忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/23 20:46 |
[Review] レミーのおいしいレストラン
レミーのおいしいレストランCGアニメーションの映画って、今まで大体90分くらいの作品が多かったものですから、まずこの作品が通常の映画と同じくらいの120分の作品であることに驚きました。
それでいて、物語の起承転結がくっきりしっかりと構成されていること、キャラクター同士の想いの交錯、何よりもCGアニメーションなのに、限りなく『第三の主役』である『食品』を丁寧に作りこんでいること。「CGでここまで作り上げることが出来るとは」。正直、驚きの連続です。
『食品の表現』が丁寧とは言うものの、展開がやや速めなので、細かいところを観るまでには至れないと思います。が、そこはやはり『キャラクターの食べている表情』や『これから創り出す一皿』でカバーしたのでしょう。「ああ、あの食品はきっと○○だろう」って、想像力を働かせるように作ったのではないかと。


姿形、住む世界、何もかもが全く違う二つの種族。
 でも、『おいしいもの』を創り出す心と技術は、どちらも同じである


今回の二つの種族は、あくまでネズミと人間。現実世界であれば絶対にあり得ないこと。でも同じ人間の世界だったら、きっとあり得る。
漫画『昴』にもありましたが、本来バレエはヨーロッパの舞踏芸術だった。他の民族が入る隙など微塵もないくらい、白人種だけで構成される舞踊芸術。それが、今や世界各国に広まっている。数百年前のバレエの頭の固いやたら格式ばった評論家が鑑賞したらビックリするでしょう。舞台に褐色人種やアジア人種がいるのだから。
相撲の世界もそう。今や横綱は日本人の時代ではない。ハワイからはるばるやってきたアメリカ人や、モンゴル人が横綱を仕切る時代。もしかしたら、いずれ歌舞伎の世界にも、外国の方々が登場する日が来るもかもしれません。

凝り固まった頭では、その人の『本当の姿』、『本当の力』を見抜くことは出来ない。ただでさえ、人間が外部から取り入れる情報の大部分は視覚からなのですから、パッと見だけでその人の真価を知ったふうな口になる。
勿論、第一印象が大事じゃないわけではありませんが、所詮第一印象だけでは、全てを判断することが出来ない、ということ。でも、結局人間というのは、同じことを何度も何度も繰り返してしまうんですよね……


『レミーのおいしいレストラン』は、単にCG技術を駆使して、キャラクターの動きや表情を巧みに表現するだけでなく、人間が持つ人間の素晴らしさ、人間の愚かさをも描いている作品であると思います。
主人公のネズミ君があまりにもはしっこくって、目で追おうとするといささか疲れてしまいますが、まぁネズミの持つ素早さをネズミの視点で見れば致し方の無いこと。それよりも、物語の存分に楽しんで下さい。コミカルな部分も多数ありますが、きっと、涙を誘う部分もあることでしょう。

拍手

PR

2007/08/04 23:55 | Comments(0) | TrackBack(3) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
今週の週末レイトショウは、公開初日のディズニー/ピクサーのアニメ。 ずいぶん前から予告編で煽ってて、全米の批評家も絶賛らしいが・・・ ネズミが青くていいのか・・とか、 厨房にチュウ坊が入っていいのか・・・とか、見る前からツッコミどころあり。
ひらりん的映画ブログ| 2007/08/21 13:31
子どもと一緒にでも安心して観ていられるいかにもディズニーらしい作品です。 すぐれた嗅覚と味覚を持つレミーは、調理場では特に嫌われるネズミでありながら、一流のシェフになることを夢見ています。ひょんなことからパリに辿り着いたレミーは、今は亡きフランス一とも言われ
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~| 2007/08/07 22:41
「レミーのおいしいレストラン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *ディズニー/ピクサー *キャラクター(声優):レミー(パットン・オズワルト/岸尾だいすけ)、リングイニ(ルー・ロマーノ/佐藤隆太)、スキナー(イアン・ホルム)、コレット(ジャニ..
映画レビュー トラックバックセンター| 2007/08/06 18:44

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] トランスフォーマー | HOME | 毒の吐き出し日記>>
忍者ブログ[PR]