忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/25 19:39 |
戦争が奪ったもの 戦争が残したもの

戦後60年。


戦争を体験した人が死亡、もしくは高齢化が進み、徐々に戦争の『生の体験』が薄れつつあります。
あのような体験は二度としたくない、そして子孫にさせたくない、そんな想いで、体験者は後世に語り残そうとしています。

語り継がれるのは、戦争を知らない僕たち。
しかし、どんなに語られても、全てを継ぐことは難しい。
戦争が奪った、数々の命。思い出。
戦争が残した、多くの惨劇。
この辛さや苦しみは、戦争を体験した人にしか分からない。
『戦争を知らない者』が『戦争の恐怖』を語っても、あまり実感が湧かない。
もしかしたら、風化してしまうかもしれない。
それでも、戦争を体験した人は、語ることをあきらめない。
二度と、同じ過ちを繰り返さないために。

それが、今生きている僕たちの役目なのですから、真剣に耳を傾けなくてはいけませんね。
たとえ、全てを語り継ぐことができなくても、語り継ぐことを止めてしまえば、また悲劇が繰り返されるのですから。


広島 - 其の一  広島 - 其のニ  広島 - 其の三


今日本には、戦争を今に伝える資料館が数多くあります。
ヒロシマの平和記念資料館が、その最たる例です。
これらは、『過去にこんなことがあった』ということを示す以上に、
『未来に、自分たちの親しい人にこんな思いをさせたいのか』というのを突きつける意味が込められているんだと思います。

拍手

PR

2005/08/15 23:08 | Comments(0) | TrackBack(0) | Diary

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<トロい動物 | HOME | [Review] ヒトラー 最期の12日間>>
忍者ブログ[PR]