忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/21 01:11 |
目撃DQN
朝の9時に始まる市営のトレーニングジムに通い、終わるのが大体お昼前くらい。
この時期のお昼前となれば、容赦なくお日様が照りつけ、猛暑なんて生易しいくらい。もはや酷暑です。

  う゛あ゛ぢいいいぃぃぃぃ~~~。。。

自販機で買ってきたポカリスエットのペットボトルを片手に、木陰のベンチにドカっと座って暑さを凌ぎます。
木陰によって太陽光線の照りつけが多少減っても、口やかましく鳴り響くセミの鳴き声が、あまり暑さの不快指数を下げてくれませんでした。


ポカリスエットを開け、飲み始めたところ、トレーニングジムの出口から、高校生くらいの2人組の女の子が出てきました。

  「うわっ。あっついんだけど、マジで~。」

  「ユミ~、何か飲み物飲まない~?」

  「うん、飲む飲む~。あたしが買ってくるけど、エリコは何にする~?」

  「あたしカルピスソーダがいいな~。お金後で払うからさ、買ってきて~。」

と、ユミちゃんという片方の女の子が自販機で二缶ジュースを購入。そのうちの一つ、白っぽい缶なのでカルピスソーダかと思うのですが、エリコちゃんに気づかれないよう、念入りに上下に振ってました。

はっは~ん、根っからのイタズラ好きだなあの子。

  「おまたせー。はい、カルピスソーダ。」

と、念入りに振られたとは知らずにカルピスソーダを受け取るエリコちゃん
缶の飲み口の開けたその瞬間!

  「きゃあっ!!」

缶の飲み口から、カルピスソーダの白濁液が、彼女の顔めがけて勢いよく噴射!
口のまわりだけでなく、鼻から耳から液まみれになり、それはナメクジを這ったような軌跡を残して、彼女の頬から顎へと伝わり、鎖骨へ流れていく。
耳にかかった液は、ポタポタと肩に滴り落ちる。

  「ユミ~… ちょっとひどくな~い?」

  「あはっ。悪い悪い。そのカルピスソーダ、奢りにすっからさ!」

そうして彼女達は、最寄り駅の方へと歩いていきました。


  「…………………。」

あまりのも衝撃的な出来事を目の当たりにして、気がついたら、ポカリスエットをダバダバと零してしまいました。まだ飲み始めたばっかりなのに、残り容量が半分くらいに。
飲み物としては半分損をしてしまいましたが、気分的には損しなかったなー、と思ったりします。

拍手

PR

2005/08/06 18:38 | Comments(0) | TrackBack(0) | Diary

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ゲームのやりすぎ注意 | HOME | [Review] チーム★アメリカ/ワールドポリス>>
忍者ブログ[PR]