忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/24 05:46 |
[Event] 平山郁夫展
平山郁夫展平山郁夫展@日本橋三越 に行ってきました。
前に、NHKでシルクロードの特集があって、そこに平山氏の絵が放送されていました。
その壮大な画風に惹かれ、実際に本当の絵をこの目で見てみよう、ということで、
「平成洛中洛外屏風」を見に行きました。

屏風、本当に良かったです。
まるで神々の視点で京都を見下ろすって感じで。

ただ。
細かい物好きの僕は、どうしても細かいところにも目を移してしまいがちで…
ここからは創造の領域なのですが。
平山氏の絵は、「全体」を如何に見せるか、という考えで描いているみたいで、
「全体を見せる」という意識が強いあまり、細かい部分が、適当、というと言葉が悪いですが、
それに近い印象を受けざるを得ないのです。

例えば、ラッセンの絵は、全体で見るのもよし、一部を切り取って、それを一つの絵として見るのもよし。
つまり、どんな視点でも楽しめる、というのが個人的に好きなのです。

なので、平山郁夫氏の絵は、「バッと全体を見よう!」という意気込みで見る方がいいかもしれません。
素人交じりの意見で恐縮ですが、率直に思ったことを書きました。


あとはやっぱり、日本画+画家が高齢の方、ということからか、
来場者の平均年齢がとっても高く…
そこで「君の精神年齢も十分年老いているよ」と思った人。歯を食いしばって前へ出てください。
それと、各展示に「名前」はあっても「解説」がなかったのが残念。
どういう目的でこの絵を描いたのか、等が知りたかったです。

また、今回の展示は、平山郁夫氏の一部の作品なので、近い将来、
実際に広島の『平山郁夫美術館』に行ってくる予定です。

拍手

PR

2005/01/28 12:42 | Comments(0) | TrackBack(0) | Outdoors

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] LEAFY | HOME | お値段鑑定の怪>>
忍者ブログ[PR]