忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 05:35 |
[Review] オトコ香る。
オトコ香る。以前の記事の内容そのものに感銘を受けたのはもちろんのこと、そのパッケージのデザインなどから、何としてでも手に入れたいと各地を彷徨い、苦節一週間(←短っ!)、地元のコンビニでようやく見つけることができました。
もはや奇抜などという生易しい言葉では表現しきれない商品であるだけに、どこのメディアもここぞとばかりに取り上げておりました『オトコ香る。』。最後の『。』は、まるでモーニング娘。を彷彿させます。むしろ狙ったのでしょうか。


さて。
肝心の商品はどうかというと、まずガムそのものは確かにフローラルなフレグランスを漂わせています。トイレの芳香剤と紙一重ってところですか。
僕は、薔薇を愛でる時、あまり『香り』というのは考えていないんですよ。目で見るだけれも十分に美しいので。花というのは、ただ眼に映るだけでなく、香りそのものにも美しさを醸し出しているものも多いですから、そういう意味では、花の観賞者としては失格なんですが。

話が逸れてしまいました。。。
兎にも角にも、ガムそのものから、ほのか過ぎず強烈過ぎず、適度な具合の香りを発しているので、噛んだ後も、きっと体臭からフローラルなフレグランスが漂うのか……って、書いてる内から気色悪く…… orz

味の方も、まるで美輪明宏を彷彿させるようなケバい味を想像していましたが、以外にもフルーティで食べやすかったです。しかも弾力性のあるガムなので、勿論、風船もできたり。


だが、ここまでは大した問題ではない。
そう、肝心の体臭がどうなっているのか。それが、このガムの真骨頂でもあります。


1時間後。


   …………………………。


1時間30分後。


   …………………………………。


2時間後。


   …………………………………………。


んー??
クンクンクン。とりわけ自分の腕なり方なりの匂いを嗅いでも、さして薔薇の、というか、薔薇っぽい香りがするわけでは……
そもそも、自分の発する匂いだから、自分自身には感じないのかな?

というわけで、会社の女の子に、本当に薔薇の香りが漂うか聞いてみました。

結果。


「えー? 別に特に何も匂わないけど?」





なんてこった!


あれだけ色々とコンビニやら何やら回ったのに、結局僕はミッチーGacktのようにはなれなんだかっ!(違う)

その後、何度か試してみても、結局体から薔薇っぽい香りが漂ったことは一度も無く……
むしろ、汗臭い匂いが若干気にならなくなった、というくらいでしょうか。

今はこのガムは、芳香剤ではなく消臭元として活用しています。
まぁ、全く何も効果が無かった、ということに比べればっ……!
後日談ですが、会社の女の子曰く、『オトコ香る。』噛んでいる時に、口から漂う香りが一番強い、とのことでした。orz
まぁ、ガム自体に薔薇の香りが凝縮されてますからねぇ……

拍手

PR

2006/07/18 13:04 | Comments(0) | TrackBack(0) | Review - Food

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] エンパイア・オブ・ザ・ウルフ | HOME | [東京] 密やかに咲く蓮>>
忍者ブログ[PR]