忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 14:24 |
[Review] ティム・バートンのコープスブライド
ティム・バートンのコープス・ブライドチャーリーとチョコレート工場』に続く、ティム・バートンのファンタジー映画。一部CG処理がなされているとはいえ、全てコマ撮りの映画とは…… 改めて、そのクオリティの高さに驚かされます。

その前に観たパペットの映画といったら、『
チーム★アメリカ/ワールド・ポリス』。あれはあれで面白さとお下品さが全開で、全編を通して笑い(というより爆笑)を誘う映画でした。
コープス・ブライドは、同じコミカルでも性質は真逆。パペットなのに、表情が豊かで、コミカルな構成の中にもしんみりとした雰囲気を漂わせています。

この映画で僕が一番注目したのは、主役のビクターとコープスブライドの『ピアノを演奏しているシーン』。パペットの操作は勿論、CG技術でさえ難しいピアノの演奏を、細かく丁寧に、そしてその場面の忠実に表現しているところが一番好きですね。

1時間30分弱という、意外と短い映画(1~2秒製作するだけで12時間かかるというんだからそうだろうな…)ですが、リズミカルでテンポもよく、とても面白い映画です。
Pre Visionを観てても面白かったので、公開してから数週間は、物凄い人が殺到して観るでしょうから、それからでも遅くないかも。ちなみに僕はもう一回観ます。空き始めた頃に(笑)



お ま け。

登場人物のほとんどが極細か極太の体系をしているのはさることながら、ドレスを纏ったご婦人達の歩きからがウケました。『物理的にありえねぇダロ。その歩き方は』って感じで。

拍手

PR

2005/10/22 18:08 | Comments(0) | TrackBack(2) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
 『冥土 in Love』  19世紀のヨーロッパの暗くて活気のない小さな村で、ある1組のカップルが結婚しようとしていました。  新郎のビクター(デップ)の父親のウィリアム(ホワイトハウス)と母親のネル(ウーマン)のバン・ドート家は、お金はあるけど家柄がよくありま...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/02/14 20:17
年が明けると僕が大好きな監督の一人、ティム・バートンの「スウィーニー・トッド」が
はらやんの映画徒然草| 2008/01/01 22:54

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<修行が足りぬ | HOME | まさか…>>
忍者ブログ[PR]