるものだなんて。そしてその殺し屋に、『運命が変わる』ことについて講釈垂れられたなんて、誰が信じる? 誰も信じやしない。

だがそれでも、俺は変わった。上っ面なんてほとんど変わっちゃいないが、自分の手に染まる血が、否応無くそう感じさせる。ほんの数時間前の俺から見れば、全くもって予想だにしないことだ。
今までの俺は、所詮『逃げ』だ。口上だけ饒舌になって、一度たりとも行動に移したりしやしない。一日数回の南国の写真の癒しだって、所詮それは逃避行に過ぎない。だってそうだろう? 所詮癒しは5分間。その後は反吐を吐くぐらいの現実の数々だ。特に誰にも無関心のこの街じゃ、もう吐き捨てる場所なんて、どこにも無いがな。
逃げて逃げて、逃げ遂せて。最終的にどこにたどり着く。どこにもたどり着けやしない。だったら何で自分はこっちに逃げる? 楽だからだ。何も考えなくていいから。ローリスク・ローリターン。所詮は変化なしという麻薬付けの毎日さ。

俺は奴のようになりたかったのかもしれない。決して殺し屋になりたい、だなんて思っちゃいないが。
だがそれでも、奴がいなければ、俺は次の日も、その次の日も、単に客に自分の口上を垂れて、無駄な逃避行に時間を潰していたんだろうな。奴が殺した人間なんて、俺にとっては所詮新聞の一面を飾る記事に過ぎない。次の日になっていれば、頭の片隅にすら残っていないだろう。
所詮、それは奴も同じだ。奴にとって、殺しはビジネスだ。人を殺せば金が貰える。奴にとって人の命なんて、その程度の価値しかない。

言うなれば、方向性は違えど、奴も俺と同じ穴の狢。
奴はイカれた野郎という以外、自分というものに麻痺している上では俺と同じだ。
そんな奴が、俺に説教を垂れる。そこで何故俺を選んだんだろう?

俺以上に金に貪欲で、人殺しだろうが何だろうが、他人のことに口出しなんてしない奴だっている。そいつに頼めば、スムーズに行けただろうに。
よりにもよって、俺とはな。
まあ、だからこそ、俺も『自分から運命を変える』ということを、身に沁みて知ることが出来たわけだが。


所詮、世界に生きる人間は皆、One of Themだ。誰も彼も主役になんてなりえない。
思うのは勝手だ
そう。思うのは勝手だが、思うだけと、行動に移す奴とは、やっぱり違う。

奴は自分には鈍感だが、他人には敏感だった。
何も行動しない俺を、ただの哀れみの眼でしか観なかった。「所詮こいつも、One of Themか」と。
他人にかまけてる殺し屋なんて、殺し屋失格じゃないのか?
まあ、今となっちゃどうでもいいことだ。
俺は奴が嫌いだったが、それでも感謝はしているんだぜ?

こんな俺に対してでも、「口上垂れる暇があったら行動に移せ!」と背中を押してくれたのは、奴だったんだからな。

拍手

PR

2004/11/23 20:38 | Comments(0) | TrackBack(2) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
 コチラの「コラテラル」は、トム・クルーズが珍しく悪役で主役っつ〜クライム・サスペンスです。監督は、「マイアミ・バイス」、「パブリック・エネミーズ」のマイケル・マン監督。  共演は、ジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット=スミス、そしてナニゲにカッ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2010/07/10 21:04
物語の舞台は夜のロサンゼルス。タクシードライバーのマックスは、空港で拾ったヴィンセントと名乗るビジネスマンから多額のチップと引き替えに“一晩の専属運転手”を依頼される。…しかし、ヴィンセントの最初の目的地で、事件は起こった。彼がとある建物に消えてから数分....
スーパーヅカン| 2006/10/21 02:32

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] スパイダーマン | HOME | 子どもが欲しがるオトナの持ち物>>
忍者ブログ[PR]