忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/23 20:45 |
[Review] ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!
ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!グルミットよ。その弾丸をも上回る機動力を、何故もっと早く発揮しないっ!?
というツッコミはぬきにして。

2006年米アカデミー賞の長編アニメ賞受賞の作品。個人的には、『ティム・バートンのコープス・ブライド』の方が好きですが、この映画も負けず劣らず面白かったです。
予想だにしなかった展開はないものの、本来問題解決をすべき主人公が屈指のトラブルメーカーになるところ(主人公が発明家、という設定であればよくある話)、一切しゃべることができない相棒が、知恵と勇気を振り絞って問題解決に勤しむところなど、思いっきり笑わせてもらいました。物語自体を捻らせようとはせず、純粋に観客に楽しんでもらおう、というのがよかったと思います。

色んな映画の名シーンを、パロディとして取り入れるのは、DREAM WORKSならではの手法なんですかね? 『シュレック』の時も、随所で見られました。
勿論、だからと言って全然悪いわけではありませんよ。むしろそのパロディが、キャラクターをより引き立てていますし。巨大ウサギ男が、ヒロインをさらっていくシーンは、正に『キングコング』。そして、最後の方で、グルミットが弾丸をも上回るスピードでウォレスを助けるシーンなんか、正に『スーパーマン』。


キャラクターの質感は、紛れも無く粘土ですが、クレイ・アニメとはいえ、ここまで豊かな表情や動きが出るとはビックリ。一部CG技術が使われているそうですが、同じ条件で言えば、手作り感は『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』の方が勝っているかもしれません。

エンターテインメントの基本である、『楽しむ』『楽しませる』に純化した、コメディテイスト満載のドタバタ活劇。友達同士で、カップルで、家族で、色んな仲間と観ることができるというのも、この映画の一つの魅力です。

ところで。

クレイ・アニメといい、ストップモーションといい、登場するキャラクターは『キモ可愛い』のが共通点なのでしょうか?
まぁ、だからといって愛着がなくなるわけではありませんが。


全てが『劇画調』のクレイ・アニメ、というのもいいかも(爆)

拍手

PR

2006/08/24 00:08 | Comments(0) | TrackBack(0) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<おもろい記事特集 11 | HOME | Prince of Handkerchief>>
忍者ブログ[PR]