忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/18 15:58 |
断罪
今日、僕は彼女の体を切り刻む。
二度と物言わぬ顔で横たわる彼女の体を。
白く冷たく、そして艶やかな彼女の体を。

窓から差し込む月光が彼女の肢体を照らし、一層妖艶な色気を醸し出す。
その体に、今ここで、僕は刃を差し込む。
そして、切り刻んだ彼女の体を、食らう。

仕方のないことだった。
そうしなければ、僕は生きていけない。
僕が望もうと望むまいと、選択の余地はなかった。

何も言わない。ピクリとも動かない。まるでその宿命を享受しているかのように。
僕が生きるために、辱めに近い行為を、その身一つに受けるのに。

すまない。許してくれ。
刃を持つ右腕を震わせながら、僕は何度も何度もそう唱える。
呪詛のように。何度も何度も。

刃が彼女の体に食い込む。
微動だに動くことなく、抗らうこともなく、彼女の体は2つに分たれる。
更に刃を食い込ませる。彼女の体は3つになる。
僕の頬を、止め処なく雫が流れ落ちる。
それは、彼女へ手をかけた罪悪感に? それとも、逃れられない運命に?
彼女はその答えを知っているのだろうか。
でも、もう彼女から聞くことはできない。

僕は君を食らい、僕の血肉と化す。
君は僕の中で生き続ける。僕の体が朽ち果てるまで。
これが、君に対する償いになるかどうか分からない。
でも、そうすることで、僕は救われるような気がする。ほんの、ほんの少しだけど。

すまない。許してくれ。
君はきっと僕を許さない。たとえそうだとしても。
僕は、切り刻む手の力を衰えさせることなく、そう唱え続ける。

流れ落ちる雫は、止まることがなかった。






なーんてくだらない妄想しながら、タマネギ刻んでました。

もー、タマネギから分泌される硫化アリルが眼にしみて仕方ないっての。

拍手

PR

2005/08/23 00:03 | Comments(0) | TrackBack(0) | Diary

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<任侠な霊長目 | HOME | 許されざる結末>>
忍者ブログ[PR]