忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/23 19:47 |
[Review] パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉なんだかんだ言って、パイレーツ・オブ・カリビアンも4作目に突入ですか。回を追うにつれて何だかよく分からなくなっていく作品も、蓋を開ければ4作目になるほどの人気ぶり。やはりこの世界的な不況の中でも、ディズニーとジョニー・デップのブランドは強いのねー、と楽観視している今日この頃。

何と言っても、『デッドマンズ・チェスト』を鑑賞したあたりから、この作品は純粋なるエンターテインメントに徹した作品なんだなと思いましたから。
しっちゃかめっちゃかなのは、もはやこの作品にとっては常套句。今更シリアス方針だとか、メッセージ性を取り込むとか、そんなことはお構いなし。敢えて空気を読まず、只管キャンバスに絵の具で書きなぐるようなエンターテインメントに徹する作品に仕上げる、というのも、ある意味で天晴れな気がします。
まぁ、色々と小賢しい知識をはめ込んだ状態で鑑賞してはいけない、ということですな。


今作は、何よりも監督がロブ・マーシャルが担当するということで観てみました。
とはいっても、僕自身がロブ・マーシャル監督を初めて知ったのは、恥ずかしながら『SAYURI』の時です。その後、DVDで『シカゴ』を観たり、ネット上ではありますが、ロブ・マーシャル監督が振り付けを実施した作品等を調べました。その程度ですので詳しいには程遠いですが……
とはいっても、ミュージカルの監督が織り成す『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界って、どうなるんだろう、ジョニー・デップも『スゥイーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』でミュージカルをやりましたので、その仕上がりに若干期待を持っていました。が、ミュージカルっぽい部分は、アン王女の復讐号の甲板上で、リュートをBGMに繰り広げられる、ジョニー・デップとペネロペ・クルスのダンスくらい… 剣舞やリズムに合わせたアクションは、これまでにもありましたしそれ程目新しいものでもありませんでした。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』をミュージカル調に… もしかしたら、これまでの作品の流れや世界観、ディズニーのブランドを壊しかねない為、興行的にも冒険を強いられそうな気もしますが、個人的にはそんな『パイレーツ・オブ・カリビアン』も観たかったな、と思った次第です。


そして今回、ようやく、といって言いかもしれませんが、オーソドックスな金銀財宝ではなく、『生命の泉』という超レアのお宝を巡る冒険というのは、これまでの作品の中で初めてのことではないか、と(結局のところ、『生命の泉』そのものを狙う海賊は、ほんの一握りでしたが。大抵のキャラクターは、自身の本当の目的を果たす為に『生命の泉』を目指しています)。
呪いを解く為だったり、生命維持の為だったり、ジャック・スパロウ自身がトラブルメーカーなのに彼を救いに行こうとしたり。しかしどの作品にも共通するのは、ジョニー・デップが演じるジャック・スパロウ船長の目的が、ブラック・パール号を取り戻す、ということ。『船長』と名乗っているくせに、自分の船に乗っている場面が極端に少ないのですから……。

まぁそれは、この作品の一つのスパイス、おまけ要素の一つであると割り切るとして。

しかも『生命の泉』も、ただそれを飲めば、文字通り『生命』が与えられる、つまり『永遠の生命』が与えられる、のではなく、条件付きである、ということ。その条件を果たす為に様々なアイテムや、果ては生き物を入手したり、騙し合い謀り合いをするわけです。海賊らしいといえば海賊らしい。『ONE PIECE』にぞっこんの少年達からすれば、海賊の夢をぶち壊しかねない展開振り。でもこれこそが海賊! とも言うべきでしょうか。
ただ、黒ひげを演じるイアン・マクシェーンや、バルボッサを演じるジェフリー・ラッシュが、悪役振りにもさすがに貫禄がありますので、ペネロペ・クルスの悪役振りがちょっと影薄い、という感じも否めません。一部に義の厚い部分があるとはいえ、やはり海賊は海賊。狡猾な悪女振りが発揮されるところもあったのかもしれません。が、最後の方でそれが演じられるものの、何だかまくし立てるようで、少しもの足りなかったです。


一旦封切られた作品に対して『もし』と言うのは非常にナンセンスなことですが、今までの3作とは違う、ミュージカル調の『パイレーツ・オブ・カリビアン』というのも、観てみたいと思いました。純粋なるエンターテインメントに徹する作品であればこそ、その『見せ方』『魅せ方』に、今後の期待がかかります。

拍手

PR

2011/05/20 22:59 | Comments(0) | TrackBack(14) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
ご存知「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第4弾となる『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』。 前三作までのゴア・ヴァービンスキーに代わり、ロブ・マーシャル監督が務めた本作、だいぶこれまでとはテイストが変わっておりますが、エンターテインメン
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>| 2011/08/06 17:44
11-40.パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉■原題:The Pirates Of Caribbean On Stranger Tides■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:138分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:6月23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:...
kintyre's Diary 新館| 2011/08/06 09:40
終わったはずの『パイレーツ・オブ・カリビアン』の続編が流行りの3Dを引っさげて大襲来! ディズニーストアでのキャラクターコラボだけじゃなく、他社とのコラボレート企画もこれまでとは比較にならない規模でディズニーの気合が半端ないだけにコケるわけには行かない『...
そーれりぽーと| 2011/08/05 01:21
「ツーリスト」などで活躍するジョニー・デップ主演の大ヒットシリーズ第4弾。海賊ジャック・スパロウが、永遠の命をもたらす“生命の泉”を求めて、新たな冒険の旅に出る。ジャッ ...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ| 2011/08/03 14:13
□作品オフィシャルサイト 「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」□監督 ロブ・マーシャル□脚本 テッド・エリオット、テリー・ロッシオ□キャスト ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、イアン・マクシェーン、ジェフリー・ラッシュ、サム・クラフリン、アスト...
京の昼寝〜♪| 2011/08/03 11:59
前半は退屈。 後半ちょっとだけワクワク。  
Akira's VOICE| 2011/08/03 11:26
【PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES】 2011/05/20公開 アメリカ 141分監督:ロブ・マーシャル出演:ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ジェフリー・ラッシュ、イアン・マクシェーン、サム・クラフリン、アストリッド・ベルジュ=フリスベ、ケヴィン・R...
新・映画鑑賞★日記・・・| 2011/08/03 11:21
 しまった!チケットを買ったのはいいけど、前作のおさらいしてなかった!前作忘れてるけど楽しめるか心配でしたが、パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉を見てきました。結論から言ってしまえば、4年前の前作で一応ストーリーの区切りはついているので、前作覚えて無くても楽しめます。ジャック、ギブス、バルボッサくらい覚えていればね。
よしなしごと| 2011/07/28 02:05
 昨日の朝、双海海岸でウミガメの救出劇があったそうだ、その頃、自分はお隣の平野ビーチで波乗りをしていた、あ〜竜宮城に行き損ねた・・・ΣΣ┏(_□_:)┓iii 【=29 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート3本目、シリーズ4本目のパイレーツ・オブ・カリビアン、ジ...
労組書記長社労士のブログ| 2011/07/08 14:47
あらすじジャックがかつて愛した女海賊アンジェリカが彼の前に姿を現し呪われた危険な航海へと彼を誘う・・・。感想3部作で完結と言いながら金の泉を手放すのが惜しくなった映画会...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...| 2011/07/07 19:29
人気シリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」の第4作目です。 先日久しぶりに1作
はらやんの映画徒然草| 2011/06/04 15:25
 もしもあなたにお子さんがいて、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを観たいとせがまれても、あなたはお子さんを止めなければならない。  とりわけ、あなたが善良な米国市民で、日曜日にはきちんと...
映画のブログ| 2011/06/01 23:55
<<ストーリー>>美しい女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)と再会した ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)。しかしジャックは、アンジェリカが 不死の泉を見つけ出すために自分に近づいたので...
ゴリラも寄り道| 2011/06/01 21:37
[パイレーツ・オブ・カリビアン生命の泉] ブログ村キーワード  大ヒット海賊映画シリーズの最新作が、いよいよ登場!「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」〈ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)。前作から4年。ジャック・スパロウ船長、四度冒険の海へ!  『自分の名前を騙った何者かが、船員を集めている』という噂の真偽を確かめるべくロンドンへやって来たジャック(ジョニー・デップ)は、自分と間違えられて絞首刑にされそうになったギブス(ケヴィン・R・マクナリー)を救出するも捕らえられ、...
シネマ親父の“日々是妄言”| 2011/05/25 22:33

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[熊本] たとえその出会いが小さくとも | HOME | [Review] ブラック・スワン>>
忍者ブログ[PR]