忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/28 21:23 |
[Review] オーシャンズ11
オーシャンズ11渋くてカッコよくてクールな映画の代名詞。こんなにも大胆不敵にラスベガスのカジノの金庫を破り、大金を盗み取ることができようとは!!


こういうスペクタクルな犯罪映画というのは、決まって知力vs知力の駆け引きが多い。
この映画も、違わず頭脳戦が繰り広げられています。
かたやラスベガスのオーナー、かたや犯罪のプロフェッショナル11人。
一見、11人もいれば目的のものを盗み取るなんて容易い事に見えるかも知れないが、この11人、そのみちはプロでも、目的は一緒でも、意識はてんでバラバラ。
迎え撃つカジノ側は、金に任せて最先端の防犯テクノロジーを駆使。微妙に勝ち目の別れどころであります。

けれど、それはカリスマ窃盗犯ダニー・オーシャンの頭の使いどころでしょうか。「●●とハサミは使いよう」とも言いますが。(笑)
そして、二重三重の罠を仕掛け、相手の注意を引き付けたところで見事に獲物を掻っ攫う様は、もはや「お見事!」という以上に何もありません。

こういった、知力や話術の駆け引きは、濃厚であればあるほどスリルが湧くんでしょうけれど、
何せ映画ですから、時間内に終わらせなければならない、というのが、正に制作者としてのジレンマ。
いい作品に何かしらの妥協点を加えるというのは、残念極まりない事ですが、まぁ仕方の無い事です。


こうして、ネタを知ってしまったのだけど、スリルと盗みの見事さは、たとえネタを知っていても二回三回観る価値はあると思います。
是非、ご覧下さい!

拍手

PR

2004/11/29 21:19 | Comments(0) | TrackBack(2) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
「セックスと嘘とビデオテープ」「トラフィック」のスティーヴン・ソダーバーグ監督作品。ビッグ・スター共演による犯罪サスペンス。オリジナルはシナトラ・ファミリー総出演の「オーシャンと十一人の仲間」のリメイク作品です。オリジナルは未見です。キャスティングは豪...
しょうちゃんの映画ブログ| 2007/08/09 00:00
映画「オーシャンズ11」に関するトラックバックを募集しています。
映画専用トラックバックセンター| 2007/08/08 23:30

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<社保庁小学校化計画 | HOME | [Review] 昴>>
忍者ブログ[PR]