忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/25 15:45 |
[Review] 日本以外全部沈没

日本以外全部沈没地殻変動から日本が沈みつつも、日本人としての誇り、日本人であることのアイデンティティを保ち続けられるかを問う映画『日本沈没』のパロディ映画。予てからその奇抜溢れる題名が僕の琴線に触れ、「実際、日本以外が全部沈んだら、本当にどうなるんだろう?」と無駄に想像力を膨らませたものです。
が、実際に鑑賞してみまして、日本以外の大陸や国々が悉く沈み去り、難民がどっと日本に外国が押し寄せては、起こり得る様々な問題や事件を面白おかしく描いていますが、


正直、僕は受け入れられませんでした。
ムカついたどころか、心底腹が立ちまして。



勿論、題名からしてパロディ映画であることは分かっていましたし、『日本沈没』自身も政治色がわりと強い部分がある映画ですから、この映画も、政治的なパロディを少なからず盛り込んだんだろうな、とぐらいには思っておりました。
むしろそれ以前の問題。
政治云々どころか、民族そのものを侮辱していますよこの映画。難民として描いている外国人は勿論のこと、日本人そのものに対しても。
いくらパロディと割り切ろうと考えたとはいえ、観るに耐えられませんでした。

勿論、小ネタを効かせたギャグで笑いを取るシーンはいくつかありましたが。


でもきっと、製作者側も観客がこういうふうに考えることを予測していたんだと思います。
仮に地球規模の未曾有の大惨事が発生したとしても、助けた者が助けられた者を虐げる権利はどこにもないわけです。「大惨事が起こった後の世界が、こんなことになるのは絶対に認めない!」と強く観客に思わせること、いわゆる反面教師的な部分を強調するのが、この映画の趣旨だと考えます。

最後の方に出てくるてぶくろの童話は、それをうまく示唆していますね。当然のことですけれどね(笑)
それでも、この映画のパロディの表現の仕方が(個人的にですが)あまりにも濃厚で、製作者の趣旨が分かっていても、時間が経つにつれて頭の青筋が増えていきましたが。


パロディ映画、これからは十二分に気をつけようと思います。

拍手

PR

2006/09/16 23:22 | Comments(0) | TrackBack(8) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
2006年:日本 原作:筒井康隆 監督:河崎実 出演:小橋賢児、柏原収史、松尾政寿、土肥美緒、ブレイク・クロフォード、筒井康隆、松尾貴史、デーブ・スペクター、村野武範、寺田農、黒田アーサー、中田博久、藤岡弘、 大ベストセラーとなった小松左京の『日本沈没』....
mama| 2007/12/01 12:37
「地震で始まり、地震で終わる。しかし、終わるということは何かが始まるということだ。」小松左京の「日本沈没」を原典とする、筒井康隆の傑作「日本以外全部沈没」がついに映画化。【ストーリー】アメリカ大陸に始まり、中国大陸、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、オーストラリアが地殻プレートの大変動により次々に沈没。日本だけが残ってしまった。そして、世界中から外国人が大挙して押し寄せ、日本中は全人口の4/5が外国人で占められるようになり、食糧不足、「うまい棒」が1本10万円になるなど物価が...
シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー| 2006/11/11 09:44
ヒーローと 怪獣の勝手で 人は死に   おいおい、この映画、どうやって誉めよう。っつうのも、心を無にして、おお! 純粋に感動したよお~!! なんて言わさせてくれない映画だぞ。だいたい、大前提には、あの「日本沈没」というSF界の金字塔とも言われる作品、映画化
空想俳人日記| 2006/10/29 09:57
映画「日本以外全部沈没」 監督 河崎実 監修 実相寺 昭雄 原作 筒井康隆(原典 小松左京) 出演 多数 とりあえず 藤岡弘、
 サ バ ペ| 2006/10/19 13:54
64億420万人 日本以外の すべての外国人に捧ぐ 世界が沈んで 日本だけが残った 日本以外のすべてが沈没し 世界中から難民が押し寄せてきた 『日本は・・・永久に日本人だけのもの。外人どもには渡さん!』 北方領土 竹島 尖閣諸島は どうなって...
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2006/10/05 23:13
原題:日本以外全部沈没原作:「日本以外全部沈没」筒井康隆(角川文庫)監督:河崎実
Pocket Warmer| 2006/09/20 01:52
 日本沈没が日本のみならずお隣韓国でも大ヒット。(某ニュースによると韓国人は日本人が苦しむのが痛快らしい。)この日本沈没のパロディ日本以外全部沈没を見てきました。
よしなしごと| 2006/09/20 00:35
テアトル梅田でレイトショー、終電で命かながら帰ってきたてれすどん2号です!?(笑)いやぁ傑作!!物語中で、元ハリウッド女優役の人が「安っぽい日本映画なんて出たくない」と言っていたが、その安っぽい日本映画がすばらしい☆☆(笑)
長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ | 2006/09/18 14:47

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] 出口のない海 | HOME | [Review] ステイ>>
忍者ブログ[PR]