忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/25 16:39 |
[Review] グッド・シェパード
グッド・シェパードこの世界から足を洗え。
 人の心を失う前に     



Central Intelligence Agency。アメリカ合衆国の諜報機関。
国家情報長官によって統括され、アメリカ合衆国の国策遂行の為に、情報収集・対外工作を行う機関。
CIAを取り扱う、もしくは直接・間接的にCIAがかかわる映画は、これまでにも多数存在する。そのうちの多くがスパイ映画やアクション映画だ。作戦を確実に遂行させる為に、己の頭脳と体力を存分に活用し、手にした武器で敵と戦う。正義が勝ち、悪が滅びるというお決まりの構成は、もはやアクション映画の常套手段とも言えるだろう。
だが、その姿は決して本当ではない。『諜報機関』という名前からして格好いい印象を受けるが、事実それらの仕事振りは、正に泥臭い。『諜報』という仕事は、決して「誰かを幸せにする」類の仕事ではない。ましてや、「これ以上不幸にならない」ようにする仕事ですらない。自分達が優位に立つ為、その為に時には人を不幸に陥れる、汚れた仕事なのだ。たとえそれが、未来の行く先に多くの人を救うようなことに繋がっていても、決して気持ちいいものではない。確実に自分を含めた『誰か』を『不幸』にするのだから。


決して誰も信用するな     

『諜報』という仕事は、自分の手が汚れても決して厭わない、心を凍らせた、もしくは心を失った人間でないとできない仕事なのかもしれない。
自分はいつ危険な目に遭うか分からないから。明日、いや、数時間後には死ぬかもしれないから。自分達の業績で得た甘い汁をすすっている、『表』の人間がいるというのに。
ましてや、その傍らに、自分の身を引き換えにしても守りたい大切な存在があれば、尚更だ。


現在、漫画家・きたがわ翔氏が角川書店の漫画雑誌『コミックチャージ』で、『デス・スウィーパー』を連載している。直訳すれば、『死の清掃人』。つまり、『死体処理請負人(会社)』というものだ。
死体の処理を請け負う仕事が存在するというのは、以前より知っていた。しかし、それを題材とした漫画というのは、どの世界をみてもこの作品以外にないだろう。少なくとも日本国内では。人知れず自殺を図ったり、孤独死を遂げた後の惨状を生々しく描くことで、現代社会が、とりわけ『格差』が生んだ軋轢や、有史以来持ち続けている差別、そして、その裏で文字通り『手を汚す仕事』を請け負っている人がいる、ということを、生々しく描いている。

『グッド・シェパード』を観賞している最中、その漫画を思い出した。今、目に見える、眼球に飛び込んでいる情報は、決して全てではない。その裏で、普通の人は決して手を出したくないと思うような『仕事』に携わっている人もいる。
でも、その人たちは、最初から心の凍りついた人、心を失った人たちではない。そうせざるを得ないのだ。自分の意思でその『仕事』を選んでしまったからには。


この作品はフィクションであるが、当時の真実を忠実に描いているという。
CIAの誕生は、功績なのか、それとも罪なのか。冷酷なまでに淡々と描かれている『グッド・シェパード』は、鑑賞者にそう問い掛けているように思える。

拍手

PR

2007/10/20 23:36 | Comments(1) | TrackBack(28) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
いくつ愛を失くせば、この国を守れるのか。
Addict allcinema 映画レビュー| 2009/03/17 00:38
あらすじ1961年、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗しCIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く・・・。感想...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/02/08 19:38
『グッド・シェパード』を観ましたCIAの誕生をめぐり、1人の男が運命に翻弄されていく様を描いた壮大な人間ドラマです>>『グッド・シェパード』関連原題: THEGOODSHEPHERDジャンル: ドラマ/サスペンス製作年・製作国: 2006年・アメリカ上映時間: 167分監督・製作...
おきらく楽天 映画生活| 2008/11/30 21:40
{/kaeru_fine/} 先日、嫁さんが急に言い出したのですが… 芋洗坂係長って、うちの嫁さんと高校の同級生らしいのです{/hiyob_hat/} 芋洗坂係長がTV{/tv/}によく出てくるようになって結構経ちますが、今まで全然気がつかなかったらしいです{/face_ase1/} 他にも同じ高校の友人は何人かいるので、それぞれにメールで確認したところ、皆さん、口を揃えて言うことに「当時の面影は全く無い」とのこと{/face_ase1/} 別のコメントでは「女の子にモテそうなカッコイイ男子だった」てな...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2008/08/10 23:12
CIAの誕生をめぐり、1人の男が運命に翻弄(ほんろう)されていく様を描いた壮大な人間ドラマ。『ブロンクス物語/愛につつまれた街』以来13年ぶりにメガホンを取ったロバート・デ・ニーロが、監督、製作、出演の3役をこなす。主演の諜報部員役にマット・デイモン、その妻役にアンジェリーナ・ジョリーがふんする。これまであまり描かれることのなかったCIAメンバーの、1人の人間としての苦悩が胸に突き刺さる。[もっと詳しく] 孤独な職人のような、エドワードが負わされているもの。 「闇の世界権力」といった陰謀論を少しでも齧...
サーカスな日々| 2008/05/30 15:59
    この男がいたからCIAは生まれた。   創設当初はわずか17、8人でスタートし、いまや2万9千人を擁するまでに成長した、世界最高の諜報機関であるCIA   正確な時代考証に基づき、CIA誕生秘話と冷戦時代のスパイ活動にまつわる興味深い史実を単なる再現の域を越え歴史の裏側の真実に光を当てながら、壮大なスケールの格調高い人間ドラマとして描かれている。   「ブロンクス物語/愛につつまれた街」以来13年ぶりにメガホンを執ったロバート・デ・ニーロ監督...
銅版画制作の日々| 2007/12/23 00:58
マット・デイモン主演のCIAもの。 といっても、第二次大戦の戦中・戦後のCIA創成期のお話。 監督は名優ロバート・デ・ニーロ。
ひらりん的映画ブログ| 2007/11/22 02:48
 静謐な映像の中にも緊迫感をたたえた、予想以上の佳作でした。  2時間半を超える長尺の作品ですが、まったく冗漫さを感じさせません。  静かなるハードボイルドとでもいうべき作品でしょうか。  『ゴッドフ
シネクリシェ| 2007/11/11 09:46
”グッド・シェパード”を観た。 面白かった。 国を愛するエドワード。諜報部員として家族を犠牲にしてまでも、国家のために暗躍する。愛国心なのか愛国心の名を借りた自己愛なのか。無表情で、無口なウィルソン。口には出さないが苦悩が現れていた。しかしその苦悩も全て..
映画趣味| 2007/11/03 23:54
3時間弱というとても長い映画なのですが、そんなことはまったく、気になりませんでした。引き込まれっぱなし、注目しまくりです。
今日感| 2007/10/31 19:25
「グッド・シェパード」★★★マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー主演 ロバート・デ・ニーロ監督、2006年、アメリカ どうしてこの映画をデニーロは作りたかったんだろう、 玄人っぽい出来を見せたかったのか、 意図するところは分からないが、 地味な...
soramove| 2007/10/30 21:11
人気ブログランキングの順位は? CIA誕生にすべてを捧げ 闇の中へ <家族>と<組織>の間で キューバ危機から冷たい戦争へ いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2007/10/28 23:09
 『いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。』  コチラの「グッド・シェパード」は、名優ロバート・デ・ニーロの監督2作目となる"CIA誕生にすべてを捧げた男の物語"で、10/20公開となっていたサスペンス・ドラマなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  製作総指揮...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/10/28 21:13
 アメリカ  ドラマ&サスペンス  監督:ロバート・デ・ニーロ  出演:マット・デイモン      アンジェリーナ・ジョリー      アレック・ボールドウィン      ロバート・デ・ニーロ 【物語】 第二次大戦間近のアメリカ。イエール大学に通うエドワ...
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽| 2007/10/28 00:12
F・F・コッポラ製作でロバート・デ・ニーロ監督作の「グッド・シェパード(原題:
Wilderlandwandar| 2007/10/27 13:02
▼最近、暇も、金も、そして、近場に混まない映画館もあるものだから、何の予備知識もなく映画を観に行く。 ロバート・デ・ニーロ監督作の『グッド・シェパード』だ。 デ・ニーロは、私くらいの年齢だと、なんともカリスマを感じる役者なのだが、最近は、どうも活躍がおとなしい。 チケットを買って、すんなりと、いつものMOVIX昭島の館内へ。 開館二十周年記念だそうで、本日は1000円均一でした。       (主演は、マット・デイモン) とても、傑作でした。 これは、「完成度の高いコッポラ作品だ!」と私は思った。 ...
ミッドナイト・蘭の「元祖・天才バカ板!」| 2007/10/27 09:37
今日から公開のグッド・シェパード けっこう楽しみにしてたので朝1番で観に行きました。 CIA誕生までの話です。 家族を犠牲にし、アメリカに尽くした男の話です。 しか~し!長い、長すぎる。10時40分から観始めて終わったのが13時30分。 ストーリーが前後するので、わかりにくいし、最初に名前と顔をしっかり頭に叩き込んでおかないと、わけがわからなくなります。 全体的に暗い雰囲気でヤマ場がありません。 重い気持ちになる映画でした。 評価:★★☆☆☆
AL+ViのわんわんLIFE| 2007/10/25 21:13
いくつの愛を失くせば、この国を守れるのか。 1961年、キューバのカストロ政権転覆を目論んだピッグス湾侵攻作戦がCIA内部の情報漏れで失敗し、指揮をとったベテラン諜報員エドワード・ウィルソンは窮地に立たされる。第二次世界大戦前夜、イェール大学在学中に秘密結社ス...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ| 2007/10/25 16:12
諜報員になるためには・・・・ まず、喋りと声のデカイ人間は、お呼びでないね!m(u_u)m うわぁコレ、どぉ〜なんかなぁ? 予告入れると3時間もあった長尺の映画なんですが。 その割には、メチャクチャ退屈ということもなかったけれど・・・・・と言いつつ、ものスゴイ面白いとも言いにくいかなぁ。 ・・・ってどっちやねん(・_;☆\(−_−) タイトルの『グッド・シェパード』とは、聖書にある「良き羊飼い」の意。 とにかく、登場人物が多いです! しかも!同じような髪...
UkiUkiれいんぼーデイ| 2007/10/24 16:58
監督:ロバート・デ・ニーロ 出演:マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、アレック・ボールドウィン、タミー・ブランチャード、ビリー・クラダップ、ロバート・デ・ニーロ、ウィリアム・ハート、ジョン・タートゥーロ、ジョー・ペシ、エディ・レッドメイン 評....
デコ親父はいつも減量中| 2007/10/23 21:23
1961年、ピッグス湾侵攻作戦が失敗。失敗の原因が、CIA内部からの情報漏れにあると睨まれた。情報漏れの元を探るため、ベテランエージェントのエドワード・ウィルソン(マット・デイモン)に送られた情報を下に様々な調査が行われるが・・・。と、こんな感じだと、スパイアクション満載の、大活劇であるかのように誤解しますが、実際は違います。CIA黎明期、もっと言えば、CIAの前身のOSSの頃からのエドワードの半生を振り返るような話になっています。 元々、エドワードの役は、監督ロバート・デ・ニーロの暴露に依れば、別の俳...
勝手に映画評| 2007/10/23 20:27
『CIA』と聞いただけで気分が高揚する性質なので楽しみにしていた映画―【story】1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く。彼は部下のレイ(ジョン・タトゥーロ)にその分析を依頼するが―     監督 : ロバート・デニーロ【comment】かなり面白かった―予告やチラシから、この映画は、「CIAと自分...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2007/10/23 11:05
ロバート・デ・ニーロ監督のCIA誕生にまつわるドラマ「ザ・グッド・シェファード」(The Good Shepherd)を観ました。(2/7/2007 観てから1ヶ月以上経ってしまった。汗)デ・ニーロ監督の...
映画大好き!おすすめ映画・DVD + USA子育て日記| 2007/10/23 04:45
原題 THEGOODSHEPHERD HP製作 2006年時間 167分監督 ロバート・デ・ニーロ出演 マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、ビリー・クラダップ、ロバート・デ・ニーロstory1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより...
playt*cinema art・・・ | 2007/10/22 16:33
映画「グッド・シェパード」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、ロバート・デ・ニーロ、エディ・レッドメイン、タミー・ブランチャード、リー・ペイス、ケア・デュリア、ウィリアム・ハート、ジョン..
映画レビュー トラックバックセンター| 2007/10/22 10:44
【THE GOOD SHEPHERD】2007/10/20公開(10/20鑑賞) CIA誕生のお話ときたら、スパイ映画好きはやっぱり気になる。でも・・・家庭は夫婦がスパイ同士ならうまくいくのかな。(おいっ)
映画鑑賞★日記・・・| 2007/10/21 21:46
誰も信じるな。良き羊飼いよ。
悠雅的生活| 2007/10/21 19:06
ロバート・デ・ニーロ監督、CIA誕生秘話と一人の男の苦悩。「グッド・シェパード」公式サイトあらすじ:1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(...
かいコ。の気ままに生活| 2007/10/21 16:23

コメント

TBありがとう。
諜報映画では、ときどき清掃人という存在が出てきますね。
なにもなかったように、死体や証拠をすべて消し去る仕事ですね。
表があれば、裏もあるんでしょうね。
posted by kimion20002000URLat 2008/05/31 16:02 [ コメントを修正する ]
Re:掃除人
ご来訪&コメント有難うございます。

これまでも、アクション・エンターテインメントとしてCIAが登場する作品が多く公開されていますが、この作品が一番真実に近いように感じます。
本当のCIAの姿は、泥臭く、暗闇を這いずり回るような汚れた仕事なのでしょう。だからこそ、そこに従事する人間の精神力は、並大抵のものでは務まらないように思えます。

>TBありがとう。
>諜報映画では、ときどき清掃人という存在が出てきますね。
>なにもなかったように、死体や証拠をすべて消し去る仕事ですね。
>表があれば、裏もあるんでしょうね。
2008/06/09 18:55

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] ヘアスプレー | HOME | [Review] キングダム/見えざる敵>>
忍者ブログ[PR]