忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/28 21:17 |
[Review] しゃべれども しゃべれども
しゃべれども しゃべれども観終わった後で、「あー、とってもいい映画を観た!」って思える作品です。
壮大さもなく、巧みに練られた脚本であるわけでもなく、特別目を見張るような俳優がいるわけでもない。けれど、素朴で、人情味あふれていて。うまく言葉に表せないけれど、ただ単に「この映画を観ろ!」と投げかけるだけの作品ではなく、スクリーンを隔てて、「一緒に楽しもう」と声をかけてくれるかのような。
商業主義に走るような一大エンターテインメントを目指すわけでも、何らかの賞を受賞するような大作を目指すわけでもない。『落語』と同じように、一緒に楽しんで、一緒に笑い合おう。温かい気持ちに『させる』んじゃない、温かい気持ちを『伝え、共有する』作品だと思います。

勿論、これは『落語』がメインに登場しますが、あくまでツールとしての一部であり、作品としての目的は、『自分探し』。まぁ、そんな『自分探しの旅』みたいな仰々しいものではなく、日常生活の中で持つ自分のコンプレックスを、どうしていきたいかと悩む人たちの悲喜交々を描いています。
「人の出会いによって変わっていく」。この類の作品というのは今までにも多く世に出されています。パターン的には『県庁の星』によく似ていますが、言わずもがな、方向性は別ですね。『県庁の星』は、主人公の二人が別に出会わなくても、それなりの人生を送っていけるのでしょうけれど、出会うことによって、違う世界を触れ、色んな価値観、色んな選択肢を見出すことになる。
一方、『しゃべれども しゃべれども』は、自分が抱え持つコンプレックスをどうにかしたい。でも、何をやってもどうにもならない。『その人たち』に出会うまでは。「本当に自分を変えられるのだろうか」。一抹の不安が過ぎりながらも、出会って、触れて、そして変わる。自分の中に、足りないもの、補うべきものが見えてくる。はじめは形でもいい。そこから、だんだんと『自分らしさ』を見出していく。登場人物は、皆不器用だけれども、そこが『等身大の人間らしさ』を演出できていて、鑑賞する人にも共感を得ることができるのでしょう。

   「落語習って、何か変わったか?

いいえ、変わったんですよ。見違えるほどじゃないけど、目に見える形じゃないけど、少しずつ変わっていっている。この出会いで。
人間だから、目に見えるような結果をすぐに欲しがるけれど、よーく目を凝らせば、よーく耳を澄ませば、きっとどこかに変化がある。ほんの少しだけど、その変化を観察していくのって、本当に面白いし、むしろ愛おしい。


さて、話は変わりますが。
僕はお世辞にも教養や知性を持っている方ではありませんので、落語を聴いても、面白い部分でも「ん? どこが?」と思ってしまうことも多々あります。周囲の人は「落語って面白い!」という人がいるけれど、自分自身の感覚では、「確かに面白い部分があるけれど…」と多少なりとも思ってしまうところに、自分の無知と教養の無さが露呈してしまっています。大変お恥ずかしいながら。
「古典芸能だから、敷居が高い」なんて考えはすれど、所詮それは自分が敬遠するための言い訳。でも、この作品で、ほんの少しではありますが、『落語』の面白さを身近に感じるようになりました。
時間があるときに、演芸場へ行って、生の落語を肌で感じたいですね。本当の面白さに、触れてみたいと思います。

拍手

PR

2007/05/26 23:49 | Comments(0) | TrackBack(29) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
全然興味がなかったんですけれど、 「ドッグヴィル 」 を勧めた先輩がこれも勧めるので見てみました。 原作は1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた、 佐藤多佳子の長編小説。 こちらも未読です。 東京・下町。 思うように腕が上がらず悩む二つ目の落語家、今昔
映画、言いたい放題!| 2008/12/28 19:12
あらすじ思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼の所に、無愛想で口下手な美女・十河五月(香里奈)大阪から引っ越してきたものの、馴染めない小学生村林優(森永悠希)、いかつい面相の元野球選手湯河原太一(...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2008/01/27 23:36
2007年 日本 2007年5月公開 評価:★★★★ 監督:平山秀幸 原作:佐藤
銀の森のゴブリン| 2008/01/13 01:18
1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説を映画化。情緒あふれる東京の下町を舞台に、1人の落語家のもとに集った口下手な美女、同級生に馴染めない関西弁の少年、毒舌の元野球選手らの人間模様が描かれる。監督は『愛を乞うひと』で日本アカデミー賞を受賞した平山秀幸。主人公の落語家をTOKIOの国分太一が演じる。温かい涙がこぼれるハートウォーミングでさわやかなストーリーが堪能できる。[もっと詳しく] 「吃音」であった僕には、不器用な登場人物たちの気持が、よくわかるような気がする。 ...
サーカスな日々| 2007/12/18 01:36
自分の想いを、口にするのは難しい。 たとえ口から言葉が出たとしても、それが自分の
はらやんの映画徒然草| 2007/11/18 16:55
観たい映画を、観損ねてしまうことがよくある。 「観たい、観たい」と思っているうちに、気がつけば上映期間が終わってしまっているのだ。 観たい映画なら、すぐに観に行けばいいのだが、「いや〜、今週はちょっと……」とか思っているうちに、なんだかんだで上映期間が終わってしまう。 この映画も、観たいと思い始めてから結構な時を経てしまったので、やはり、もう上映は終わっているのだろうな……と思いつつ、念のため調べてみると、なんと、まだやっているところがあるではないか。 とはいえ、選択肢はほとんどな...
小さなことを喜ぼう!             〜女41歳の「ちょいハピ」な日々〜| 2007/08/07 11:20
 国分太一、映画単独初主演の演技は・・・・・。   6月16日(土)、京都シネマにて鑑賞。TOKIOの国分太一君、何でもこの映画で、初主演だそうだ。だけどそんな感じ全然なく、堂々と演じていた。まるでほんまの落語家さんみたい。ナチュラルな人なので、この役を本当に自然体で演じているなあと思った。 97年度「本の雑誌」ベスト10で第一位に輝いた小説を「愛を乞うひと」で日本アカデミー賞受賞の平山秀幸が待望の映画化国分太一の脇をかためる共演者に、香里奈、松重豊、八千草薫、伊東四朗という顔ぶれ。東京の...
銅版画制作の日々| 2007/07/10 15:19
どこか懐かしい下町が舞台のこの映画。雰囲気は好きなのですが、いまいち入り込めなかった感も否定できないです。人物の感情が掴みづらくて、最後もちょっと唐突な気が。落語については無知ということもあるが、国分太一演じる三つ葉の成長も分かりにくかった気がする。 結局落語家にとって何が大事だったのか、そこにどの様に気付いたか等も、何かきっかけとともにより明確にして欲しかった。…だけど、香里奈演じる五月のセリフは心に残るものがありました。
Tokyo Sea Side| 2007/07/03 13:57
**************************** 東京の下町に祖母・春子(八千草薫さん)と二人暮ししている外山達也(国分太一氏)は、「今昔亭三つ葉」という名の卯建が上がらない二ツ目の噺家。若くして両親を亡くした彼は、落語好きの祖父の影響で古典落語に魅了され、この道に入ったのだ。そんな彼がひょっとしたきっかけから、素人相手の落語教室を開く事に。集まった生徒達は、「美人だが無愛想で口の悪い十河五月(香里奈さん)」に「口達者なのだが関西弁の為、クラスに馴染めない少年の村林優(森永悠希君)」、そして「タイ...
ば○こう○ちの納得いかないコーナー| 2007/07/02 01:41
映画「しゃべれどもしゃべれども」をみに行った。「一瞬の風になれ」でブレイクした佐藤多佳子の小説の映画
肩の力を抜いて| 2007/06/20 00:06
 こういう映画を観ているとうれしくなってしまいます。  伊東四朗をはじめとする年配の噺家役の俳優さんたちが口にする下町言葉がわざとらしくなく、実に自然に耳に響いたからです。  自分は東京でも山の手出身
シネクリシェ| 2007/06/18 03:19
個人的には「フラガール」よりはこっちのほうが好きだな。私、団体スポーツより、個人スポーツのほうが好きなんです。監督:平山秀幸原作:佐藤多佳子出演:国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗びっしりと鉢植えが並んでいる路地の二階には鯉のぼりがはためい...
再出発日記| 2007/06/16 20:21
 なまで落語を見たことがありますか?しゃべれども しゃべれどもを観てきました。
よしなしごと| 2007/06/16 18:45
半人前の落語家と、彼の所へ話し方を習いに来る人たちの物語です。
水曜日のシネマ日記| 2007/06/16 10:10
今日はお休みで、珍しくなーんにも予定がなかったので、一人で映画を見に行ってきました!初めての体験です。水曜はレディースDAYで1000円だし、早く見に行かないとしゃべれどもしゃべれどもが終わっちゃう!案の定、1日1回だけの上映、15日まで。なんと!!ギ...
うさうさ☆聞いてちょうだい☆| 2007/06/13 21:52
ハイ、エエ加減原作読みますから。(爆) しゃべれどもしゃべれども佐藤 多佳子 新潮社 2000-05売り上げランキング : 599おすすめ平均 自分を良いと言ってあげたい成長+恋愛ドラマ落語を隠れ蓑にした現代恋愛小説Amazonで詳しく見る by G-Tools 落語の世界というのはよ..
ペパーミントの魔術師| 2007/06/07 16:18
「語り」と「語り」のあいだで / TEXT By 松本不二人 本作は、佐藤多佳子原作の同名小説を映画化したものだ。古典を愛する、売れない落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)のもとに、落語を習いたいという三人の変わり者がやってくる。無口な美人・十河五月(香里奈)、勝気...
I N T R O| 2007/06/06 21:14
発売中の、「ザ・リバティ」7月号。 今月号は「温暖化問題大特集」と銘打って、「地球を冷やせ──環境技術先進国ニッポンの使命」という、かなり大きな特集が組まれています。 環境問題に興味のある方は(って言って
百日紅!の独白       〜無我なる愛を求めて〜| 2007/06/05 00:32
 昨2006年の当ブログの運営歴上、『パッチギ! LOVE&PEACE』と甲乙つけがたい強烈な体験をもたらした作品……映画『しゃべれども しゃべれども』(平山秀幸監督作品)が来週土曜(5月26日)から全国で公開されます。  TOKIOの国分太一が落語家に扮して初単独主演するこの昨品……と、今はこうやって普通に人名を書けますが、昨年のいまごろは「諸事情により募集告知文中では出演者の紹介ナシ」という(ありがち?な)制約の中、「寄席、落語独演会会場」や「浅草寺境内」など、多人数の「中高年エキストラ」を必要とす...
東京<エキストラ>NOTES| 2007/06/03 13:54
「しゃべれどもしゃべれども」★★★★オススメ 国分太一、伊東四郎、香里奈主演 平山秀幸監督、2007年 うだつの上がらない二つ目の落語家、 芸にかける情熱は充分あるが 自分のスタイルを探している状態の主人公。 彼の元に話がうまくなりたいと 面白いキ...
soramove| 2007/06/03 01:16
先週から公開されている映画『しゃべれどもしゃべれども』を見に行った。原作は、同名の佐藤多佳子さんの小説。 主人公の今昔亭三つ葉にTOKIOの国分太一、三つ葉の話し方教室に通う無愛想な美女十河五月に香里奈、三つ葉の師匠今昔亭小三文に伊東四朗、三つ葉の祖母春子に八千草薫、大阪から転校してきていじめられている小学生村林優、元プロ野球選手湯河原太一に松重豊という配役。監督は平山秀幸監督。 原作の持つ独特な
栄枯盛衰・前途洋洋| 2007/06/03 01:09
いたるところにホノボノとした笑いあり!劇場はまるで寄席小屋のような雰囲気に! 金曜の仕事帰り、疲れを癒したい人、あったかい笑いでリラックスしたい人にはオススメの映画。 頑固で真面目な落語家、国分太一。 暗くて無口な美人、香里奈。 明るくて小生意気な関西っ子、森永悠希。 口ベタな元野球選手、松重豊。 みんなハマリ役でした。 生きることに不器用で、一人ぼっちで悩んでいた人たちが、「落語」をとおして一つにつながって、ぶつかりあいながら成長していく。怖い顔をしていた香里奈が最後に...
ドンカンはツミである| 2007/06/02 09:49
みんな、何とかしたいって思ってる 今のままじゃ、だめだから
ひるめし。| 2007/06/01 14:08
忙しかったんで、ひと月ぶりの映画鑑賞&舞台挨拶。今回は、TOKIO・国分太一&香里奈出演の『しゃべれども しゃべれども』日本で1番地価が高い銀座4丁目から1本入った裏通りにシネスイッチ銀座はある。10:35くらいに着いたけど、既に行列が(爆)10:45から整理番号を呼....
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο| 2007/05/29 23:32
監督 : 平山秀幸 出演 : 国分太一  / 香里奈
MoonDreamWorks★Fc2| 2007/05/29 21:32
ひょんなことから 「話し方教室」を はじめることになりました 先生:うだつのあがらない二つ目の落語家 生徒一:無愛想で口下手な美人 生徒二:クラスになじめない関西弁の少年 生徒三:解説の下手な強面の元プロ野球選手 しゃべれども しゃべれども 気....
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2007/05/29 19:12
映画「しゃべれども しゃべれども」に関するトラックバックを募集しています。
映画専用トラックバックセンター| 2007/05/29 00:09
□作品オフィシャルサイト 『しゃべれども しゃべれども』□監督 平山秀幸 □脚本 奥寺佐渡子□原作 佐藤多佳子(「しゃべれども しゃべれども」新潮文庫刊)□キャスト 国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗、松重 豊 ■鑑賞日 5月26日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★ (5★満点、☆は0.5) <感想> この映画を観る前の日に原作を読み終えた。原作は1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説で、映画化されると聞いて読み始めた作品でした。 原作より...
京の昼寝〜♪| 2007/05/28 23:09
映画「しゃべれども しゃべれども」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:国分太一、香里奈、森永悠希、松重豊、八千草薫、伊東四朗、他 *監督:平山秀幸 *原作:佐藤多佳子 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックを..
映画レビュー トラックバックセンター| 2007/05/28 14:30

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | HOME | 注:これは妄想です>>
忍者ブログ[PR]