忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/25 16:47 |
[岡山] 山陽桜ロード - 前編

実は何年も前から計画していた、山陽地方の桜見物計画。それがようやく実現する運びとなりました。京都や奈良のように、一箇所に名所が盛り沢山、とまではいかないものの、日本を代表し、また桜のような自然の景色と驚く程に合う場所が多い山陽地方。2泊3日の行程で行ってまいりました。

初日は岡山で、『烏城』として知られる岡山城と、日本三大庭園の一つに数えられる後楽園を散策。


 

岡山城天守閣 天守閣からの風景(岡山城)



天守閣の全面に塗られた黒と、桜の薄く淡い桃色のコントラストは、太陽の光を浴びると、絶妙なまでの美しい色彩に。光の眩しい季節ですから、そんな中、黒に染まった城というのは、重厚感はもとより、はっきりと、というよりくっきりとした存在感を醸し出しています。
だからなのかもしれませんが、黄金に輝く鯱も、遠目からでもよく分かります。

岡山城を訪れたのは、今回で2回目。しかし今回の旅行で初めて知りました。不等辺五角形の形をしているということに!
天守閣内の展示を見ると、日本の城郭でも特に珍しい『不等辺五角形』の形をしているという、岡山城の天守閣。最初、これを見て「??」と思ったのですが、後楽園へ行く途中の月見橋から天守閣を振り返ると、城の下層の中央部が、少し出っ張っているのです。かなり今更感満載のネタですが、今までの城郭には無い意外な一面を見たようで、全面真っ黒と同じくらいのインパクトでした(←本当です)。


 

後楽園の風景 - 其の一 後楽園の風景 - 其の二



日本三大庭園の一つとして知られる後楽園は、庭園というよりかは、公園という感じ。庭園の中央は、造園された池と植樹がありますが、どれを取り囲むような、広大な芝生。更にその周囲、というより、庭園の外郭をなしているのが、鬱蒼と生い茂る林。その中に静かに佇む茶室や座敷。
偕楽園や兼六園ともまた違う、けれど見所満載で普通の人にも親しみやすい空間。東京にも様々な庭園がありますが、似ているところといえば新宿御苑でしょうか。日本庭園のように、目で、歩いて景色を眺めるところは勿論、家族や友達とで遊ぶところもある多目的公園。岡山駅周辺もそうでしたけれど、自然と人が集まるような巧みな空間の造りが、そこかしこに見受けられる街だと思います。

岡山県立博物館にて、郷土資料を拝観した後は、新幹線、在来線と乗り継いで広島県呉市へ。ホテルで1泊し、2日目は広島市内を回ります。



『岡山県』の写真集についてはこちら

拍手

PR

2008/04/04 22:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | Outdoors

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[広島] 山陽桜ロード - 中編 | HOME | [東京] 咲き誇る都心の桜>>
忍者ブログ[PR]