忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/28 21:26 |
[Review] 俺は、君のためにこそ死ににいく
俺は、君のためにこそ死ににいくこの作品を鑑賞したこの日は、5月の第2日曜日。母の日。
いつもいつも優しく温かく見守ってくれるお母さん。カーネーションを添えて、「ありがとう」の気持ちを伝える日。
日常の生活の中に埋もれがちで、普段は気づかず通り過ぎてしまうけれど、今日この日を平凡に、そして幸せに暮らしていけるのは、紛れも無く家族の、特にお父さんお母さんの支えがあったから。そして、家族に、お母さんに感謝の気持ちを伝えることが出来るのも、穏やかな毎日を送ることが出来るから。

家族と共に過ごすことが出来る。それがどんなに幸せなことなのか。それを忘れてはならない。若くして親元を離れ、家族の愛もほとんど実感出来ず、年端も行かぬうちに戦場に散っていった彼等を、これから生まれる人たちが、穏やかに、家族と共に幸せに暮らせる世界を作るを願いながら死んでいった彼等を、忘れてはならない。


歴史とは非常に残酷なものです。
終戦から60年以上経過した現在。日本史の教科書をはじめとして、歴史書を紐解けば当時の時代背景や情勢、色々な資料を目の当たりに出来ます。だからといって、大東亜戦争の敗戦を拭い去ることは出来ない。無かったことにすることも出来ない。
それゆえに、戦争を題材とした映画は、どれを取り上げても『プロパガンダ』とか『戦争賛辞』の意見が飛び交って止みません。これからも、きっとそうなのでしょう。作り手としてはその意図は無くても、観る側の観方によってそう受け取ってしまうのは、それもそれで一つの意見です。が、多少脚色しているとはいえ、極力『ありのままの事実を描いたもの』として観る一方で、ただの戦争映画ではなく『戦争の一コマを通じて、何を伝えようとしているのか』を感じ取ろうと努力して鑑賞しています(あくまで『Cyber個人』の視点ですのでご承知おきを)。
例えば、沖縄特攻作戦に赴いた男達の覚悟と生き様を描いた『男たちの大和/YAMATO』では、「『死ぬ』、そして『生きる』ための覚悟」。最も血みどろで日米双方とも多大な死者を出した硫黄島合戦を描いた『硫黄島からの手紙』では、「最善を尽くし、己の信じる道を突き進む」。そして、『俺は、君のためにこそ死ににいく』は、「家族の、特に母親の愛」ではないでしょうか。血が繋がっていようといない、明日死ぬかもしれない、青春の真っ只中なのに時代に翻弄された若者達。そんな彼らに対し、精一杯自分が出来る限りの無償を愛を与え、そして分かち合う。これが、この作品の伝えたいことではないかと感じました。

鳥濱トメさんが切り盛りする食堂にやってくる子供たちは、長くても数ヶ月、短ければほんの数日の間にいなくなっていく子供たち。近くの村々から来る者。遥か遠くから来る者。果ては違う民族の者までが集い、目前の死に戦々恐々としていた。
この子達はこの先、どんなに手を伸ばそうとも、永遠に幸せを掴むことが出来ない。自ら志願した結果であっても、国に翻弄された結末であっても。
鳥濱トメさんご自身も、それまでに非常に辛い生活を送られてきたそうです。だからこそ、同じように辛い青春時代を生きてきた子供たちに共感できるところがあったのでしょう。それでもまだ彼女は自分が恵まれていると思ったに違いありません。だって彼等の生命の終わりは、もう目前なのだから。

私が彼等にしてやれることなんて、何も無いに等しい。でもせめて、不幸なままに散らせたくない。ほんのわずかでもいい。彼等の『母親』として、精一杯何かしてあげなければ     

出撃直前、何人かの隊員の家族が見送りに飛行場まで行きましたが、ほとんどの隊員は、最期の最期にご家族の顔を見ることも無く、大空を舞い、そして散っていったのでしょう。彼等にとって、鳥濱トメさんは、本当に最後の心の支えだった。
そして同時に、鳥濱トメさんも、一瞬でも実の息子達ができたようで、本当に嬉しかったのではないのでしょうか。見ず知らずのおばさんなのに、足しげく食堂に通って、ご飯を食べながら話をしたり聞いたり。彼女もまた、色んな出会いの中で、多くの喜びを得たんだと思います。


たとえほんの僅かな出会いの中でも、無償の愛で彼等に手を差し伸べ、抱きとめる精神。彼等が散った後でも、彼等の分まで、精一杯生きよう、生き抜こうという志。
時代は変わっても、混沌とした社会の中でも、彼女の心は一貫として変わらなかった。これは、いつまでも語り継いでいってほしい、『母親としての無償の愛』を、描いている作品だと思います。

拍手

PR

2007/05/13 12:22 | Comments(0) | TrackBack(15) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
2007年:日本 脚本・製作総指揮:石原慎太郎 監督:新城卓 出演:徳重聡、窪塚洋介、岸恵子、筒井道隆、戸田菜穂、桜井幸子、多部未華子 軍指定の富屋食堂を営み「特効の母」として慕われていた実在の女性、鳥濱トメさんの視点から、若き特攻隊員たちの熱く哀しい青....
mama| 2009/09/22 14:46
俺は君のためにこそ死ににいく→タイトルに込められた意味 評価☆☆☆☆☆ 私がこの作品の存在を知ったのは今から一年以上前に遡る。当時、劇場に見に行った作品の前に予告が流れていたのだ。(と言っても当時はまだ撮影自体始まっていない時期だったらしく満開の桜がスクリ..
豪の気ままな日記| 2007/07/21 20:36
人気blogランキングへ 昨日、「俺は君のためにこそ死にに行く」の試写を観てきた。この映画は特攻隊員の母といわれた鳥濱トメさんと死にに行く特攻隊員を描いたもので、石原慎太郎東京都知事が8年前に企画し、脚本を書き上げた。映画の随所に石原氏らしさが垣間見えた。 ...
池下事務所(社会保険労務士・行政書士・マンション管理士)のくらしの相談室| 2007/06/03 18:34
先日DVDで「太陽」を見たばかりですんで、 立場変われば、戦争というものの見え方も変わるというか なんというか・・・。 戦い散っていくものを美化するような映画だったら ちょっとな~と思ってたんですけど、 これはあくまでもトメさんの目から見た 戦争というものの理不尽..
ペパーミントの魔術師| 2007/05/28 14:26
昨日までこの映画を観たいとは微塵も思ってなかったが、 映画を観に行こうと思いたち予告編を観まくった結果、 どうしてもこの映画が観たくなった。 特攻隊の話、石原慎太郎
映画君の毎日| 2007/05/22 13:07
さっそく・・・・・ ゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン ホンダラさん さっそくコメント感謝です
「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!| 2007/05/22 00:12
知覧特攻平和会館に 行ったのはもう10年前くらいか。周囲は茶畑。この知覧の特攻基地に絡む映画としては高倉健の「ホタル」以来。今度は鳥濱トメさんを菩薩と仰った都知事さん総指揮・脚本、実はこれが石原慎太郎畢生のライフワークなのかもしれない。岸恵子様、お元気そう....
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン| 2007/05/21 22:40
今となっては現職の東京都知事から、美しい日本と美しかった日本の若者達を取り戻すために書いた脚本といわれると、いささか政治的な匂いがしてしまう・・・ 1941年12月日本軍はハワイ真珠湾奇襲に成功するも、1942年6月ミッドウェー海戦に惨敗して背走を続け、1943年2月ガ
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~| 2007/05/21 01:19
ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子/赤羽 礼子 ¥1,575 Amazon.co.jp 休みの日が『俺は、君のためにこそ死ににいく』の初日上映と重なったので映画館に行ってきた。 石原慎太郎製作総指揮ということで、井筒監督の言葉を借りるならば、どんな「戦争美化映画」になる
競馬の予備校(・皿・)y━&大人の笑学校| 2007/05/19 12:19
生き残った特攻さんは 特攻崩れと蔑まれ死んでいった特攻さんも 犬死とさえ言われるようになった 監督:新城卓 製作総指揮:
さくらの映画スイッチ| 2007/05/19 09:50
特攻隊員から 母のように慕われた 鳥濱トメさん。 彼女に聞かせてもらった 隊員たちの真実の声。 苛酷な時代を生きた、 美しい日本人の姿を 残しておきたい。 『思い返せば返すほど、み〜んな素晴しか、美しか若者たちでございもした。』 愛する人を、....
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2007/05/16 20:18
映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」を観てきました。 ので、久々にアニメレビュー以外なんぞしてみたいと思います。 以下、ネタバレありの感想です。 物語の始まりは昭和19年秋。 本作は、特攻の母こと鳥濱トメさんの視点から、若き特攻隊員達の真実のエピソードを描いた、戦争群像劇です(公式サイトより)。 賛否両論あるみたいですが、個人的には結構好きな作品でした。戦争物だからか、見ていて辛いんですけどね。悪くなかったように思いました。 ただ、場面場面ががぶつ切りみたいな感じで、感動の余韻にひた...
ぎんいろ(旧夢の日々)。| 2007/05/16 00:42
喧嘩にも負け方があるだと?    ふんっ、負けいくさならするなよ昭和19年(1944年)秋、特攻隊の出撃基地となった鹿児島県知覧町を舞台に、若くして命を散らしていった特攻隊員と彼らに暖かく接して出撃する最後まで見送っていった食堂経営者・鳥濱トメさんとの交流を軸に描くストーリー。■特攻隊をめぐる話太平洋戦争末期、日本軍は圧倒的に劣勢を強いられ、戦闘機に250キロの爆弾を搭載して敵艦に体当たりして攻撃する「特別攻撃隊(特攻隊)」を編成することとした。既に戦争に負けることを見越...
シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー| 2007/05/15 00:36
映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:徳重聡、窪塚洋介、筒井道隆、岸惠子、他 *監督:新城卓 *製作総指揮・脚本:石原慎太郎 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待..
映画レビュー トラックバックセンター| 2007/05/14 18:27
 「俺は、君のためにこそ死ににいく」を、2人の息子に嫌われて、なんと薄幸の嫁とた
一生懸命!!| 2007/05/14 10:02

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<注:これは妄想です | HOME | [Review] 東京BABYLON>>
忍者ブログ[PR]