忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/21 15:46 |
何で抗生物質?
抗生物質花粉症の次はインフルエンザA型ですって。お医者様から「今日は絶対安静にしてください」と告げられ、タクシーで実家へ(泣)。
年始のノロといいインフルエンザといい、全く以って病から切り離せない年の幕開けです。
酉年は経済的に豊かになるってジンクスのある年なのに(関係ありません)。


さて、風邪症状のときに必ずといっていいほど、お医者様に処方してもらえる『抗生物質』。
しかし、この抗生物質は『対微生物・細菌』である事に対し、『ウィルス』には効果がない、というのは周知のとおり。
しかも、抗生物質が耐性菌を出現させ、その菌のための抗生物質を開発しても、更に耐性菌が現れる…
いつになったら、というか、多分人類史永久の命題なんでしょうか。『あらゆる菌に効果のある抗生物質の開発』は。

『ウィルス性』の風邪に効かないとわかって、それでも抗生物質を出すのは、主に細菌感染から発症する肺炎対策だということです。
が。
  ●風邪の症状も、よほど重症でない限り肺炎には至らない
  ●抗生物質の服用で、肺炎は予防できない
  ●抗生物質は、肺炎が発症して初めて効果を発揮する
のだそうです(医学の事はほとんど分かりませんが、ちょこちょこっと調べた限りでは)。

さらに、抗生物質を過信して、あるいは間違った方法で服用する事によって、かえって重い副作用を招き、『風邪を引く』以上の重症になりかねない、などとも。


『薬もすぐれば毒となる』とは正にこのことですな。
こういう複雑な社会に生きているからこそ、自分の健康を自分で守るために、一人一人が、病気のこと、薬のこと、健康のことを真剣に考えなければいけないのかもしれません。
皆さんは、どう思いますか?

拍手

PR

2005/03/12 21:55 | Comments(0) | TrackBack(0) | Diary

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<1年目の痕跡 | HOME | 生物兵器・スギ花粉>>
忍者ブログ[PR]