忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/26 15:50 |
希望と感動の象徴
24時間テレビ見ましたよ。ええ丸山弁護士のために

無事完走できたら、北村弁護士と固い握手が交わされるという、一生に一度あるかないかの一大イベント(?)見たさですが、
握手どころか、熱く抱擁した後肩車までしちゃいましたね。

まぁそれはさておき。


田中耕一さんがノーベル化学賞を受賞した時もそうでしたが、『今までほとんど無名の人が偉業を成し遂げる』というのは、世のオジサマ達にとって、希望と感動の象徴になります。
酒の宴席でも、「部長も100kmマラソン挑戦してみたら?」という声がちらほら挙がっているだとか。

今日も、仕事帰りにお腹が空いたのでラーメンを食べに行ったところ、隣の席で100kmの話題が挙がってましたのを盗み聞き偶然聞いてしまいました。

59歳でも100kmマラソンやってのけちゃうもんなんですねぇ。部長も挑戦してみたらいかがですか?

オレがぁ? いやぁ無理だよ。確かに59歳で100kmマラソン完走は感動したけどさぁ。
 無理無理。絶対無理だって。


それなら、うちの部署の女子部が全員レースクイーンのコスチュームでチェッカーフラッグ振りながらゴールでお出迎え、というオプションがついたらどうしますか?

う゛っ


この「う゛っ」が何を意味していたのかまでは分かりませんでしたが。
やはり希望と感動の象徴でも、それを鼓舞する何かがオジサマ達には必要なんでしょうねぇ。。。(しみじみ)

拍手

PR

2005/08/31 09:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | Diary

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<世も末な流行 | HOME | [Review] LAND OF THE DEAD>>
忍者ブログ[PR]